バックミュージュシャン

ビリー・ジョエルの曲に「Just The Way You Are」という
名曲があります。日本語のタイトルは「素顔のままで」という曲。
知っている人も多いと思いますが、なかなか良い曲です。

管理人もビリー・ジョエルの曲の中では大好きな曲のひとつです。
で、この曲のバックでアルト・サックスを吹いている人。
最初からかなり印象的なアルトサックスのフレーズが出てきますが、
このアルトを吹いているのが、モダンジャズの世界では超有名プレイヤー
のフィル・ウッズと言う人。音楽のアカデミー賞ともいわれるグラミー賞を
自身のアルバムで4度も受賞しています。巨匠ともいえる人です。
1931年のお生まれですが現在もご健在です。

1950年代から黒人中心のイーストコースト(活動拠点がニューヨークということ)
のジャズメンのなかでバリバリ吹いていた白人奏者です。途中のアドリブソロも
そんなに長くは吹いていませんが、やっぱり違うんですね。光ってます。
歌心あふれる素晴らしい演奏です。この曲の魅力はこのフィルのサックス
無しでは半減してしまうと思います。実はフィルはこの曲のバック演奏で
普段ジャズを聴かない人達にも名前を知られるようになりました。

ジャズはなんとなく嫌いと言う人の中に、特にサックスやトランペットの
ジャズはどうも苦手・・・という人が多い気がしますが、こういう超一流の
ミュージュシャンの演奏を聴いて、好きになってくれる人が増えれば良いな
と思っています。

関連する記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です