独学の薦め

普通、初めて楽器をやりたいと思うと、たいていの人はどこかスクールか先生に付いて習おうと思うのが普通だと思います。特に大人から始めたいと思う人で、自分が弾きたい楽器に初めて触る人はそうだと思います。管理人も大人からpianoを弾きたいと思った時には先生について習いました。もちろん初めて楽器に触る人は基本的なことは先生について教わった方がよいかなと思います。あと子供時代に楽器を習う場合は特に先生につかないとダメですよね。

ただ、ここでちょっと反対のことを言いたいと思います、自分は先生に習ったから弾けるようになったのか・・・・確かにバイエルから始めましたが、習ったから弾けるようになったのか?否、この先生とはほとんど反発をして辞めました。当時ピアノを弾く前はギターをやっていて、ギターは中学生の頃からほとんど独学でしたが、ジャズがやりたくてジャズスクールに通っていました。しかし、ビル・エヴァンスのピアノを聴いてから、どうしてもピアノがやりたくてピアノを習ったというわけですが、ピアノでジャズは到底無理だと思い、基礎からということでバイエルから習い始めたというわけです。

ただ、このピアノの先生、まだ若い、と言っても私よりは10歳くらいは年上の女性の先生でしたが、クラシック以外は音楽じゃないと思っているような方で、ちょっと反発してチェルニーの30番を半分くらいで辞めてしまいました。その時自分で楽譜を見てクラシックの曲も結構弾けるようになりました。バイエルやチェルニーなどの教材と比べるととても楽しかった記憶があります。もちろんタッチやその他細部は本格的な演奏の仕方から比べるとレベルは低いと思いますが、自分の楽しみで弾くのなら、充分だと思いました。まして、見本としても今は海外の有名なピアニストの演奏がいくらでも手に入ります。一流の演奏家は皆さんそれなりに個性も強いですが、とても参考になりますよね。

ここで何が言いたいのか・・・・というと、独学の勧めです。今は色々な教則本も沢山出ています。ジャズだってコードさえ分からない人のための優しいものから本格的なアドリブのできる教則本も沢山出ています。もちろん楽譜を見て何処をどう弾いていいか分からないという人は、先生について学ぶのはいいと思いますが、多少義務教育の音楽で音楽の基礎がある人なら教則本を見て勉強すれば十分わかると思います。なぜ、独学の勧めかというと実際のテクニックや弾き方などは自分で克服しなければ弾けるようにならないからです。

独学の良い点は、自分の好きなものや好きな曲にすぐにチャレンジできるからです。先生に付いて習うと、自分が弾きたくない曲も弾かなければなりません。管理人は自分の好きなもの、好きな曲をやっています。ポップス系の曲などは編曲も自分でやっています。これは特にすごく楽しいです。他人とは違う演奏ができますからね。もちろんクラシックの曲は楽譜があるのでそのまま弾けばOKです。(もちろん、難しくて弾けない曲も山のようにありますが(笑))これはまた別問題です。大人から楽器をやる人は基礎を先生について学んだら自分で勉強することをおすすめします。楽しいですよ。

管理人が自分で編曲した曲載せておきます。この暑い時期にクリスマスソングも合わないですが、参考動画です。

Santa Claus Is Coming to Town

関連する記事