中学生時代の思い出

突然、この音楽サイトに中学時代の思い出を書いてもどうかと思いましたが、まあ、音楽に関連することなので、気楽な気持ちで書いてみることにしました。

中学の時の音楽の先生。若くて綺麗なおねえさん先生でした。(でも、思っていたより年齢は上だったかもしれません)どこの大学か忘れましたが、音大のピアノ科出身の先生でした。この先生、なぜか私のこと目にかけてくれていたんですね。

音楽は好きだったので、何も勉強しなくてもクラスでいつもベスト3の成績だったと思います。ある時縦笛を落として壊してしまい、授業に持っていきませんでした。そうしたら、その先生に「〇〇君、放課後音楽室までいらっしゃい」と言われて、これはてっきり怒られるのだとばかり思っていましたが、放課後音楽室に行くと先生が「〇〇君、笛の余ってるの結構あるからどれでも好きなのあげるから使いなさい」と優しい笑顔で言ってくれました。その時先生が、

「〇〇君、音楽好きよね」
「はい」

実はその頃エレキバンドをやっていたんですが、学校の音楽の授業で聴かされるクラシック音楽も好きでした。でも、クラシックが好きだなどというとバンド仲間からバカにされるので、黙っていましたが、先生の前では素直になっていました。

その時先生の弾いてくれた「ショパンのノクターン」とても素敵でした。

その後も時々放課後、音楽室に遊びに行っていました。時々ピアノも弾かせてもらいました。(う~ん、私の音楽体験にはなぜか年上のお姉さんが関わっている(笑))

この先生、本来の授業のカリキュラムにないことも今思うとやっていたような気がします。ある日のこと皆にある曲をピアノで弾かせるということをやりました。最初のテーマの部分だけですけど、曲はなんと「ヘンデルのサラバンド」でも、これは強制ではなくて弾きたいと思った生徒だけ弾かせるというものだったような気がします。もちろん私も弾いてみました。放課後時々、ピアノを弾かせてもらっていたので、すぐに弾けてしまいました。多分先生が少しやさしく編曲してくれていたんだと思います。

授業の終わりに、「じゃ誰かに弾いてもらおうかな」というので、てっきりピアノをちゃんと習っていた女子が何人かいたので、その子のうち誰かを指名するだろうと思っていたら、なんと!私が指名されてしまったのです。くりびってんぎょうでしたが、大好きな先生のご指名、お断りするわけにもいかず、弾きました。

今思えば、この頃からずっとピアノを弾いていたら、今はもっと色々な曲を弾けたろうなと思いますが、ここで自らピアノを弾きたいと実行に移さなかった自分の責任というかこれは今言っても仕方のないこと。

また今日は管理人の思い出話を書いてしまいました。

で、今日はその音楽の先生が弾いてくれたショパンの「ノクターン嬰へ長調op.15-2」貼り付けておきます。名曲ですね。

フリードリッヒ・グルダと音楽の垣根

フリードリッヒ・グルダといえば、20世紀を代表する巨匠といえるピアニストですが、今日は、このグルダと音楽のジャンルについて、管理人の思うことを書いてみたいと思います。

グルダを知ったのは、管理人が大人になってからピアノを習い始め、ベートーベンのピアノ・ソナタの演奏をグルダのピアノで聴いたのがきっかけです。もちろん生ではなくレコードです。グルダというと「ジャズなどもやっていたちょっと変わったピアニスト」という認識の人も多いかもしれませんが、それくらい彼がジャズにはまっていたということなんだと思います。グルダがジャズ演奏をするというのを知ったのは、グルダのベートーベンを聴いた後でしたが、へ~、マジでジャズをやるピアニストもいるんだと感心しました。もちろんグルダの弾くベートーベンも素晴らしく、感動しました。

1970年代にはグルダは本当にジャズに転向しようと思った時期もあるらしいんですが、周囲の強い反対もあって、両立しようということになったようです。ジャズというと今だに偏見を持っているクラシックファンも多いですが、さすがにプロの演奏家には最近ではそういう人も少なくなってきているようです。

確かにその昔デキシーランドジャズやスイング時代の演奏家はクラシックの演奏家と比較したら技術的にも音楽的にもレベルの差は格段にありましたが、(デキシーランドジャズやスイングジャズが良くないと言っているのではありません)、現代のジャズ演奏家のトップクラスの人たちは素晴らしい音楽性と技術を持っています。また最近では日本の若手ジャズミュージシャンは特に著名ではなくてもプロとして活躍している人たちは皆高い音楽性と技術も持っています。
これは戦後日本が高度経済成長をして、音楽の道に進むにしても正規の音楽教育を受けられるようになったからだと思います。彼らは皆既存の西洋の古典と一応クラシックの音楽理論を身に付けたうえで新しい音楽に挑戦しているので、基礎がしっかりしています。

昔の1950年代の名手と言われるジャズベーシストなどでも、若干ピッチが甘いかなと感じる演奏もあります。でも今は普通に聴きに行けるジャズのライブハウスで演奏している若手ベーシストなどを聴いても、ものすごくピッチが正確です。これはあたりまえのことなんですが、基礎をしっかりと身に付けているからだと思います。

話が脱線してしまいましたが、これは以前書いた記事にありますが、海外のオケに入って活躍している日本人の演奏家が、たまたまキース・ジャレットの弾くバルトークのピアノ協奏曲を生で聴いて、あの難曲をあれだけ弾けるとはすごいと感嘆したということですが、これも一種の偏見ですよね。ジャズ・ピアニストにクラシックの難曲など弾けないだろう・・・・・という思いが、こういう発言になるのだと思います。まあ、キース・ジャレットやチック・コリアというピアニストは単にジャズピアニストという狭いジャンルでは括れない音楽家ともいえると思います。

逆にジャズ演奏家の方がこの辺はこだわりが無くて、気楽にクラシック曲も演奏しているのだと思います。チック・コリアにしてもそうですし、最近では日本のジャズピアニストの「小曽根真」さんも東京フィルとモーツァルトのピアノ協奏曲台27番を演奏して話題になりましたが、これからはどんどんこのジャンルの垣根という、ちょっと厄介なものを取り払って新しい音楽の試みもして欲しいと思います。

グルダの話から、またまただいぶ話が脱線してしまいましたが、グルダという人は、感性がクラシック音楽だけに飽き足らず、新しい音楽の試みに挑戦するという革新的な感性の持ち主であったということなんですね。管理人もいつも言っていますが、事、音楽に関しては貪欲な感性(笑)の持ち主なので、あらゆる音楽を聴いて楽しんでいますが、グルダも古い音楽から現代ものまでなんでも弾いちゃうというすごい人です。少し前にグルダの演奏会の様子を収録した別な動画を見ましたが、なんと「クラヴィコード」を弾いていました。しかも大きな演奏会場ではあの小さな音のクラヴィコードでは聴こえないので、自分でPAの音を調節したりして、この大胆でこだわりのないグルダの音楽に対する貪欲さにエールを送りたいと思います。残念ながらもう故人になってしまいましたが、グルダの音楽に対する姿勢を後進の音楽家も見習って欲しいものです。

つい先日ツイッターでも紹介しましたが、グルダのジャズピアノをレクチャーしている動画と、チック・コリアと共演している動画を貼り付けておきます。

こういう貴重な画像と演奏が見られる、このYouTubeというサイトを作った、Googleさんには感謝ですね。レクチャー版はドイツ語なのでよくわかりませんが、トニック、ドミナント、サブドミナントなどというのはちょっと聞きとれて、それを実際に弾いてみせるのでよくわかりますね。

チックとの共演のほうは途中でグルダがピアノを弾くのを止めてしまいますが、その後のチックのピアノがとても素晴らしい演奏です。音楽って本当に良いですね。3度の飯とどっちが好きかと問われても、まあ3度の飯には負けてしまいますが(^o^)音楽って人間の発明?(実は人間が発明したのではなく、すでにどこかに存在しているらしい物をこの物質世界に持ち込んだ(誰が?)という説もありますが、ちょっとこの話は当サイトの趣旨から逸脱してしまうのでこれ以上はノーカットです)したものの中でも特に素晴らしいものですね。

Chick Corea & Friedrich Gulda-2 Pianos Jazz Improvisation

今日も管理人の長文を最後まで読んでくれた方には感謝します!

フランス組曲-J.S.Bach

フランス組曲はバッハの作品の中では繊細で優雅な香りのする名曲です。それもそのはずと言うのもおかしいですが、バッハの二人目の奥さん「アンナ・マグダレーナ」のために書いた練習曲集の中にこのフランス組曲の中の何曲かが入っています。バッハの妻への愛情が感じられる作品ということも言えます。

フランス組曲というのはバッハ自身が付けたものではなく、後の人が命名したものですが、フランスというイメージにぴったりという感じもします。曲の構成はアルマンドやクーラント、サラバンド、ジーグといったこの時代の組曲に定型化された舞曲の形式がとられていますが、それぞれに小品でありながら味わい深い曲が、例えが悪いですが、ぎっしり詰まったとても食べ応えのある美味しいスイーツの詰め合わせという感じがします。

それぞれにとても良い曲が多いですが今日は2番のアルマンドとこのフランス組曲の中では最もポピュラーでピアノを弾く人でもバッハの作品のなかではかなり良く弾かれている5番のアルマンドをご紹介します。当時の鍵盤音楽の作品はまだピアノがなかった時代なので、オルガンかチェンバロかクラヴィコード(今のピアノに近い楽器)と楽器の指定があるものもありますが、このフランス組曲には特に指定がありません。

ただ、クラヴィコードを念頭に書かれた作品という気がするので、現代のピアノで弾いても全然違和感がありません。チェンバロで弾いた演奏も聴いたことがありますが、曲の可憐さが失われてちょっと重たい感じになってしまうと感じました。

バッハが現代に蘇ってこの曲をどの楽器で演奏しますか?と尋ねたら・・・きっと「ピアノで」と言うに違いないと思います。

最初の動画は2番のアルマンド。短調の曲ですが、なんというか心に染みわたるとても良い曲です。二つ目の動画はほぼ全曲入っている動画ですが、最初に5番のアルマンドが入っています。この5番のアルマンドは昔管理人もよく弾いていました。とても美しいメロディで典雅に流れるような音のつづれ折という感じの作品です。

バッハといえばこの人です。そう「グレン・グールド」この人のバッハのピアノ演奏はどれを聴いても素晴らしいです。

フランス組曲 第2番 ハ短調 BWV813-アルマンド


以下~クーラント~サラバンド~Air(エール)~メヌエット~ジーグ

フランス組曲 第5番 ト長調 BWV816

ショパン 24の前奏曲 op.28

ショパンの24の前奏曲といえば、シューマンなどは小品の寄せ集めのような評価をしていたようですが、管理人的にはこの曲はショパンの作品の中でも際立ってリリカルな作品だと思っています。

平均律の全ての長調と短調の曲が24曲あり、バッハに傾倒していたショパンにとっては念願の作品でもあったようです。最初にこの曲を全編聴いたのは「クリストフ・エッシェンバッハ」の演奏会のピアノによるものでしたが、素晴らしさに胸を打たれました。ほとんどが短い作品ですが、可憐な小品から重厚な音作りをしたものまで色々あります。特に最初に印象的だったのがop.28-4 ホ短調の前奏曲。ピアノを弾き始めた管理人が、この曲なら弾けそうと思って実際にピアノで音を出してみてビックリ!・・・こんな短い曲なのになんて素晴らしい曲なんだ・・・と思いました。技術的には難しくないので、すぐに弾けるようになりましたが、微妙に移り変わる左手の内声部、トップのメロディラインもクライマックスの部分を除いては音の跳躍のない静的な音ですが、陰影に富んだ素晴らしいものです。

この曲、以前このサイトで紹介したジェリー・マリガンというジャズのバリトン・サックス奏者の傑作アルバム「Night Lights」を紹介した時にも少し取り上げましたが、ショパンの曲に関しては、ピアノで演奏しないと曲の良さが損なわれてしまいます。ショパンという人は、ピアノという楽器が持つ特性や響きを知悉していた稀有な作曲家で、ピアノという楽器がどう音を並べると良い響きになるのかということを感覚的に身に付けていた作曲家だと思っています。だからショパンのピアノ曲は他の作曲家のピアノ作品よりもペダルの使い方も難しいのではないかと思います。

余談ですが、ジャズピアニストでピアノの響きというものに研ぎ澄まされた感覚を持っていたのがビル・エヴァンスだと思っています。クラシックファンの人もまだ聴いたことがなければ、ビルのピアノは聴いて欲しいと思います。ジャズはちょっと・・・と言う人はソロピアノのアルバムから聴いたほうが良いかもしれませんね。クラシックの音楽家の中にもビル・エヴァンスの愛好家は沢山いて、かのグレン・グールド氏もビルのアルバムを所有していたようです。

話が横道にそれてしまいましたが、この作品28の前奏曲、ショパンの作品の中では、絵に例えると練習曲集やバラードなどは油絵の具を何層も重ねた重厚な油絵という感じですが、24の前奏曲は透明水彩で描きながら、細部まで緻密な描き方をした作品というイメージです。ショパンの作品は駄作というものは少ないですが、この前奏曲集はおすすめの作品のひとつです。管理人が最初に感銘を受けた4番の前奏曲聴いてください。またまた下手くそですが自分で演奏した動画に貼り替えました。絵はかの有名なドラクロワが描いたショパン像です。ショパンという人物の内面まで表現されているような素晴らしい絵ですね。

Frédéric Chopin – Prelude in E-Minor (op.28 no.4)

シベリウス

先日、みなとみらいホールで開催された、日本フィルの第286回横浜定期演奏会を聴きに行きました。当日の演目は「シベリウス」シベリウスといえば「交響詩フィンランディア」くらいしか聴いたことがなかったので、ちょっと興味はありましたが、その日の演奏の感想です。指揮はシベリウスの母国のフィンランドの若手指揮者「ピエタリ・インキネン」という人。

まず曲目は最初が交響曲第4番。

晦渋な曲として初演時も聴衆がとまどったというエピソードがある曲。確かに難解で管理人の正直な感想としては、無理やり難解にしている感じがしました。こう言ってはなんですが、古今の名曲といわれる曲は難解といわれてもその中に素晴らしい「歌」があったりします。マーラーなどがすごいのは、あの膨大な長い曲の中にも所々に美しい歌(ヴォーカルという意味ではありません)が出てきて聴く者を楽しませてくれます。パンフレットの解説者の大学の先生は驚くべき作曲技法なんて書いてありましたが、曲というのは難解に作るほうが簡単なのです。

素晴らしいメロディーや和音の響きそれでいて格調を落とさない音楽というのが一番難しいのではないでしょうか。時代が違うので比較するのは無茶かもしれませんが、バッハの曲は難解といわれるものが結構ありますが、難解なものなどほとんどありません。確かに従来の音楽から新しい音楽を生み出すのは大変なことですが、音楽とは読んで字のごとく、音を楽しむものなのです。もちろん人それぞれの感性は違うので、私はこのシベリウスが大好きでとても感動する、という人はそれはそれで幸せなことです。余談ですが、この曲の後半に入っている「グロッケンシュピール」いわゆる鉄琴、これはちょっと陳腐でした。もしかして作者はあまり難しくしてしまったので、ちょっとオチャラケて、入れてしまったのかななどと不謹慎なことを思いました(笑)

2曲目の第2番の交響曲。

こちらはシベリウスの作品の中では比較的よく演奏されるポピュラーな曲。2番と比べるとだいぶ曲としての良さもある曲だと思いました。ただ、なんていうのかなぁ~壮大なイメージはありなかなかだと思うんですが、映画などのBGMに使われるような感じの部分もあって(同行したお方も後で同じようなことを云ってました。)、純音楽的に聴いていて楽しいか?と問われると「否」という感じです。まあ、そう悪い曲では無いと思いますがこれをCDを買ってまで聴きたいとは思いませんでした。

レナード・バーンスタイン指揮のウィーンフィルという豪華な顔ぶれの演奏ですが、こうして改めて聴いてみると、そう悪い曲でもないですね(笑)

だいぶ、批判的な内容のことを書いてしまいましたが、西洋には過去にあまりに素晴らしい作曲家がたくさんいるので、このシベリウスくらいの時代の人は大変だなぁという妙な感想も抱きました。ただ、久しぶりに聴いた生の楽器の音はやはり良いですね。なんというかあのふくよかな響きは小さなイヤフォンなどでは絶対に味わえない豊かな響きです。まだ生演奏を聴いたことの無い人はぜひ、一度聴いてみて欲しいと思います。

久しぶりに演奏会に行って思ったこと。管理人自身も人からいただいたチケットで聴きに行ったのですが、演奏会に来ていた人たちのほとんどが中年~老年の人たちばかり。若い人は1割もいなかったのでは。これからますますクラシック音楽は年寄りの音楽になってしまうかもしれませんね。

2013.4.20みなとみらいホールでの日本フィルハーモニー交響楽団の演奏会
日本フィル演奏会「シベリウス交響曲第2番ニ長調 op.43」

写真はその演奏会の写真です。(実は撮影禁止)管理人いつも思うんですが、演奏中は撮影禁止というのはわかりますが、演奏が終わって拍手を浴びている時など別に撮影しても良いのではないかと思いますが、この辺がクラシック音楽の世界の偏狭さ。ますます若者がクラシック音楽離れをするのもわかるような気がします。