ビートルズの変革期のアルバム「ラバー・ソウル」
RUBBER SOUL

RUBBER SOUL

今日は彼らの変革期にあたるアルバム。「ラバー・ソウル」を紹介してみます。
なぜ、変革期なのか・・・この前のアルバムまでは世界的なスターになっていたにもかかわらず、スタジオの使用時間の制限などがあったらしいのです。このアルバムの前
まではアビーロードスタジオはまだクリフ・リチャードのほうが優先して使用することができたといいます。しかしこのアルバムを制作するあたりから、自由に好きなだけスタジオを利用できるようになった彼らは、暖めていたアイデアを試したり、自分達の音楽がライブだけでは表現しきれないことをスタジオで始めたのがこのアルバムの頃からだといえると思います。

このアルバムを全篇通して感じるのはやはりヨーロッパの香りです。彼らの音楽は初期の頃からそうでしたが、アメリカのR&Bやロックンロールのカヴァーをしても、オリジナルを凌駕して彼らのサウンドにしてしまう。Long Toll Sallyや Kansas Cityを歌うポールの黒人顔負けの声量と歌の上手さ、ノリの良さは舌を巻くほどです。でもこれはアメリカの音楽ではなくなっているような気がします。彼らが意識していたかどうかはわかりませんが、ヨーロッパの音なのです。

何曲か曲の解説をしてみます。

1曲目「Drive My Car」

最初から衝撃的な曲。いままでのポールのオリジナルにはないハードで冷たい温度感を感じさせる曲です。ジョージの間奏のギターもうねるような、今までのジョージには無かったフレーズです。

2曲目「Norwegian Wood」

イントロの印象的なシタールの音。もちろんこれがシタールというインドの楽器だと知ったのは少し後でしたが、インドの楽器を使用していながら、北欧のシラビソやツガなどの針葉樹林の生い茂った深い森をイメージしてしまうのはなぜでしょうか。彼らのサウンド作りの上手さに感心してしまうばかりです。かれらのサウンドを生み出す素晴らしい助っ人として「ジョージ・マーチン」というレコーディングプロデューサーの存在が大きかったのは広く知られていることですが、それにしてもアイデアを出していたのは彼らなのですから、いやはやすごいものです。

4曲目「Nowhere Man」

このアルバムの中では、一番今までのビートルズらしい曲といったら良いでしょうか。楽器のイントロなしにいきなりジョンのヴォーカルから始まります。とてもよい曲で大好きな曲です。何気なしに聴いているとわかりませんが、この曲のハーモニーとコーラスがすごいです。ジョンの一人2重唱にポールとジョージのコーラスが重なります。とにかくビートルズというのは曲の良さもさることながら、ハーモニーとコーラスが他を抜きん出て素晴らしいです。
ビーチボーイズのブライアン・ウィルソンがこのアルバムを聴いて大いに触発されてあの「ペット・サウンズ」という傑作アルバムを作ったのは有名な話しですが、ビーチボーイズというのもポップス系の音楽のハーモニーの変革者です。

7曲目「Michelle」

いわずと知れた名曲で、何人の歌手、演奏家がカヴァーしているかわかりません。しかし、この曲に関していえば、この声、このサウンドでなければダメです。ハイポジションでBass音が半音下降するシンプルで印象的なジョージのギターによるイントロ、そのあとのポールのちょっと抑えたヴォーカル。サビの前の2回目のくりかえしからフランス語の歌詞になるあたり、どこを変えてもこの曲の完成度が崩れてしまうような気がします。私はなぜかこの曲を聴くと、時代を少しさかのぼった古いヨーロッパの街並みをイメージしてしまいます。

9曲目「Girl」

当時この曲は上記の「Michelle」とシングルカップリングされて販売されました。なんと贅沢なシングル盤なんでしょうね。どちらをA面にしても良いほどの2曲とも傑作だと思いますが、やはりこの曲は「ジョン」の歌です。「ミッシェル」はポールの歌。ここで言う歌とは、彼らの体の中にある節(メロディー)と言ったら良いのでしょうか。才能のある作曲家は無理に作らなくても頭の中に音楽が浮かんできます。それを楽譜に移せばよいわけです。差しさわりがあるといけないので、誰とは言いませんが、日本の若者の間で一時カリスマ的存在だった人物の作る曲など何の色も感じません。彼には寄せ集めの才能しかないからです。(彼はよくパクリの名人と呼ばれていますよね)しかも最近は詐欺事件で刑事被告人にもなってしまいました(あ、これは音楽とは関係ありませんね。失礼)ちょっと余計な話になってしまい恐縮です。Ah….Girl…」というフレーズはジョンのヴォーカルもため息を入れたアンニュイさを感じさせますが、後半から徐々に力強いヴォーカルになってゆきます。ジョンの声と言うのは、独特の色気があります。後半、ジョージの弾くギターのオブリガートもジョンの歌に絶妙に重なって見事な作品になっています。

11曲目「In My Life」

バロック音楽風のそれでいて牧歌的な雰囲気を漂わせた名曲です。バロック音楽風に感じるのは間奏のピアノにあるのですが、これ、よく聞くとパッヘルベルのカノンにかなり似ているコード進行です。余談ですが、パッヘルベルの「カノン」はよくコード進行だけ借用されます。山下達郎の「クリスマス・イヴ」はそっくりそのまま「カノン」のコード進行を借用しています。さすがに彼は原曲のコード進行がわからないように上手くメロディーをのせて編曲しています。もちろん前述のパクリの名人とは達郎さんのことではありませんよ。山下達郎は才能あふれる人です。

13曲目「If I Needed Someone」

ジョージの作です。遅咲きのジョージの才能がそろそろ出かかってきた曲といえるかな。独特のジョージ節です。ジョージの才能というのはこの人の性格的な人間の良さに関わってくると思うのです。ビートルズ時代はどうしてもジョンとポールという2大個性に抑えられていた感があります。この曲は「ホリーズ」もカヴァーしています。ホリーズというと日本では「Bus Stop」くらいしかヒットしませんでしたが、なかなかのグループですよ。ビートルズ解散後、ジョージは才能を開花し、「All Things Must Pass」という3枚組みの大作で大輪の花を咲かせました。このアルバムはフィル・スペクターというプロデューサーが制作にあたり、親友であったエリック・クラプトンも録音に参加しています。

余談ですが、ジョージの顔は年齢を重ねるとともに魂レベルが高くなった顔になってきましたね。ジョージもジョンももうこの世にはいませんが、素晴らしい人達でありましたね。

ビートルズとジョージ・マーティン

なんと、今日でこのサイトの記事も100記事目。記念すべき(自分でそう思っているだけだけどね)100記事目なので、何を書こうかなぁ・・・・・と考えていましたが、子供の頃、洋楽に最初に目覚めさせてくれて今でも聴いている「ビートルズ」だなと。で、今日は、ビートルズの音楽作りに多大な貢献をした「ジョージ・マーティン」という音楽プロデューサーとビートルズの関係について書いてみたいと思います。

ビートルズマニアならこのジョージ・マーティンという人の存在がなかったら、ビートルズの音楽もあれほど面白いものにはならなかったのではないか・・・と思っている人も多いのではないかと思います。それほどジョージ・マーティンがビートルズの音作りに果たした役割は大きいものです。またマーティンは5人目のビートルズとしてスタジオ録音の際は色々な楽器を弾いています。

アイデアは抜群の彼らといっても、初期から中期にかけてはLennon-McCartnyのアイデアがほとんどですが、その二人の作る音楽のうち、歌詞の部分についてはほとんど修正の余地がないほど完成度の高いものだったとマーチンは言っています。ただ、音作りに関してはアイデアは抜群だけど、それを上手く音に再現するための音楽的な素養が未熟だった彼らのサポートをしたのが、5人目のビートルズであり、アレンジャーであり、プロデューサーであったジョージ・マーティンというわけです。

ちょっと今日のテーマから外れますが、ビートルズは楽譜が読めなかったというと、楽譜に書いてある音やコードなどを楽器で再現できなかったというようなことを言う人や、ネットなどでも同じようなことを書いている人がいますが、楽譜が読めないというのは、楽器を持たないと楽譜を見て音が再現できない、楽器を使わずに頭の中の音を楽譜に再現できないことを言います。このあたりちょっと誤解している人が多いので蛇足ですが付け加えました。ポールがまるで楽譜がダメで耳だけで楽器を弾いていたなんて書いている人もいますが、ポールの父親は当時セミプロの楽団を率いていました。こんな環境にいて、子供の頃から楽器を弾いていたポールが、楽譜がまるでダメなどというのはありえないことです。ポールのスタンダード好きというのはこの辺にあるのかもしれませんね。

で、話を戻しますが、このジョージ・マーチンのすごいところは、彼らの持って生まれた素晴らしい音楽的才能を存分に引き出すために彼らを教育したということなんですね。彼らの超有名曲の「イエスタデイ」、バックに弦楽四重奏を使おうというアイデアを出したのはジョージ・マーティンということですが、ポールが弦楽器のビブラートが嫌だと言うと、マーティンはポールにスコアを書くことを手伝わせました。多分、マーティンのことですからスコア書きをしたポールをかなりおだてたりしたのではないかと思いますが、事実天成の才能のあるポールの仕事をマーティンは高く評価していたようです。

このことにより、クラシックの世界にも目を向けたポールが後に映画音楽を手がけたり、本格的にクラシックアルバムを作ったりしたのもこのマーティンのおかげと言えるかと思います。とにもかくにもジョージ・マーティンという素晴らしい音楽プロデューサーがビートルズを発掘しなければ、あの独自の音楽世界を作ったビートルズ音楽はなかったかもしれません。

今日はこの曲を聴いてみましょう。
アルバム「Help!」から【You like Me Too Much】というジョージ・ハリソンの曲。もちろんリードヴォーカルもジョージ。ジョージ・マーティンとポールがグランドピアノを弾き、ジョンがエレクトリック・ピアノを弾いています。ジョージの特有の単調なメロディーの曲ですが、3人のピアノサポートでなかなかの佳曲に仕上がっています。

ランキング!ザ・ビートルズ

ランキング!ザ・ビートルズというビートルズの達人といわれる人達100人に、色々な観点からアルバムのベストやら、曲のベストなどを選んでもらいランキングしたものを本にしたとてもマニアックな本が最近出版されました。管理人は偶然入った本屋さんで見つけて、出たばかりのこの本を手に入れました。ツイッターでこの本を買ったことをつぶやいたら、4人もの人が公式リツイートしてくれました。

子供の頃、ビートルズが現役で活躍している時代にリアルタイムでビートルズを聴いていて、今までもずっと聴き続けている、自称ビートルズ研究家を名乗る管理人にどうしてランキング参加のオファーがなかったのか、不思議ですが・・・アハハ冗談です。一応ランキング参加している人はほとんどがミュージュシャンや音楽関係の仕事に携わっている人や他のジャンルでも一応名前の知られた俳優さんや出版関係の人などがほとんどなので、まあ、著名でもなんでもない一介の市井人である管理人にオファーなどあるはずが無いのは当然ですね^^;

冗談はともかくなかなか面白い本で、ビートルズマニアにはとても楽しめる本だと思います。その中でトップにあったランキングがオリジナルアルバムのお気に入りランキング。1位~10位までは次のようになっています。

1位 ABBEY ROAD
2位 RUBBER SOUL
3位 THE BEATLES
4位 REVOLVER
5位 SGT.PEPPER’S LONELY HEARTS CLUB BAND
6位 A HARD DAY’S NIGHT
7位 PLEASE PLEASE ME
8位 MAGICAL MYSTERY TOUR
9位 LET IT BE
9位 BEATLES FOR SALE
11位 WITH THE BEATLES

ABBEY ROADが1位というのは以外でしたが、まあ最後のアルバムということで票が入ったのかもしれません。管理人的にはどれも甲乙付けがたいアルバムばかりということです。もちろんこれはすべて好みの問題。9位が二つありますが、これは同票数だということですが、そしたら次は11位ではなく10位でもよいと思うんですが、本の記載どおりにしておきました。管理人が一番好きなのは2位のRUBBER SOULですかね。とても完成度の高いアルバムで、ビートルズが自分達の音楽を表現するにはライブではダメでスタジオでじっくりと音楽作りをしたいと思い始めた頃のアルバムです。

その中のポールの傑作曲「ミシェル」を聴いてみましょう。

ものすごくヨーロッパ的な香りのする曲で、アメリカ人には作れない曲、と云うよりポールの個性でしか作れない曲と言った方が良いかもしれません。一部フランス語の歌詞も印象的な佳曲です。ポールの弾くベースラインもこの曲の曲想にピッタリマッチング。バックコーラスのハーモニーといい、ジョージの弾く印象的なメロディーラインのギターといい、簡潔ですが無駄な音が一音も無いと思わせる完璧な曲。演奏もギター2台とエレクトリックベースにドラムスとこんな楽器編成でこれだけ完成度の高い曲に仕上げるビートルズというのはやはり只者ではありませんでしたね。

【MICHELLE】The Beatles

イエスタデイ-The Beatles

ビートルズをあまり知らない人でも、この曲のメロディは聴いたことがある人が多いのではないでしょうか。ビートルズの超有名曲です。管理人が子供の頃、なけなしのお小遣いをはたいて買ったシングル盤を、父親の買ったアンサンブル型のステレオ(多分今の若い人はどういうものだかわからないと思いますが)で聴いていたら、当時のビートルズなどうるさいだけの音楽だと思っていた父親が、「その曲良い曲だな」と云ったのが今でも強く記憶に残っています。

この曲はビートルズの全盛時代の曲なので、作者名が(Lennon-McCartney)の共同クレジットになっていますが、ほとんどポールの作と言ってよい曲です。ポールにしか書けない、独特の印象的なメロディに、なんといっても斬新だったのは、ポールのアコースティックギターと弦楽四重奏だけの伴奏という、当時のロック&ポップスでは考えられないバックの編曲。もちろんアイディアはポールが出したのですが、ビートルズの音楽作りの功労者でもある、「ジョージ・マーチン」の編曲だと思います。

ポールは、朝、目が覚めたらこの曲のメロディが頭に鳴り響いていたので、すかさず書き留めたという結構有名なエピソードがありますが、まさしくこれ、ポールの創作者としての天才性を証明するエピソードだと思います。よく、作曲家というとピアノに向かって難しい顔をしながら作曲する光景を思い浮かべる人が多いようですが、本当に天分の才能のある人は自然とメロディが浮かんできます。ロシアの著名な作曲家のチャイコフスキーの伝記を見ると、子供の頃彼が頭の中にメロディが勝手に鳴って「うるさい!」と思ったことがあるというのを読んだことがあります。シューベルトは、友人たちと食事中にメロディが浮かび、紙が無いとナプキンに書いたという話は有名です。モーツァルトなどもこのタイプの典型でしょうね。天賦の才能のある人とはこういうものです。

日本のJ.ポップのソングライターの作る曲など、ちょっと良いなと思う曲には、あきらかにパクリと思える曲がけっこうあります。ポールの作るメロディはオリジナリティのある独特のポールメロディ。すぐにわかります。この辺がビートルズの偉大さなのです。これは、ジョンにしても遅咲きの才能を開花させたジョージにしてもあてはまります。

ビートルズ時代のジョージの曲なども、ジョージ・ハリソンならではの特徴がすでに表れています。一聴すると、ちょっと間延びしたようなメロディ。でも、これが独特のジョージのメロディなんですね。イエスタデイの解説から少し話が横道にそれてしまいましたが、世界で最もカバーされた曲でもあるイエスタデイですが、原曲の良さはこのビートルズ時代の演奏に勝るものはありません。

The Beatles -【Yesterday】

ポール・マッカートニーとレジオン・ドヌール勲章

あのポール・マッカートニーにフランスの「レジオン・ドヌール」勲章が授与されましたね。ポールは母国イギリスでは女王陛下から「サー」の称号もいただいているし、この人ビートルズのメンバーの中では、もっとも世俗的に成功した人ですよね。もちろん、その類まれなる才能故の評価なので素晴らしいことと思います。

ジョンがポールのように長生きしていたら、どんな感じになっていたのかなぁ・・・と想像してしまいますが、ジョンの晩年は哲学的、思索的になりだんだんと利他的な思考をするようになって顔の表情が若い頃のギラギラした感じとは全然違っていました。もしかすると音楽は止めてしまったかもしれませんね。

ジョージはビートルズ解散後、その遅咲きの才能を開花させましたが、この人もストイックな人でインド哲学に傾倒していたこともありますが、ビートルズのメンバーの中ではもっとも精神性の高い人という気がします。病死でしたが、ビートルズ時代は、ジョンとポールというスーパースターに挟まれて、自身控えめな性格もあり、あまり目立たなかったですが、ビートルズの中では一番のイケメンだったと思います。晩年はその端整な顔にますます深みが加わりとても良い顔をしていました。

リンゴ・スターについては、幸運にもビートルズのドラマーだった・・・というだけの人とリンゴのファンには申し訳ありませんが、管理人はそう評価しています。でも、ビートルズ時代はそのアイドル性というか人気の一翼を担っていたことは事実です。

さて、今日の主役のポールですが、いつまでも精力的で今年のロンドンオリンピックの開会式でもその力強い歌声が印象的でした。生前のジョンやジョージが言っていましたが、この人はものすごい自信家。確かに作曲の才能、歌の上手さ(ジョンに言わせるとたいしたことないといっていましたが・・・)楽器の上手さ(これについてはポールのベースは素晴らしいとジョンも認めていたようです)どれをとっても一流の才能を持っている人と思います。

特にポールのそのメロディーメーカーとしての才能は、まさに「天賦の才能」。すぐれた作曲家やソングライターは独自の「歌」を持っていますが、ポールの作る曲もすぐにわかる独自のメロディーと雰囲気を持っています。よく、良い曲でもどこかで聞いたことのあるメロディーだなぁ~と思うことがありますが、ポールの作る曲は独自のポール節、物真似ではない、真のオリジナリティのあるメロディを作る人です。ビートルズはジョンもジョージも独自のオリジナリティのあるメロディを書く人でした。

今日は、そのポールの作った曲ではナンバー1ともいえる名曲THE LONG AND WINDING ROADを貼り付けておきます。

この曲、管理人の中では20世紀に作られたポップス系の曲では以前紹介した「Desperad」と並んで、ベスト3に入る名曲だと思います。フィル・スペクターのストリングスの編曲をポールは気に入らなかったようですが、この原曲のコードとメロディを変奏曲のようにアレンジしたバックストリングスとブラスは、この曲のメロディに美しく絡んでいて曲の良さを十分に引き出していると思います。ポール自身も2005年の自分のライブではこのストリングスのバックのメロディをギターに弾かせていたりするので、そう嫌いということでもないようです。

解散寸前のビートルズ、その友への惜別の歌とも言える曲・・・・・

THE BEATLES -【THE LONG AND WINDING ROAD】


名曲ですね!

今日は、ポールのレジオン・ドヌール勲章授与の話から、ビートルズのメンバーの管理人が感じている人となりを書いてしまいましたが、彼らが20世紀の奇跡のスーパースターであったことは間違いありません。