Bill Evans-「I Will Say Goodbye」

今日は名盤紹介です。
ビル・エヴァンス・トリオのI Will Say Goodbye

以前から知っていたアルバムなんですが、なぜか持っていませんでした。
ついこの間手に入れて、初めて聴きました。少し前に紹介した「You Must Believe In Spring」に雰囲気がとても似ているアルバムです。演奏は、もちろん!素晴らしいです。しかも、このアルバムの選曲がとても良いのです。

冒頭のI Will Say Goodbyeをはじめとして、ミシェル・ルグラン、ジョニー・マンデル、アール・ジンダーズ、といったエヴァンスお気に入りの作曲家の作品に加えて、ハービー・ハンコックやバート・バカラック、オスカーハマーシュタインⅡ、スティーブ・スワロウなど管理人も大好きな作曲家の作品ばかり。ビルのオリジナルも1曲入っていますが、これもなかなかの秀作。

ビルのピアノは晩年の録音になって音質も大分良くなってきているので、ビル本来の透徹した美しいピアノ演奏スタイルが100%伝わってくるような気がします。晩年の傑作アルバムだと思います。「You Must Believe In Spring」はちょっと寒さが伝わってくるようなアルバムでしたが、こちらはもう少し温かみを感じさせてくれるアルバムです。

それにしても、ため息の出るような美しくも素晴らしい演奏です。なんでこんな素晴らしいピアノを弾ける人が早死にしてしまったのかと思うと残念でなりません。でも、こうして素晴らしい演奏をかなり多く残してくれたので、こうして聴くことができるのは本当にありがたいと思っています。

試聴はタイトルにもなっているミシェル・ルグランの「I Will Say Goodbye」ルグランの曲って本当に良い曲が多いですよね。管理人も大好きです

Bill Evans Trio -【I Will Say Goodbye】

余談です。バート・バカラックと書いて変換したらバーと馬鹿ラックと変換された(笑)ホントPCってバカですね^^;

関連する記事