コール・ポーター(Cole Porter)

コール・ポーターといえば、20世紀初頭に活躍したアメリカの作曲家・作詞家としてジョージ・ガーシュインと並び評される大作曲家です。今日はこのコール・ポーターのことを取り上げてみます。
ガーシュインが下町の貧しい家庭に生まれたのと対照的に、ポーターは大富豪の家に生まれ、何不自由なく育ち小さい頃から音楽的素養を身に付け、またその優れた音楽的才能も子供の頃から発揮していました。
コール・ポーターの写真
オマケに秀才で名門イエール大学からハーバード大学へも進み、法律家になるべく勉強もしたようですが、やはり音楽の道への欲求が捨てがたく、その道に進んで大作曲家となったというわけです。ポーターのことを「銀のスプーンを咥えて生まれてきた子」と評した人がいましたが、大富豪の家に生まれ、とび抜けた音楽的才能と優秀な頭脳を持って生まれてきたことから、こう言ったのだと思います。

ガーシュインはクラシックの作曲家としてもアメリカを代表する作曲家ですが、歌曲の詩は殆ど兄のアイラ・ガーシュインが書いていました。コール・ポーターは純然たるクラシック系の曲こそ残さなかったものの、作詞も自分でしていて、その詩の言い回しとか言葉の使い方がとても洒脱で含みを持たせた表現などが高く評価されています。日本人ではよほどの英語力が無いとこの辺の妙味はわからないと思いますが・・・・・

ポーターの曲、有名なものだけでもちょっと挙げてみます。どれも水準を抜く名曲ぞろいですね。ポーターの曲は多くのジャズミュージュシャンや歌手がとりあげていますが、今更ながら素晴らしい曲が多いです。

  • All Of You
  • Begin The Beguine
  • Night And Day
  • You’d Be So Nice To Come Home To
  • Love For Sale
  • Anything Goes
  • So In Love
  • I Love You
  • I’ve Got You Under My Skin

・・・・・等々、枚挙に暇がないですが、その殆どがジャズの定番曲になっていますね。いかに彼の曲が素材として優れているかということでしょう。

今日はその彼の代表作“You’d Be So Nice To Come Home To”
これまた定番中の定番「ヘレン・メリルとクリフォード・ブラウン」の歌と演奏で聴いてください。やっぱり名曲だ!

–Helen Merrill with Clifford Brown–
【You’d Be So Nice To Come Home To】

語りつくされている感もありますが、クリフォード・ブラウンのトランペットが実に生きいきとしていて、いつ聴いても素晴らしい。スコット・ラファロといい、クリフォード・ブラウンといい、20代半ばで他界してしまったのは、ちょっと惜しいですね。

コール・ポーター(Cole Porter:1891年6月9日~1964年10月15日)


関連する記事