ビートルズの歌の上手さ

少し前、ビートルズのA Hard Day`s Nightという映画をDVDで観る機会が
ありました。映画自体は当時の彼等の日常を追いかけた他愛もないものですが、
みんな若くてとても綺麗な青年達でしたね。彼等は西洋人にしては標準的な
身長で5フィート11インチ(約178センチくらい、リンゴ・スターをのぞく)
だけど、皆ハンサムですごく脚が長くてかっこいい。彼等の当時のアイドルぶりは
すごいものがありましたが、それもうなずけるというものです。

この映画を観て、映像の面白さもありましたが、やはり何と言っても音楽の
素晴らしいこと!同名のアルバムに収録されている曲が全曲演奏されますが、
どれもこれも傑作ぞろい。最年長のジョンでさえまだ当時24歳。
この年齢でこれだけのものを作っていたなんて、改めて驚きです。
全曲解説したいくらいですが、とりあえず大好きな1曲。

「If I Fell」この曲はビートルズのバラードのなかでもベスト10に入る曲でしょう。
いきなりジョンのボーカルで始まるヴァースと思える、導入部があって
このメロディーが転調をくりかえして複雑で美しい。これが終わるとジョンとポールの
二重唱になりますが、このハーモニーがこれまた美しい。素人にはコピー不能
と言った評論家もいたほどです。

私は主旋律ではない部分をかなりコピーしましたが、本当によくできています。
しかも当時はオーバーダビングなんなくていきなり全員で演奏するのです。
スタジオ録音でもライブと同じです。
すごいですね。ある音楽評論家が言っていましたが、これだけの複雑なハーモニー
を作って歌ったのは1964年時点のポップシーンではすごいことなのだそうです。

私もそう思います。よく、ビートルズは歌や演奏が下手だと言う人が時々いますが、
そういう人は音楽をよく知らない人です。最近改めてビートルズを聴いてみると
彼らの歌の上手さ、音楽性の高さ、やはり只者ではありませんでした。
しかもすべてオリジナル!
管理人も若い頃少しだけミュージックスクールに通ったことがあるので
彼らのすごさは良くわかります。
皆さんもビートルズはぜひ聞いてみてください。お勧めです。

関連する記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です