ランキング!ザ・ビートルズ

ランキング!ザ・ビートルズというビートルズの達人といわれる人達100人に、色々な観点からアルバムのベストやら、曲のベストなどを選んでもらいランキングしたものを本にしたとてもマニアックな本が最近出版されました。管理人は偶然入った本屋さんで見つけて、出たばかりのこの本を手に入れました。ツイッターでこの本を買ったことをつぶやいたら、4人もの人が公式リツイートしてくれました。

子供の頃から、ビートルズが現役で活躍している時からビートルズを聴いていて、自称ビートルズ研究家を名乗る管理人にどうして、ランキング参加のオファーがなかったのか、不思議ですが・・・アハハ冗談です。一応ランキング参加している人はほとんどがミュージュシャンや音楽関係の仕事に携わっている人や他のジャンルでも一応名前の知られた俳優さんや出版関係の人などがほとんどなので、まあ、著名でもなんでもない一介の市井人である管理人にオファーなどあるはずが無いのは当然ですね^^;

冗談はともかくなかなか面白い本で、ビートルズマニアにはとても楽しめる本だと思います。その中でトップにあったランキングがオリジナルアルバムのお気に入りランキング。1位~10位までは次のようになっています。

1位 ABBEY ROAD
2位 RUBBER SOUL
3位 THE BEATLES
4位 REVOLVER
5位 SGT.PEPPER’S LONELY HEARTS CLUB BAND
6位 A HARD DAY’S NIGHT
7位 PLEASE PLEASE ME
8位 MAGICAL MYSTERY TOUR
9位 LET IT BE
9位 BEATLES FOR SALE
11位 WITH THE BEATLES

ABBEY ROADが1位というのは以外でしたが、まあ最後のアルバムということで票が入ったのかもしれません。管理人的にはどれも甲乙付けがたいアルバムばかりということです。もちろんこれはすべて好みの問題。管理人が一番好きなのは2位のRUBBER SOULですかね。とても完成度の高いアルバムで、ビートルズが自分達の音楽を表現するにはライブではダメでスタジオでじっくりと音楽作りをしたいと思い始めたころのアルバムといえます。

その中のポールの傑作曲「ミシェル」を聴いて見ましょう。

ものすごくヨーロッパ的な香りのする曲で、アメリカ人には作れない曲、と云うよりポールの個性でしか作れない曲と言った方が良いかもしれません。一部フランス語の歌詞も印象的な佳曲です。ポールの弾くベースラインもこの曲の曲想にピッタリマッチング。バックコーラスのハーモニーといい、ジョージの弾く印象的なメロディーラインのギターといい、簡潔ですが無駄な音が一音も無いと思わせる完璧な曲。演奏もギター2台とエレクトリックベースにドラムスとこんな楽器編成でこれだけ完成度の高い曲に仕上げるビートルズというのはやはり只者ではありませんでしたね。

【MICHELLE】The Beatles


関連する記事

カテゴリー: ビートルズ, ロック&ポップス   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク