「アンダーカレント」ビル・エヴァンス&ジム・ホール

このアルバムが最初に発売された当時、湖?の水面下に女性が浮かぶジャケット写真がかなりセンセーショナルでしたが、このアルバムの演奏は、このジャケット写真の特異性を凌駕する素晴らしい内容です。

そもそも、ピアノとギターという楽器は、音域はピアノの方が圧倒的に広いものの、両者とも発音的には似ている楽器。ピアノは打弦楽器でギターは撥弦楽器という違いはありますが、音色的には近いものがあります。こういう楽器どうしのデュオというのはちょっと考えもつかなかったんですが、多分ジャズ界でも初めての試みではなかったかと思います。

しかも、ビル・エヴァンスとジム・ホールという当時の第一級の演奏家のコラボとあっては誰しもが期待したものですが、まさに期待を裏切らない素晴らしい演奏です。

1曲目の「My Funny Valentine」この曲は普通、バラード調のゆっくりとしたテンポで歌い上げるものという常識を、完全に覆した編曲。いきなりアップテンポでビルのピアノがテーマを奏で始めます。それにジム・ホールのギターが複雑にからみます。ホールのアドリブソロの部分では、ビルのピアノのバッキングもビルには珍しく打楽器的にゴンゴンと弾いています。

ビルのアドリブソロに入り、急テンポでもオリジナリティーのある美しいアドリブソロを聴かせてくれます。途中からジム・ホールはベースライン(ベース)と和音(ギター)リズム(ドラムス)と3役を1台のギターで表現してしまうような、素晴らしい、超絶技巧のギターを披露してくれます。この頃になるとビルのアドリブも益々テンションが上がり、まさに丁々発止という感じです。

【My Funny Valentine Bill Evans & Jim Hall】

このアルバムは、ジム・ホールというギタリストのすごさを再認識させられた、といっても良いアルバムです。ジム・ホールという人は以前にも書きましたが、ありふれた、どこかで聴いたようなフレーズは殆ど弾かないという稀有なギタリストです。ジャズのアドリブの勉強のひとつに、最初は常套句のフレーズを覚えるということがあります。そこから自分のスタイルに発展していくのですが、結構有名プレイヤーでも似たようなフレーズを聴くことがあります。ホールは独特のセンスのアドリブフレーズを弾くうえに、このアルバムで見せてくれた超絶技巧!本当に素晴らしいギタリストですね。

勿論このアルバムでのビルの演奏も素晴らしいのですが、ホールのギターとの競演ではなかったらこんな傑作アルバムは生まれなかったと思います。My Funny Valentine の演奏があまりに衝撃的だったので、皆さんこの演奏に触れることが多いですが、他のバラード演奏も叙情的でありながら、甘さに流れない素晴らしい演奏ばかりです。

【Romain】

ジム・ホールのオリジナル曲ですが、ビルのピアノアドリブのところではホールがコードを弾き始めると、ビルはあえて左手は和音を弾かないでベースラインを弾いています。曲もホールらしい個性的な良い曲ですが、ロマンティックで美しい中にも緊張感のある素晴らしい演奏です。

このアルバム、聴きこむほどに素晴らしさ、すごさがわかる名盤です。
おすすめ!

関連する記事