ビートルズの変革期のアルバム「ラバー・ソウル」
RUBBER SOUL

RUBBER SOUL

今日は彼らの変革期にあたるアルバム。「ラバー・ソウル」を紹介してみます。
なぜ、変革期なのか・・・この前のアルバムまでは世界的なスターになっていたにもかかわらず、スタジオの使用時間の制限などがあったらしいのです。このアルバムの前
まではアビーロードスタジオはまだクリフ・リチャードのほうが優先して使用することができたといいます。しかしこのアルバムを制作するあたりから、自由に好きなだけスタジオを利用できるようになった彼らは、暖めていたアイデアを試したり、自分達の音楽がライブだけでは表現しきれないことをスタジオで始めたのがこのアルバムの頃からだといえると思います。

このアルバムを全篇通して感じるのはやはりヨーロッパの香りです。彼らの音楽は初期の頃からそうでしたが、アメリカのR&Bやロックンロールのカヴァーをしても、オリジナルを凌駕して彼らのサウンドにしてしまう。Long Toll Sallyや Kansas Cityを歌うポールの黒人顔負けの声量と歌の上手さ、ノリの良さは舌を巻くほどです。でもこれはアメリカの音楽ではなくなっているような気がします。彼らが意識していたかどうかはわかりませんが、ヨーロッパの音なのです。

何曲か曲の解説をしてみます。

1曲目「Drive My Car」

最初から衝撃的な曲。いままでのポールのオリジナルにはないハードで冷たい温度感を感じさせる曲です。ジョージの間奏のギターもうねるような、今までのジョージには無かったフレーズです。

2曲目「Norwegian Wood」

イントロの印象的なシタールの音。もちろんこれがシタールというインドの楽器だと知ったのは少し後でしたが、インドの楽器を使用していながら、北欧のシラビソやツガなどの針葉樹林の生い茂った深い森をイメージしてしまうのはなぜでしょうか。彼らのサウンド作りの上手さに感心してしまうばかりです。かれらのサウンドを生み出す素晴らしい助っ人として「ジョージ・マーチン」というレコーディングプロデューサーの存在が大きかったのは広く知られていることですが、それにしてもアイデアを出していたのは彼らなのですから、いやはやすごいものです。

4曲目「Nowhere Man」

このアルバムの中では、一番今までのビートルズらしい曲といったら良いでしょうか。楽器のイントロなしにいきなりジョンのヴォーカルから始まります。とてもよい曲で大好きな曲です。何気なしに聴いているとわかりませんが、この曲のハーモニーとコーラスがすごいです。ジョンの一人2重唱にポールとジョージのコーラスが重なります。とにかくビートルズというのは曲の良さもさることながら、ハーモニーとコーラスが他を抜きん出て素晴らしいです。
ビーチボーイズのブライアン・ウィルソンがこのアルバムを聴いて大いに触発されてあの「ペット・サウンズ」という傑作アルバムを作ったのは有名な話しですが、ビーチボーイズというのもポップス系の音楽のハーモニーの変革者です。

7曲目「Michelle」

いわずと知れた名曲で、何人の歌手、演奏家がカヴァーしているかわかりません。しかし、この曲に関していえば、この声、このサウンドでなければダメです。ハイポジションでBass音が半音下降するシンプルで印象的なジョージのギターによるイントロ、そのあとのポールのちょっと抑えたヴォーカル。サビの前の2回目のくりかえしからフランス語の歌詞になるあたり、どこを変えてもこの曲の完成度が崩れてしまうような気がします。私はなぜかこの曲を聴くと、時代を少しさかのぼった古いヨーロッパの街並みをイメージしてしまいます。

9曲目「Girl」

当時この曲は上記の「Michelle」とシングルカップリングされて販売されました。なんと贅沢なシングル盤なんでしょうね。どちらをA面にしても良いほどの2曲とも傑作だと思いますが、やはりこの曲は「ジョン」の歌です。「ミッシェル」はポールの歌。ここで言う歌とは、彼らの体の中にある節(メロディー)と言ったら良いのでしょうか。才能のある作曲家は無理に作らなくても頭の中に音楽が浮かんできます。それを楽譜に移せばよいわけです。差しさわりがあるといけないので、誰とは言いませんが、日本の若者の間で一時カリスマ的存在だった人物の作る曲など何の色も感じません。彼には寄せ集めの才能しかないからです。(彼はよくパクリの名人と呼ばれていますよね)しかも最近は詐欺事件で刑事被告人にもなってしまいました(あ、これは音楽とは関係ありませんね。失礼)ちょっと余計な話になってしまい恐縮です。Ah….Girl…」というフレーズはジョンのヴォーカルもため息を入れたアンニュイさを感じさせますが、後半から徐々に力強いヴォーカルになってゆきます。ジョンの声と言うのは、独特の色気があります。後半、ジョージの弾くギターのオブリガートもジョンの歌に絶妙に重なって見事な作品になっています。

11曲目「In My Life」

バロック音楽風のそれでいて牧歌的な雰囲気を漂わせた名曲です。バロック音楽風に感じるのは間奏のピアノにあるのですが、これ、よく聞くとパッヘルベルのカノンにかなり似ているコード進行です。余談ですが、パッヘルベルの「カノン」はよくコード進行だけ借用されます。山下達郎の「クリスマス・イヴ」はそっくりそのまま「カノン」のコード進行を借用しています。さすがに彼は原曲のコード進行がわからないように上手くメロディーをのせて編曲しています。もちろん前述のパクリの名人とは達郎さんのことではありませんよ。山下達郎は才能あふれる人です。

13曲目「If I Needed Someone」

ジョージの作です。遅咲きのジョージの才能がそろそろ出かかってきた曲といえるかな。独特のジョージ節です。ジョージの才能というのはこの人の性格的な人間の良さに関わってくると思うのです。ビートルズ時代はどうしてもジョンとポールという2大個性に抑えられていた感があります。この曲は「ホリーズ」もカヴァーしています。ホリーズというと日本では「Bus Stop」くらいしかヒットしませんでしたが、なかなかのグループですよ。ビートルズ解散後、ジョージは才能を開花し、「All Things Must Pass」という3枚組みの大作で大輪の花を咲かせました。このアルバムはフィル・スペクターというプロデューサーが制作にあたり、親友であったエリック・クラプトンも録音に参加しています。

余談ですが、ジョージの顔は年齢を重ねるとともに魂レベルが高くなった顔になってきましたね。ジョージもジョンももうこの世にはいませんが、素晴らしい人達でありましたね。

テネシー・ワルツ

今日はまた、管理人の若い頃の思い出話。

つまらないと思う人はスルーしてくださいね。

管理人が20代の頃在籍していた会社、とても面白い会社でした。ただ、あまりに出張が多いので結婚を機に辞めてしまったんですが、その会社にいた頃の話です。

出張で仙台へ行くことに。仙台は初めてでしたが歴史のある街だけになかなか綺麗な所でした。ある日、取引先の女性(といっても私より年下の女性です。)と一緒に仕事に行くことに。なかなか可愛い子で仕事も順調に終わり、その子の会社へ戻るのかと思ったら、「今日は私は直帰で良いので、すいませんが家まで送っていって貰えませんか」とのご希望。

場所を聞くと仙台の郊外で結構遠いです。道は知っているからというのでその子の家まで行くことに。普段は電車とバスを乗りついて通っているとのことでしたが、車のほうが早いと言っていました。それでも小一時間はかかりました。その子の家は自然に囲まれたなかなか良い場所にありました。家もりっぱでへ~とちょっとびっくりするくらいの大きな家。出迎えてくれたお母さん、一瞬、お姉さんかなと思ったくらい若くて綺麗な人でした。帰ろうとすると「わざわざ送っていただいたんだからお茶ぐらい飲んでいって下さい」とのお言葉。

お母さんの美しさに惹かれて(笑)、ではでは遠慮なくと通された、応接室?にはアップライトピアノが置いてありました。ピアノを習って1年目くらいの時だったので、ついそのピアノに目が行ってしまい、誰が弾くのか聞いたところ、案の定その女の子が中学生まで習っていたらしいのですが、今はあまり弾いてないとのこと。ここから先が私のちょっと図々しいところ(^-^;)、ピアノを触らしてもらうことに。ボロンボロンと音階などを弾いてみるとさすがに調律をサボっているピアノだけあって、かなりのホンキートンク調の音。

そうこうしていると、いきなりお母さんが「ねえ、(娘さんに私の苗字を聞いてから)〇〇さん、テネシー・ワルツ知ってる?」とのお言葉。一応知ってはいたので、ハイと答えると。「弾けないかしら?」いきなりすごいこという人だなぁと思いつつも、ちょっと待ってくださいと言って、メロディーとコード進行は知っていたので、簡単にキーはCにとって、探り弾きしながら弾いてみました。(こういうことができるのはジャズをやっていたおかげ)するとお母さん「素敵!」と言ってくれました。

話を聞くとテネシー・ワルツ、お母さんの思い出の曲だったようです。この曲、歌詞はちょっと悲しく切ない内容の曲なんですが。その後は三人で話が弾んでしまい、とうとう夕飯までご馳走になってしまいました。あの時の光景は娘さんよりも、色白のとても綺麗なお母さんのことが思い出されてしまいます。テネシー・ワルツを聴くとあの日のことが思い出されます。またまた今日も管理人の思い出話にお付き合いくださいましてありがとうございました。

コメント

[投稿日時] 2013年12月16日 15時09分33秒
お名前 : 山栗

■メッセージ

音楽の楽しみに初めてメールさせていただきます。清里の山栗です。

テネシーワルツは江利チエミで、よく聞きました。もちろん、パティ・ページのほうがいいですね。
このお母さん、恋人をとられた方なのかなそれとも奪ったほうなのかな。

これ実話?朝日新聞の「ティファニー..」のような短編の香りがしました。

若い頃を思い出させてくれました。

Re:コメントありがとうございます。

山栗さん、こんばんは、コメントありがとうございます。
ツイッターでもお世話になっています。この話、もちろん実話ですよ~(^-^)

お母さんに思い出の中身までは聞きませんでしたが、どうだったんでしょうか、
夕食では楽しく歓談してしまいましたからね。

ビートルズとジョージ・マーティン

なんと、今日でこのサイトの記事も100記事目。記念すべき(自分でそう思っているだけだけどね)100記事目なので、何を書こうかなぁ・・・・・と考えていましたが、子供の頃、洋楽に最初に目覚めさせてくれて今でも聴いている「ビートルズ」だなと。で、今日は、ビートルズの音楽作りに多大な貢献をした「ジョージ・マーティン」という音楽プロデューサーとビートルズの関係について書いてみたいと思います。

ビートルズマニアならこのジョージ・マーティンという人の存在がなかったら、ビートルズの音楽もあれほど面白いものにはならなかったのではないか・・・と思っている人も多いのではないかと思います。それほどジョージ・マーティンがビートルズの音作りに果たした役割は大きいものです。またマーティンは5人目のビートルズとしてスタジオ録音の際は色々な楽器を弾いています。

アイデアは抜群の彼らといっても、初期から中期にかけてはLennon-McCartnyのアイデアがほとんどですが、その二人の作る音楽のうち、歌詞の部分についてはほとんど修正の余地がないほど完成度の高いものだったとマーチンは言っています。ただ、音作りに関してはアイデアは抜群だけど、それを上手く音に再現するための音楽的な素養が未熟だった彼らのサポートをしたのが、5人目のビートルズであり、アレンジャーであり、プロデューサーであったジョージ・マーティンというわけです。

ちょっと今日のテーマから外れますが、ビートルズは楽譜が読めなかったというと、楽譜に書いてある音やコードなどを楽器で再現できなかったというようなことを言う人や、ネットなどでも同じようなことを書いている人がいますが、楽譜が読めないというのは、楽器を持たないと楽譜を見て音が再現できない、楽器を使わずに頭の中の音を楽譜に再現できないことを言います。このあたりちょっと誤解している人が多いので蛇足ですが付け加えました。ポールがまるで楽譜がダメで耳だけで楽器を弾いていたなんて書いている人もいますが、ポールの父親は当時セミプロの楽団を率いていました。こんな環境にいて、子供の頃から楽器を弾いていたポールが、楽譜がまるでダメなどというのはありえないことです。ポールのスタンダード好きというのはこの辺にあるのかもしれませんね。

で、話を戻しますが、このジョージ・マーチンのすごいところは、彼らの持って生まれた素晴らしい音楽的才能を存分に引き出すために彼らを教育したということなんですね。彼らの超有名曲の「イエスタデイ」、バックに弦楽四重奏を使おうというアイデアを出したのはジョージ・マーティンということですが、ポールが弦楽器のビブラートが嫌だと言うと、マーティンはポールにスコアを書くことを手伝わせました。多分、マーティンのことですからスコア書きをしたポールをかなりおだてたりしたのではないかと思いますが、事実天成の才能のあるポールの仕事をマーティンは高く評価していたようです。

このことにより、クラシックの世界にも目を向けたポールが後に映画音楽を手がけたり、本格的にクラシックアルバムを作ったりしたのもこのマーティンのおかげと言えるかと思います。とにもかくにもジョージ・マーティンという素晴らしい音楽プロデューサーがビートルズを発掘しなければ、あの独自の音楽世界を作ったビートルズ音楽はなかったかもしれません。

今日はこの曲を聴いてみましょう。
アルバム「Help!」から【You like Me Too Much】というジョージ・ハリソンの曲。もちろんリードヴォーカルもジョージ。ジョージ・マーティンとポールがグランドピアノを弾き、ジョンがエレクトリック・ピアノを弾いています。ジョージの特有の単調なメロディーの曲ですが、3人のピアノサポートでなかなかの佳曲に仕上がっています。

The Zombies:ザ・ゾンビーズ

今日は1960年代に活躍したイギリスのロックグループ「The Zombies」を紹介。

なかなか斬新な音作りをするグループで管理人は今でも車運転中などに良く聴いています。メンバーは次の5人ですが、この中でロッド・アージェントとクリス・ホワイトという人がほとんどの曲を作っています。と言ってもビートルズのLennon-McCartnyのように共作という形ではなく、単独で作っていました。ビートルズもジョンとポールの共作とはいえ、リード・ヴォーカルを担当した方が殆ど作っていたと言うことも多かったようですが、ジョンが歌詞ポールが曲というパターンの共作も結構あったようです。

    メンバー

  • ロッド・アージェント(Rodney Terence Argent)1945年6月14日生【キーボード・ボーカル】
  • ポール・アトキンソン(Paul Ashley Warren Atkinson)1946年3月19日-2004年4月1日【ギター・ボーカル】
  • コリン・ブランストーン(Colin Edward Michael Blunstone)1945年6月24日生【リードボーカル】
  • クリス・ホワイト(Christopher Taylor White)1943年3月7日生【ベース・ボーカル】
  • ヒュー・グランディー(Hugh Birch Grundy)1945年3月6日生【ドラムス】

このゾンビーズですが、「Odessey&Oracle」というアルバムからシングルカットされた「Time Of The Season」(邦題:ふたりのシーズン)という曲が大ヒット。日本でも結構知っている人も多いと思いますが、日本では「I love You」という曲をカーナビーツというグループサウンド全盛時のグループがカヴァーしていました。ゾンビーズとは音楽的なレベルは格段の差がありましたが、原曲が良かったので結構ヒットしました。ただ、当時も元の曲がゾンビーズの曲だと知っていた人は少なかったのではないかと思います。

はっきり言わせてもらうと、日本の大衆音楽とヨーロッパやアメリカの大衆音楽は音楽的なレベルからいうと格段の差があります。このゾンビーズなど個性的なオリジナルメロディのある曲が多く、またそのコード進行なども独特で、コードにジャズで使うテンションノートを加えたり、間奏もかなりジャズ的な要素のある本格的なアドリブをしています。

今日は管理人の大好きな曲「I Call You Mine」です。作者は「クリス・ホワイト」です。
ゾンビーズの独特の感性と斬新な音作りが良く表現されている曲です。

【I Call You Mine】The Zombies

ランキング!ザ・ビートルズ

ランキング!ザ・ビートルズというビートルズの達人といわれる人達100人に、色々な観点からアルバムのベストやら、曲のベストなどを選んでもらいランキングしたものを本にしたとてもマニアックな本が最近出版されました。管理人は偶然入った本屋さんで見つけて、出たばかりのこの本を手に入れました。ツイッターでこの本を買ったことをつぶやいたら、4人もの人が公式リツイートしてくれました。

子供の頃、ビートルズが現役で活躍している時代にリアルタイムでビートルズを聴いていて、今までもずっと聴き続けている、自称ビートルズ研究家を名乗る管理人にどうしてランキング参加のオファーがなかったのか、不思議ですが・・・アハハ冗談です。一応ランキング参加している人はほとんどがミュージュシャンや音楽関係の仕事に携わっている人や他のジャンルでも一応名前の知られた俳優さんや出版関係の人などがほとんどなので、まあ、著名でもなんでもない一介の市井人である管理人にオファーなどあるはずが無いのは当然ですね^^;

冗談はともかくなかなか面白い本で、ビートルズマニアにはとても楽しめる本だと思います。その中でトップにあったランキングがオリジナルアルバムのお気に入りランキング。1位~10位までは次のようになっています。

1位 ABBEY ROAD
2位 RUBBER SOUL
3位 THE BEATLES
4位 REVOLVER
5位 SGT.PEPPER’S LONELY HEARTS CLUB BAND
6位 A HARD DAY’S NIGHT
7位 PLEASE PLEASE ME
8位 MAGICAL MYSTERY TOUR
9位 LET IT BE
9位 BEATLES FOR SALE
11位 WITH THE BEATLES

ABBEY ROADが1位というのは以外でしたが、まあ最後のアルバムということで票が入ったのかもしれません。管理人的にはどれも甲乙付けがたいアルバムばかりということです。もちろんこれはすべて好みの問題。9位が二つありますが、これは同票数だということですが、そしたら次は11位ではなく10位でもよいと思うんですが、本の記載どおりにしておきました。管理人が一番好きなのは2位のRUBBER SOULですかね。とても完成度の高いアルバムで、ビートルズが自分達の音楽を表現するにはライブではダメでスタジオでじっくりと音楽作りをしたいと思い始めた頃のアルバムです。

その中のポールの傑作曲「ミシェル」を聴いてみましょう。

ものすごくヨーロッパ的な香りのする曲で、アメリカ人には作れない曲、と云うよりポールの個性でしか作れない曲と言った方が良いかもしれません。一部フランス語の歌詞も印象的な佳曲です。ポールの弾くベースラインもこの曲の曲想にピッタリマッチング。バックコーラスのハーモニーといい、ジョージの弾く印象的なメロディーラインのギターといい、簡潔ですが無駄な音が一音も無いと思わせる完璧な曲。演奏もギター2台とエレクトリックベースにドラムスとこんな楽器編成でこれだけ完成度の高い曲に仕上げるビートルズというのはやはり只者ではありませんでしたね。

【MICHELLE】The Beatles