初めて聴いたフルオーケストラの生演奏

管理人がまだ二十歳そこそこの頃、クラシックのオーケストラの演奏を初めて聴きました。当時は東京でもまだ今のように良い音楽ホールが沢山なくて、クラシックの演奏会といえば、上野の東京文化会館がほとんどでした。

オケはニューヨークフィル、世界一金管(楽器)の華やかなオーケストラと当時から言われていました。レナード・バーンスタインが率いてきたわけですが、バーンスタイン指揮のチケットは人気が高く取れなくて、私が聴いたのはピエール・ブーレーズが指揮棒を振った日のコンサート。

ブーレーズといえば、20世紀を代表する現代音楽の作曲家兼指揮者ですが、当時はニューヨークフィルの指揮もしていたんですね。

★補足

記事アップ後にわかりましたが、当時ニューヨーク・フィルはブーレーズが音楽監督をしていたようです。ただ、ニューヨークフィルを率いてきたのは確かにバーンスタインでした。バーンスタインはどういう肩書きで来日したのでしょうか、まあ、音楽とはあまり関係のないことなので、これ以上調べませんが、この記事を読んでどなかたご存知の方がいらしたらコメントしてくれたら嬉しいです。でも、まだこのサイト、インデックスされたばかりで、訪問者もチラホラだと思うので無理ですかね(^_^;)

もう当日はワクワク、ドキドキで最初の曲はワーグナーの「楽劇ニュルンベルグのマイスタージンガー第1幕への前奏曲」最初のジャーンジャージャ、ジャ~ン!(伝わったかな)(笑)これでぶちのめされました。

すごい!と思いましたね。これが生のオーケストラの音なのかと・・・ふくよかで、華やかで、その日は本当に感動で酔いしれました。それがきっかけで東京都交響楽団の会員になりました。ただ、最初に聴いたオケがあまりに華やかな音のオケだったせいか、都響の音はちょっぴりおとなしく聴こえたのも正直な感想です。

「楽劇ニュルンベルグのマイスタージンガー第1幕への前奏曲」聴いてください。この曲はワーグナーの曲の中でもとても勇壮でロマンティックで美しくもある親しみやすい良い曲です。

指揮は「ゲオルク・ショルティ」
演奏は「ウィーンフィルハーモニー交響楽団」です。
こちらも世界でも有数のオーケストラですね。

関連する記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です