On A Slow Boat To China

On A Slow Boat To China というちょっと変わったタイトルの曲。
フランク・レッサー【Frank Loesser】という人が1947年に作った有名曲です。ミュージカルなどの中の曲ではなく、単独で作られた曲ですが、その洒脱なメロディーのためか、多くのジャズメンが演奏していて、ジャズの名曲のようになっている曲です。

歌詞も変わっていて「中国行のボートに乗って・・・」とありますが、当時の西洋人は、中国というのがものすごく遠隔地にあるという認識があったようで、その距離感から悠久の時間を表現するための手段に使用したのかもしれません。

On a Slow Boat To China
    (words & music), Frank Loesser, 1947

I’d love to get you
On a slow boat to China,
All to myself alone;
Get you and keep you in my arms evermore,
Leave all your lovers
Weeping on the faraway shore.

Out on the briny
With the moon big and shinny,
Melting your heart of stone.
I’d love to get you
On a slow boat to China,
All to myself alone.

  オン・ナ・スローボート・トゥ・チャイナ

中国行きの船に乗って
君と二人だけで、中国行きの船に乗りたい。
君を僕の腕の中に永久に抱きしめ続けたい。
恋敵たちは、みんな、はるかかなたの海岸で悔し泣きだ。

大海原のなかで、満月に照らされ、
君の心を、頑ななふりをしている心を、溶かしたい。
乗ろうよ、二人だけで、中国行きの船に。

 

超一流のジャズミュージュシャンの演奏が数多くありますが、今回は私のピアノ・トリオの録音があったので、こちらでご紹介します。
Artenrich Trioのお遊び演奏で稚拙な演奏ですが、この演奏では弟のドラムスが中々良いのです。ピアノのアドリブは例によって1コーラス目は一応アドリブの体はなしていますが、2コーラス目はちょっと音探しに翻弄している感じで少しも良くありません。なので動画からは削ってしまい、アドリブはワンコーラスのみです。ベースラインは自分で書きましたがなかなか良いと思っています。ベースの演奏もしっかりしています。メロディー部分は原曲に忠実にわかりやすく弾いているので、曲の良さも良く伝わると思います。

このアレンジしたベース譜もアップしておきます。すべて全音符?で書かれていますが、実際はすべて四分音符です。また実際に演奏する時は、この楽譜の音より1オクターブ下の音で弾きます。実音を楽譜に反映させるとすごく弾きにくくなるからです。

On A Slow Boat To China のベース譜
On A Slow Boat To China のベース譜

関連する記事