ビートルズの初期の傑作「This Boy」

前回に引き続き、今回もビートルズ。

どうしてかというと、前回の動画の「Till There Was You」の次の動画の曲がなんとビートルズを語る上でどうしても無視できない、初期の傑作曲「This Boy」だったからです。

この曲、オリジナルでは「抱きしめたい」というシングル盤のB面の曲でした。抱きしめたいも当時のロックやポップスのなかではとてもオリジナリティのある画期的な曲でしたが、このB面の「This Boy」はビートルズの驚くべき歌の上手さと編曲の才能がわかる曲なのです。

曲自体もすごく良い曲なんですが、なんといってもすごいのが、この3声のコーラスです。高音部をポール、中音部をジョージ、低音部をジョンが歌っていますが、こんな素晴らしいコーラスは当時のポップス界では皆無と言って良いでしょう。B面の曲ながらビートルズの初期の最高傑作だと思います。しかも、曲の途中でパートが入れ替わったり、とにかくすごいコーラスです。この曲が発表されたのが1963年。このコーラスパートを書いて歌った彼らはいつも言いますが、最年長のジョンでさえ、なんとまだ23歳の若さ。
改めて彼らのすごさを実感させられます。

後にこの曲を、色々な実力派のアカペラグループがカヴァーしていますが、コーラスで勝負をする彼らにも中々歌い応えのある曲だからだと思います。コーラスばかりに話がいってしまいましたが、展開部の、ジョンの歌うメロディーも、ジョンのちょっと甘く切ない声とピッタリとマッチング。本当に良い曲ですね。

とりあえず聴いてください。いつ聴いても素晴らしい!

【The Beatles- This Boy】

因みに、現在はこの曲は後にビートルズのオリジナルシングル盤に収録された曲ばかりを集めた「パスト・マスターズ Vol.1」というアルバムに収録されています。

管理人が昔持っていたこの曲のオリジナル・シングル盤。
どこへ行ってしまったのかなぁ・・・
子供の頃なけなしのお小遣いで買ったものなんですが、
捨てた記憶はないのでどこかにあるはずです。
今度探してみようかな(^_^)

関連する記事