フランス組曲-J.S.Bach

フランス組曲はバッハの作品の中では繊細で優雅な香りのする名曲です。それもそのはずと言うのもおかしいですが、バッハの二人目の奥さん「アンナ・マグダレーナ」のために書いた練習曲集の中にこのフランス組曲の中の何曲かが入っています。バッハの妻への愛情が感じられる作品ということも言えます。

フランス組曲というのはバッハ自身が付けたものではなく、後の人が命名したものですが、フランスというイメージにぴったりという感じもします。曲の構成はアルマンドやクーラント、サラバンド、ジーグといったこの時代の組曲に定型化された舞曲の形式がとられていますが、それぞれに小品でありながら味わい深い曲が、例えが悪いですが、ぎっしり詰まったとても食べ応えのある美味しいスイーツの詰め合わせという感じがします。

それぞれにとても良い曲が多いですが今日は2番のアルマンドとこのフランス組曲の中では最もポピュラーでピアノを弾く人でもバッハの作品のなかではかなり良く弾かれている5番のアルマンドをご紹介します。当時の鍵盤音楽の作品はまだピアノがなかった時代なので、オルガンかチェンバロかクラヴィコード(今のピアノに近い楽器)と楽器の指定があるものもありますが、このフランス組曲には特に指定がありません。

ただ、クラヴィコードを念頭に書かれた作品という気がするので、現代のピアノで弾いても全然違和感がありません。チェンバロで弾いた演奏も聴いたことがありますが、曲の可憐さが失われてちょっと重たい感じになってしまうと感じました。

バッハが現代に蘇ってこの曲をどの楽器で演奏しますか?と尋ねたら・・・きっと「ピアノで」と言うに違いないと思います。

最初の動画は2番のアルマンド。短調の曲ですが、なんというか心に染みわたるとても良い曲です。二つ目の動画はほぼ全曲入っている動画ですが、最初に5番のアルマンドが入っています。この5番のアルマンドは昔管理人もよく弾いていました。とても美しいメロディで典雅に流れるような音のつづれ折という感じの作品です。

バッハといえばこの人です。そう「グレン・グールド」この人のバッハのピアノ演奏はどれを聴いても素晴らしいです。

フランス組曲 第2番 ハ短調 BWV813-アルマンド


以下~クーラント~サラバンド~Air(エール)~メヌエット~ジーグ

フランス組曲 第5番 ト長調 BWV816

関連する記事