And I Love You So

今日は久しぶりにポップスの名曲紹介。

多少洋楽の好きな人なら多分、知っている人も多いと思いますが「And I Love You So」とても良い曲です。作者は「アメリカン・パイ」というヒット曲で有名なシンガーソングライターのドン・マクリーン本人の歌よりもペリー・コモの歌っているのが、大ヒットしました。この曲といえばやっぱりペリー・コモでしょう。

独特の深みのあるメロディーがとても印象的な曲です。よくもこんな良い曲が作れるものだと感心しますが、コモの歌も淡々と歌っていますが、曲調にぴったりとマッチしたとても素敵な歌唱です。管理人もポピュラーソングの中では大好きな曲です。ペリー・コモといえば、アンディ・ウィリアムスのように自分の番組を持っていたようなアメリカではメジャーなポピュラーシンガーですが、日本ではそれほど人気のある歌手ではないようですね。もちろんもう故人ですが2001年にお亡くなりになられています。

蛇足ですが、ペリー・コモって歌手になる前は床屋さん(見習い?)だったんですってね。歌う床屋さんなどと言われたこともあるそうですが、のど自慢のようなコンクールで優勝したのが歌手になるきっかけでした。そういえば日本にも「歌う不動産屋」なんていう異名をとった歌手がいましたね(まだいるのか)(笑)フランク・シナトラと同じイタリア系アメリカ人でしたが、シナトラのちょっとダーティなイメージと違いお人柄もクリーンで真面目な人だったようです。

Perry Como 【And I Love You So】

プレスリーの歌も聴いてみたけど、悪くはないですが展開部で、あの彼独特の細かいビブラートが付いてしまうのがちょっと・・・・減点^^。やっぱりこの曲に関してはペリー・コモです。

ペリー・コモ版は、バックのオーケストラのストリングスの編曲もとてもメロディアスで良いですね。管理人はこのバックのメロディも口ずさんだりしちゃいます。(笑)

カラオケでも歌いたい曲ですが、ピアノでも弾きたくなったので、ピアノ用にアレンジしました。原曲をあまりくずさないようにしました。コードの転回などもちょっと面白いですがピアノで弾いても良い曲ですね。(2016/10/29YouTubeにアップ)

関連する記事