ビートルズの変革期のアルバム「ラバー・ソウル」
RUBBER SOUL

RUBBER SOUL

今日は彼らの変革期にあたるアルバム。「ラバー・ソウル」を紹介してみます。
なぜ、変革期なのか・・・この前のアルバムまでは世界的なスターになっていたにもかかわらず、スタジオの使用時間の制限などがあったらしいのです。このアルバムの前
まではアビーロードスタジオはまだクリフ・リチャードのほうが優先して使用することができたといいます。しかしこのアルバムを制作するあたりから、自由に好きなだけスタジオを利用できるようになった彼らは、暖めていたアイデアを試したり、自分達の音楽がライブだけでは表現しきれないことをスタジオで始めたのがこのアルバムの頃からだといえると思います。

このアルバムを全篇通して感じるのはやはりヨーロッパの香りです。彼らの音楽は初期の頃からそうでしたが、アメリカのR&Bやロックンロールのカヴァーをしても、オリジナルを凌駕して彼らのサウンドにしてしまう。Long Toll Sallyや Kansas Cityを歌うポールの黒人顔負けの声量と歌の上手さ、ノリの良さは舌を巻くほどです。でもこれはアメリカの音楽ではなくなっているような気がします。彼らが意識していたかどうかはわかりませんが、ヨーロッパの音なのです。

何曲か曲の解説をしてみます。

1曲目「Drive My Car」

最初から衝撃的な曲。いままでのポールのオリジナルにはないハードで冷たい温度感を感じさせる曲です。ジョージの間奏のギターもうねるような、今までのジョージには無かったフレーズです。

2曲目「Norwegian Wood」

イントロの印象的なシタールの音。もちろんこれがシタールというインドの楽器だと知ったのは少し後でしたが、インドの楽器を使用していながら、北欧のシラビソやツガなどの針葉樹林の生い茂った深い森をイメージしてしまうのはなぜでしょうか。彼らのサウンド作りの上手さに感心してしまうばかりです。かれらのサウンドを生み出す素晴らしい助っ人として「ジョージ・マーチン」というレコーディングプロデューサーの存在が大きかったのは広く知られていることですが、それにしてもアイデアを出していたのは彼らなのですから、いやはやすごいものです。

4曲目「Nowhere Man」

このアルバムの中では、一番今までのビートルズらしい曲といったら良いでしょうか。楽器のイントロなしにいきなりジョンのヴォーカルから始まります。とてもよい曲で大好きな曲です。何気なしに聴いているとわかりませんが、この曲のハーモニーとコーラスがすごいです。ジョンの一人2重唱にポールとジョージのコーラスが重なります。とにかくビートルズというのは曲の良さもさることながら、ハーモニーとコーラスが他を抜きん出て素晴らしいです。
ビーチボーイズのブライアン・ウィルソンがこのアルバムを聴いて大いに触発されてあの「ペット・サウンズ」という傑作アルバムを作ったのは有名な話しですが、ビーチボーイズというのもポップス系の音楽のハーモニーの変革者です。

7曲目「Michelle」

いわずと知れた名曲で、何人の歌手、演奏家がカヴァーしているかわかりません。しかし、この曲に関していえば、この声、このサウンドでなければダメです。ハイポジションでBass音が半音下降するシンプルで印象的なジョージのギターによるイントロ、そのあとのポールのちょっと抑えたヴォーカル。サビの前の2回目のくりかえしからフランス語の歌詞になるあたり、どこを変えてもこの曲の完成度が崩れてしまうような気がします。私はなぜかこの曲を聴くと、時代を少しさかのぼった古いヨーロッパの街並みをイメージしてしまいます。

9曲目「Girl」

当時この曲は上記の「Michelle」とシングルカップリングされて販売されました。なんと贅沢なシングル盤なんでしょうね。どちらをA面にしても良いほどの2曲とも傑作だと思いますが、やはりこの曲は「ジョン」の歌です。「ミッシェル」はポールの歌。ここで言う歌とは、彼らの体の中にある節(メロディー)と言ったら良いのでしょうか。才能のある作曲家は無理に作らなくても頭の中に音楽が浮かんできます。それを楽譜に移せばよいわけです。差しさわりがあるといけないので、誰とは言いませんが、日本の若者の間で一時カリスマ的存在だった人物の作る曲など何の色も感じません。彼には寄せ集めの才能しかないからです。(彼はよくパクリの名人と呼ばれていますよね)しかも最近は詐欺事件で刑事被告人にもなってしまいました(あ、これは音楽とは関係ありませんね。失礼)ちょっと余計な話になってしまい恐縮です。Ah….Girl…」というフレーズはジョンのヴォーカルもため息を入れたアンニュイさを感じさせますが、後半から徐々に力強いヴォーカルになってゆきます。ジョンの声と言うのは、独特の色気があります。後半、ジョージの弾くギターのオブリガートもジョンの歌に絶妙に重なって見事な作品になっています。

11曲目「In My Life」

バロック音楽風のそれでいて牧歌的な雰囲気を漂わせた名曲です。バロック音楽風に感じるのは間奏のピアノにあるのですが、これ、よく聞くとパッヘルベルのカノンにかなり似ているコード進行です。余談ですが、パッヘルベルの「カノン」はよくコード進行だけ借用されます。山下達郎の「クリスマス・イヴ」はそっくりそのまま「カノン」のコード進行を借用しています。さすがに彼は原曲のコード進行がわからないように上手くメロディーをのせて編曲しています。もちろん前述のパクリの名人とは達郎さんのことではありませんよ。山下達郎は才能あふれる人です。

13曲目「If I Needed Someone」

ジョージの作です。遅咲きのジョージの才能がそろそろ出かかってきた曲といえるかな。独特のジョージ節です。ジョージの才能というのはこの人の性格的な人間の良さに関わってくると思うのです。ビートルズ時代はどうしてもジョンとポールという2大個性に抑えられていた感があります。この曲は「ホリーズ」もカヴァーしています。ホリーズというと日本では「Bus Stop」くらいしかヒットしませんでしたが、なかなかのグループですよ。ビートルズ解散後、ジョージは才能を開花し、「All Things Must Pass」という3枚組みの大作で大輪の花を咲かせました。このアルバムはフィル・スペクターというプロデューサーが制作にあたり、親友であったエリック・クラプトンも録音に参加しています。

余談ですが、ジョージの顔は年齢を重ねるとともに魂レベルが高くなった顔になってきましたね。ジョージもジョンももうこの世にはいませんが、素晴らしい人達でありましたね。

独学の薦め

普通、初めて楽器をやりたいと思うと、たいていの人はどこかスクールか先生に付いて習おうと思うのが普通だと思います。特に大人から始めたいと思う人で、自分が弾きたい楽器に初めて触る人はそうだと思います。管理人も大人からpianoを弾きたいと思った時には先生について習いました。もちろん初めて楽器に触る人は基本的なことは先生について教わった方がよいかなと思います。あと子供時代に楽器を習う場合は特に先生につかないとダメですよね。

ただ、ここでちょっと反対のことを言いたいと思います、自分は先生に習ったから弾けるようになったのか・・・・確かにバイエルから始めましたが、習ったから弾けるようになったのか?否、この先生とはほとんど反発をして辞めました。当時ピアノを弾く前はギターをやっていて、ギターは中学生の頃からほとんど独学でしたが、ジャズがやりたくてジャズスクールに通っていました。しかし、ビル・エヴァンスのピアノを聴いてから、どうしてもピアノがやりたくてピアノを習ったというわけですが、ピアノでジャズは到底無理だと思い、基礎からということでバイエルから習い始めたというわけです。

ただ、このピアノの先生、まだ若い、と言っても私よりは10歳くらいは年上の女性の先生でしたが、クラシック以外は音楽じゃないと思っているような方で、ちょっと反発してチェルニーの30番を半分くらいで辞めてしまいました。その時自分で楽譜を見てクラシックの曲も結構弾けるようになりました。バイエルやチェルニーなどの教材と比べるととても楽しかった記憶があります。もちろんタッチやその他細部は本格的な演奏の仕方から比べるとレベルは低いと思いますが、自分の楽しみで弾くのなら、充分だと思いました。まして、見本としても今は海外の有名なピアニストの演奏がいくらでも手に入ります。一流の演奏家は皆さんそれなりに個性も強いですが、とても参考になりますよね。

ここで何が言いたいのか・・・・というと、独学の勧めです。今は色々な教則本も沢山出ています。ジャズだってコードさえ分からない人のための優しいものから本格的なアドリブのできる教則本も沢山出ています。もちろん楽譜を見て何処をどう弾いていいか分からないという人は、先生について学ぶのはいいと思いますが、多少義務教育の音楽で音楽の基礎がある人なら教則本を見て勉強すれば十分わかると思います。なぜ、独学の勧めかというと実際のテクニックや弾き方などは自分で克服しなければ弾けるようにならないからです。

独学の良い点は、自分の好きなものや好きな曲にすぐにチャレンジできるからです。先生に付いて習うと、自分が弾きたくない曲も弾かなければなりません。管理人は自分の好きなもの、好きな曲をやっています。ポップス系の曲などは編曲も自分でやっています。これは特にすごく楽しいです。他人とは違う演奏ができますからね。もちろんクラシックの曲は楽譜があるのでそのまま弾けばOKです。(もちろん、難しくて弾けない曲も山のようにありますが(笑))これはまた別問題です。大人から楽器をやる人は基礎を先生について学んだら自分で勉強することをおすすめします。楽しいですよ。

管理人が自分で編曲した曲載せておきます。この暑い時期にクリスマスソングも合わないですが、参考動画です。

Santa Claus Is Coming to Town

フリージャズ

フリージャズって何?と思われる方も多いと思います。フリーだから何をしてもいいのか?確かに今までのジャズのマンネリ化を破壊するために生まれたともいえるフリージャズですが、通常の分かりやすいジャズでさえ、さっぱり分からないという人もいますよね。フリーだから完全にでたらめをしても良い・・・ということでもないですね。確かにピアノの鍵盤をげんこつで叩いたりする演奏もあります。しかし、そこにはやはり何かルールがあったり、西洋音楽の和音を発展させたものなどいろいろなパターンが発生しました。

もちろん過去の音階や和音などを破壊?したとも思える演奏が最初はかなりの衝撃を与えました。基本ルールとしては好きなように演奏して良いというのがフリージャズの原点です。しかし全然楽器も触ったことの無い人がでたらめに演奏しても、これも許容されるとしても聞く方としては少しも面白くないと思います。

オーネット・コールマンというミュージュシャンが世界的に衝撃を与えた最初のフリージャズですが、過去の音楽のルールを破壊したという点ではすごかったですが、やはり音楽そのものの美しさやルールの上での演奏という人間が心地良いと感じるものがなかったために最近ではフリージャズは衰退してしまいました。

ただ、今はフリー的な要素も取り入れながら、音楽の和声やジャズで新たな境地を生んだモードなどいろいろなものを取り込んで音楽としてもジャズは発展しています。まあ、クラシックの世界の現代音楽と共通するものもあるといえるでしょうね。

管理人も山下洋輔さんのフリージャズを聴きにライブにも何回も行きましたが、やはりルールはあります。山下さんも最近はかなりオーソドックスなジャズに戻ってこられましたよね。最近は音楽も多様化して、ジャンルを超えて協演するということが多くなりました。少し前ですが、山下さんと坂本龍一さんが一緒にテレビに出て演奏したりいろいろな音楽について語っていましたが、すごく面白かったという記憶があります。音楽も垣根を超えていろいろなジャンルの良いものをとりいれるのが最良だと思います。音楽や芸術は唯一わがままが許されるものだと思っています。自分は演歌が大好きだという人や、自分はクラシック音楽が大好きだ、という好みが許されるのが、唯一音楽や芸術だと思います。もちろん管理人のように欲張りだとどんなジャンルでも良いものを見つけてしまうので、「これはある意味お得だな」などと勝手な思い込みをしています(^-^;)

今日は山下さんのフリージャズが好きだった頃、管理人がピアノソロで演奏した「枯葉」のフリーバージョンを聴いて下さい。完璧なフリーではないですが、かなり自由に演奏している・・・と自分では思っています。

あこがれのワルツ

少し前に書棚にある楽譜を整理していたら、クリアファイルの中にいろいろなコピーした楽譜が出てきました。その中にあった楽譜の1枚がタイトルのところが破れていて、作曲家?の名前だけが分かりました。かの有名なベートーヴェンなんですが、ちょっと弾いてみました。昔、大人になってから少しだけ習った時に弾いたことがあったようです。聴き覚えのあるとても綺麗な曲でした。

ベートーベンの作曲によるものなのか、ちょっと気になったので、いろいろと調べてみました。すると分かったことは、ベートーヴェンがシューベルトのワルツのメロディとヒンメルという作曲家の曲を使ってどうも即興的に編曲したもののようです。ヒンメルという作曲家はベートーヴェンと同時代に著名な作曲家であったフンメルと名前が良く似ていますが、別人で、フリードリッヒ・ハインリヒ・ヒンメル( 1765年11月20日 – 1814年6月8日)という今ではほとんど忘れられている作曲家です。ベートーベンの生年が1770年とされているので、ほぼ同世代の作曲家だったということですね。

とても綺麗な曲ですが、シューベルトのあこがれのワルツはほぼ同じメロディですが、演奏を聴いてみるとどの演奏もかなり早いテンポです。自分では、少しゆっくりと弾いてみました。稚拙な演奏ですがYouTubeにアップしています。とても綺麗な曲なので、興味をもたれた方はぜひ聴いてみてください。

あこがれのワルツ

アコースティックピアノと電子ピアノ

ピアノといえば、普通にアコースティックピアノ(昔からあるピアノのことです)を思い浮かべると思いますが、最近では日本の住宅事情からこの普通のピアノではご近所迷惑となり、普通のピアノを置けない家もかなり多くあると思います。どんなに上手いピアノ演奏でも、音楽そのものが好きではない人や、聴きたくない時に聴こえてくる音楽というのは人によっては非常に不快に感じることもあるようです。そこで最近かなり普及してきたのが電子ピアノです。電子ピアノというと20年くらい前は価格の割には音もひどく、タッチなども普通のピアノには到底比べられないひどいものが多かったですが、最近の電子ピアノはかなりその辺も改良されています。

電子ピアノの利点はなんと言っても、音量調節が可能で、夜中でもヘッドフォンを使えば練習ができるという利点があります。ただ、マンションなどではピアノの音そのものよりも、鍵盤を打鍵するゴトゴト、ゴンゴンという音が階下の部屋に聞こえて苦情がくるということもありますが、防振マットなどもあるので普通のピアノとは比べられないくらい練習するには便利な楽器と言えるかもしれません。なんといっても調律が不要というのは良いと思います。本物のピアノでもきちんと調律されていないものはちょっと気持ち悪い音がしますからね。

音も、10万円前後の普及価格の電子ピアノでもかなり良くなりました。管理人も田舎の家と自宅に2台電子ピアノを置いていますが、田舎のピアノはカシオの製品。こちらは音も若干不揃い、タッチもペコペコで練習用としてみれば充分使えますが、あまり良いものではありません。自宅のはヤマハの製品ですが、こちらは音にムラもなく、タッチもグランドピアノ並みの重さのタッチです。これから電子ピアノの購入を考えている人は、やはり長年のアコースティックピアノの音色のサンプリングを持っている、ヤマハやカワイの製品をお薦めします。音作りが違うような気がします。電子ピアノの最大の欠点はやはり音の伸びが本物のピアノほどにはないことと、響きの豊かさと言う点ではどうしても負けてしまいます。ペダルを踏んだ時の本物のピアノは倍音列の他の弦も共鳴してすごく豊かな響きになります。まあ、反面これは音の濁りも生んでしまうので、演奏の難しさもありますが、上手く弾ければ素晴らしい音で音楽を表現してくれます。

管理人は以前実家に置いていたアコースティックピアノでピアノ・トリオをやっていましたが、その時の録音随分YouTubeにアップしています。以前アップした「黒いオルフェ」という曲のTake2が見つかったのでアップしてしまいました。Take1と比べると演奏は落ちますが、ゆっくり音数の少ない音でも豊かに音が伸びて、やはり電子ピアノでは表現できない味がありますね。後から気が付きましたが、こちらの演奏の方がアコースティックピアノの良さが出ている気がします。弟のドラムは私のピアノと全然合ってないですが、ピアノ演奏そのものはそう悪くないかな・・・と(笑)

【You Are Too Beautiful】

【黒いオルフェ】