ビートルズとジョージ・マーティン

なんと、今日でこのサイトの記事も100記事目。記念すべき(自分でそう思っているだけだけどね)100記事目なので、何を書こうかなぁ・・・・・と考えていましたが、子供の頃、洋楽に最初に目覚めさせてくれて今でも聴いている「ビートルズ」だなと。で、今日は、ビートルズの音楽作りに多大な貢献をした「ジョージ・マーティン」という音楽プロデューサーとビートルズの関係について書いてみたいと思います。

ビートルズマニアならこのジョージ・マーティンという人の存在がなかったら、ビートルズの音楽もあれほど面白いものにはならなかったのではないか・・・と思っている人も多いのではないかと思います。それほどジョージ・マーティンがビートルズの音作りに果たした役割は大きいものです。またマーティンは5人目のビートルズとしてスタジオ録音の際は色々な楽器を弾いています。

アイデアは抜群の彼らといっても、初期から中期にかけてはLennon-McCartnyのアイデアがほとんどですが、その二人の作る音楽のうち、歌詞の部分についてはほとんど修正の余地がないほど完成度の高いものだったとマーチンは言っています。ただ、音作りに関してはアイデアは抜群だけど、それを上手く音に再現するための音楽的な素養が未熟だった彼らのサポートをしたのが、5人目のビートルズであり、アレンジャーであり、プロデューサーであったジョージ・マーティンというわけです。

ちょっと今日のテーマから外れますが、ビートルズは楽譜が読めなかったというと、楽譜に書いてある音やコードなどを楽器で再現できなかったというようなことを言う人や、ネットなどでも同じようなことを書いている人がいますが、楽譜が読めないというのは、楽器を持たないと楽譜を見て音が再現できない、楽器を使わずに頭の中の音を楽譜に再現できないことを言います。このあたりちょっと誤解している人が多いので蛇足ですが付け加えました。ポールがまるで楽譜がダメで耳だけで楽器を弾いていたなんて書いている人もいますが、ポールの父親は当時セミプロの楽団を率いていました。こんな環境にいて、子供の頃から楽器を弾いていたポールが、楽譜がまるでダメなどというのはありえないことです。ポールのスタンダード好きというのはこの辺にあるのかもしれませんね。

で、話を戻しますが、このジョージ・マーチンのすごいところは、彼らの持って生まれた素晴らしい音楽的才能を存分に引き出すために彼らを教育したということなんですね。彼らの超有名曲の「イエスタデイ」、バックに弦楽四重奏を使おうというアイデアを出したのはジョージ・マーティンということですが、ポールが弦楽器のビブラートが嫌だと言うと、マーティンはポールにスコアを書くことを手伝わせました。多分、マーティンのことですからスコア書きをしたポールをかなりおだてたりしたのではないかと思いますが、事実天成の才能のあるポールの仕事をマーティンは高く評価していたようです。

このことにより、クラシックの世界にも目を向けたポールが後に映画音楽を手がけたり、本格的にクラシックアルバムを作ったりしたのもこのマーティンのおかげと言えるかと思います。とにもかくにもジョージ・マーティンという素晴らしい音楽プロデューサーがビートルズを発掘しなければ、あの独自の音楽世界を作ったビートルズ音楽はなかったかもしれません。

今日はこの曲を聴いてみましょう。
アルバム「Help!」から【You like Me Too Much】というジョージ・ハリソンの曲。もちろんリードヴォーカルもジョージ。ジョージ・マーティンとポールがグランドピアノを弾き、ジョンがエレクトリック・ピアノを弾いています。ジョージの特有の単調なメロディーの曲ですが、3人のピアノサポートでなかなかの佳曲に仕上がっています。

関連する記事