Meets The Rhythm Section-アート・ペッパー

今日は久しぶりに、ジャズの名盤紹介です。

ジャズを聴く人でこのアルバムを知らない人はいない・・・というくらいの超有名盤です。1957年当時最強のリズム隊と言われた、マイルス・デイビスのリズムセクションに単身乗り込んで、大暴れ?したのがこのアート・ペッパーの傑作アルバムです。

因みにこのリズムセクションのメンバーは次のとおりです。

レッド・ガーランド(piano)
ポール・チェンバース(bass)
フィーリー・ジョー・ジョーンズ(drums)

当時イーストコーストで主に活躍していたジャズメンはほとんど黒人。しかもその黒人達の意識の中にはジャズこそは黒人の生み出した音楽だ・・・などというちょっと偏った意識もあったようです。ジャズは白人のヨーロッパ音楽の基(もとい)が無くては存在しなかったということを置き去りにしていたようなところもありますが、それくらいイーストコーストでは黒人ジャズミュージュシャンの力が大きかったということです。

その中に入って一人の白人アルトサックス奏者が、バリバリと吹きまくったのがこのアルバム。「白人にもスゲ~奴がいる」と言ったとか言わないとかそんな驚きの声も上がったくらい、ペッパーのサックスは素晴らしいです。その軽やかさと力強さ、バラードの歌心あふれるフレーズ、どれも取っても素晴らしいです。アート・ペッパーと言う人はとてもタンギングの強い吹き方をする人で、メリハリのある演奏はその辺りにも出ているんですね。

今日はアルバムの冒頭の曲。以前紹介したコール・ポーターの名曲「You’d Be So Nice To Come Home To」を聴いてみましょう。インストルメンタルでこの曲の演奏では最高クラスの名演だと思います。

関連する記事