女子ジャズ

最近は、女性の鉄道マニアや歴女といわれる女性の
歴史マニアなど、今まで男性の趣味と言われてきた
分野に女性がだいぶ進出してきていますね。

とても良い傾向だと思いますが、音楽の世界でも
いわゆる「Jazz」といわれる音楽はやはりほとんど
男性ファン、それも比較的高年齢の今なら50代から
上の世代に熱心なファンが多いようです。

ところが最近島田奈央子さんという方が女性にももっと
ジャズという素晴らしい音楽に触れて欲しいということで
今年の1月に【Something Jazzy 女子のための新しいジャズ・ガイド】
なる本を出しました。

キーワードはズバリ【女子ジャズ】です。
アプローチの仕方はちょっと女性向けというかシチュエーション別に例えば、
「元気を出したいとき」は〇〇というピアニストのライブ盤とか、
寒い冬には〇〇の***というアルバムとかおすすめが書いてあります。

はじめはこんなアプローチで聴き始めて、それから自分のお気に入りの
ミュージシャンなりアルバムが見つかれば良いかなとも思います。
ジャズってもっと真剣に音楽そのものに向き合って聴いたほうが
当の良さがわかるんですが、はじまりはこんなのも良いかなと思います。

因みに女性が好きになりそうなピアニストをひとり。

ビル・エバンス

いろいろなジャズピアニストやプレイヤーに多くの影響を与えた
すごいピアニストなんですが、美しくリリカルな要素も多いので
女性ファンも多いピアニストです。
おすすめです。

音楽業界も様変わり

音楽業界も最近は様変わり。音楽を聴く媒体もだいぶ変ってきました。

管理人の若い頃は音楽を聴くメディアというか媒体は生演奏以外はレコードが主流でした。いわゆるアナログレコードというやつです。歳がわかりますね(~o~) 

その後CDの全盛となり、今でも私はほとんど場合CDで聞いています。ところがこのCD、最近は買う人が少なくなってきているようです。なぜか?PCや携帯などからDLしてipodやMP3プレイヤーなどに入れて聴く人が増えているからだということですが、ちょっと寂しい感じもしますね。

Welcom!

こんにちは。

サイト管理人の「artenrich」です。

音楽が大好きなので、色々な人に、色々な音楽の良さを知ってもらいたくてこのサイトを始めました。音楽も食べ物と一緒で食わず嫌いならぬ「聴かず嫌い」というのもあると思います。

狭いカテゴリーにとどまらず、いろいろなジャンルの音楽や音楽に関連する話題を発信したいと思っています。ちょっとマニアックな話もあるかと思いますが音楽の好きな人はぜひ見てください。