On A Slow Boat To China

On A Slow Boat To China というちょっと変わったタイトルの曲。
フランク・レッサー【Frank Loesser】という人が1947年に作った有名曲です。ミュージカルなどの中の曲ではなく、単独で作られた曲ですが、その洒脱なメロディーのためか、多くのジャズメンが演奏していて、ジャズの名曲のようになっている曲です。

歌詞も変わっていて「中国行のボートに乗って・・・」とありますが、当時の西洋人は、中国というのがものすごく遠隔地にあるという認識があったようで、その距離感から悠久の時間を表現するための手段に使用したのかもしれません。

On a Slow Boat To China
    (words & music), Frank Loesser, 1947

I’d love to get you
On a slow boat to China,
All to myself alone;
Get you and keep you in my arms evermore,
Leave all your lovers
Weeping on the faraway shore.

Out on the briny
With the moon big and shinny,
Melting your heart of stone.
I’d love to get you
On a slow boat to China,
All to myself alone.

  オン・ナ・スローボート・トゥ・チャイナ

中国行きの船に乗って
君と二人だけで、中国行きの船に乗りたい。
君を僕の腕の中に永久に抱きしめ続けたい。
恋敵たちは、みんな、はるかかなたの海岸で悔し泣きだ。

大海原のなかで、満月に照らされ、
君の心を、頑ななふりをしている心を、溶かしたい。
乗ろうよ、二人だけで、中国行きの船に。

 

超一流のジャズミュージュシャンの演奏が数多くありますが、今回は私のピアノ・トリオの録音があったので、こちらでご紹介します。
Artenrich Trioのお遊び演奏で稚拙な演奏ですが、この演奏では弟のドラムスが中々良いのです。ピアノのアドリブは例によって1コーラス目は一応アドリブの体はなしていますが、2コーラス目はちょっと音探しに翻弄している感じで少しも良くありません。なので動画からは削ってしまい、アドリブはワンコーラスのみです。ベースラインは自分で書きましたがなかなか良いと思っています。ベースの演奏もしっかりしています。メロディー部分は原曲に忠実にわかりやすく弾いているので、曲の良さも良く伝わると思います。

このアレンジしたベース譜もアップしておきます。すべて全音符?で書かれていますが、実際はすべて四分音符です。また実際に演奏する時は、この楽譜の音より1オクターブ下の音で弾きます。実音を楽譜に反映させるとすごく弾きにくくなるからです。

On A Slow Boat To China のベース譜
On A Slow Boat To China のベース譜

マイ・ロマンス「My Romance」-ビル・エヴァンス

今回のジャズ名曲紹介はリチャード・ロジャースとロレンツ・ハートのコンビによる名作「マイ・ロマンス」この曲とても甘美な美しい曲で管理人の大好きな曲のひとつです。この曲の名演奏といえば、ジャズファンならすぐに思い浮かぶのが「ビル・エヴァンス」の名演でしょう。

最初の1コーラスはビルのピアノ・ソロなのですが、 原曲の美しさもさることながら、この曲をこれほどまでに美しく弾いた演奏は他に知りません。美しいけれど、感傷に流されたものではなく、適度に緊張感を感じさせる和音、絶妙なペダルワークとルバート・・・甘々のポピュラーピアニストなどがこの曲を弾いたら、 すごく安っぽい曲になってしまうかもしれません。 2コーラス目からはラファロのベースも入りメロディーの展開からアドリブに入っていきます。 ミディアムテンポですがスイングするアドリブが力強く素晴らしい。よく、ビルのアドリブはスィングしないとか言う人がいますが、ビルのアドリブのフレーズが単純ではないうえ、リズムキープが正確すぎるゆえにそう感じるのかもしれません。

名曲&名演奏の見本のような演奏です。

【My Romance】Bill Evans Trio

スターダスト「Stardust」

前記事でジャズの名曲は無い、などと書きましたが、ジャズミュージシャンやジャズシンガーといわれる人達が好んで演奏したり歌ったりするスタンダードな名曲があります。そこでジャズの名曲紹介というカテゴリーも作ってみました。

最初に取り上げるのは、しばしば次のようなフレーズで紹介される名曲です。「ホーギー・カーマイケル不朽の名作・・・」こう言えばジャズファンならすぐにピンと来るあの曲です。そう、「スターダスト」ですね。どちらかといえば、インストルメンタルより、多くの歌手に歌われている曲です。最初歌詞は無く、後にミッチェル・パリッシュ(注)という人が歌詞を付けました。

ホーギー・カーマイケル(Hoagy Carmichael, 1899年11月22日-1981年12月27日)

作者のホーギー・カーマイケルですが、ピアノと歌は6歳の頃から習っていたので音楽的な素養は充分でしたが、インディアナ大学のロースクールで法律を学び、法律家への道を進もうと思っていたこともあるようです。弁護士事務所で働いていたこともあります。音楽の道に専心するきっかけとなったのは、自分の作曲した曲がジャズにアレンジされてラジオから流れたのを聴き、音楽の道へ進む決心をしました。歌もピアノも上手かったので自演の歌もありますが、俳優としてTVの大ヒット西部劇「ララミー牧場」にもカーマイケル爺さんという味のある脇役で出演していたこともある、ちょっと異色の作曲家です。

他の代表作にレイ・チャールズの歌で大ヒットした「ジョージア・オン・マイ・マインド」などがあります。

今日は「スターダスト」といえば、この人というくらいすぐに思い浮かぶ歌手「ナット・キング・コール」の名唱を聴いてください。

【Stardust-Nat King Cole】

実はこの「スターダスト」、管理人のカラオケの18番レパートリーです(笑)
もちろん下手くそです・・・ハハハ

このスターダスト、管理人の編曲&ピアノソロ演奏でYouTubeにアップしてしまいました。アレンジはまあまあ、演奏は下手ですが、良かったら聴いてください(^-^)/

スターダスト【Stardust】-Artenrich

(注)ミッチェル・パリッシュという作詞家については、小柳有美さんという歌手のブログに詳しい略歴があるので、興味のある方はそちらもご覧ください。