シベリウス

先日、みなとみらいホールで開催された、日本フィルの第286回横浜定期演奏会を聴きに行きました。当日の演目は「シベリウス」シベリウスといえば「交響詩フィンランディア」くらいしか聴いたことがなかったので、ちょっと興味はありましたが、その日の演奏の感想です。指揮はシベリウスの母国のフィンランドの若手指揮者「ピエタリ・インキネン」という人。

まず曲目は最初が交響曲第4番。

晦渋な曲として初演時も聴衆がとまどったというエピソードがある曲。確かに難解で管理人の正直な感想としては、無理やり難解にしている感じがしました。こう言ってはなんですが、古今の名曲といわれる曲は難解といわれてもその中に素晴らしい「歌」があったりします。マーラーなどがすごいのは、あの膨大な長い曲の中にも所々に美しい歌(ヴォーカルという意味ではありません)が出てきて聴く者を楽しませてくれます。パンフレットの解説者の大学の先生は驚くべき作曲技法なんて書いてありましたが、曲というのは難解に作るほうが簡単なのです。

素晴らしいメロディーや和音の響きそれでいて格調を落とさない音楽というのが一番難しいのではないでしょうか。時代が違うので比較するのは無茶かもしれませんが、バッハの曲は難解といわれるものが結構ありますが、難解なものなどほとんどありません。確かに従来の音楽から新しい音楽を生み出すのは大変なことですが、音楽とは読んで字のごとく、音を楽しむものなのです。もちろん人それぞれの感性は違うので、私はこのシベリウスが大好きでとても感動する、という人はそれはそれで幸せなことです。余談ですが、この曲の後半に入っている「グロッケンシュピール」いわゆる鉄琴、これはちょっと陳腐でした。もしかして作者はあまり難しくしてしまったので、ちょっとオチャラケて、入れてしまったのかななどと不謹慎なことを思いました(笑)

2曲目の第2番の交響曲。

こちらはシベリウスの作品の中では比較的よく演奏されるポピュラーな曲。2番と比べるとだいぶ曲としての良さもある曲だと思いました。ただ、なんていうのかなぁ~壮大なイメージはありなかなかだと思うんですが、映画などのBGMに使われるような感じの部分もあって(同行したお方も後で同じようなことを云ってました。)、純音楽的に聴いていて楽しいか?と問われると「否」という感じです。まあ、そう悪い曲では無いと思いますがこれをCDを買ってまで聴きたいとは思いませんでした。

レナード・バーンスタイン指揮のウィーンフィルという豪華な顔ぶれの演奏ですが、こうして改めて聴いてみると、そう悪い曲でもないですね(笑)

だいぶ、批判的な内容のことを書いてしまいましたが、西洋には過去にあまりに素晴らしい作曲家がたくさんいるので、このシベリウスくらいの時代の人は大変だなぁという妙な感想も抱きました。ただ、久しぶりに聴いた生の楽器の音はやはり良いですね。なんというかあのふくよかな響きは小さなイヤフォンなどでは絶対に味わえない豊かな響きです。まだ生演奏を聴いたことの無い人はぜひ、一度聴いてみて欲しいと思います。

久しぶりに演奏会に行って思ったこと。管理人自身も人からいただいたチケットで聴きに行ったのですが、演奏会に来ていた人たちのほとんどが中年~老年の人たちばかり。若い人は1割もいなかったのでは。これからますますクラシック音楽は年寄りの音楽になってしまうかもしれませんね。

2013.4.20みなとみらいホールでの日本フィルハーモニー交響楽団の演奏会
日本フィル演奏会「シベリウス交響曲第2番ニ長調 op.43」

写真はその演奏会の写真です。(実は撮影禁止)管理人いつも思うんですが、演奏中は撮影禁止というのはわかりますが、演奏が終わって拍手を浴びている時など別に撮影しても良いのではないかと思いますが、この辺がクラシック音楽の世界の偏狭さ。ますます若者がクラシック音楽離れをするのもわかるような気がします。

関連する記事