イエスタデイ-The Beatles

ビートルズをあまり知らない人でも、この曲のメロディは聴いたことがある人が多いのではないでしょうか。ビートルズの超有名曲です。管理人が子供の頃、なけなしのお小遣いをはたいて買ったシングル盤を、父親の買ったアンサンブル型のステレオ(多分今の若い人はどういうものだかわからないと思いますが)で聴いていたら、当時のビートルズなどうるさいだけの音楽だと思っていた父親が、「その曲良い曲だな」と云ったのが今でも強く記憶に残っています。

この曲はビートルズの全盛時代の曲なので、作者名が(Lennon-McCartney)の共同クレジットになっていますが、ほとんどポールの作と言ってよい曲です。ポールにしか書けない、独特の印象的なメロディに、なんといっても斬新だったのは、ポールのアコースティックギターと弦楽四重奏だけの伴奏という、当時のロック&ポップスでは考えられないバックの編曲。もちろんアイディアはポールが出したのですが、ビートルズの音楽作りの功労者でもある、「ジョージ・マーチン」の編曲だと思います。

ポールは、朝、目が覚めたらこの曲のメロディが頭に鳴り響いていたので、すかさず書き留めたという結構有名なエピソードがありますが、まさしくこれ、ポールの創作者としての天才性を証明するエピソードだと思います。よく、作曲家というとピアノに向かって難しい顔をしながら作曲する光景を思い浮かべる人が多いようですが、本当に天分の才能のある人は自然とメロディが浮かんできます。ロシアの著名な作曲家のチャイコフスキーの伝記を見ると、子供の頃彼が頭の中にメロディが勝手に鳴って「うるさい!」と思ったことがあるというのを読んだことがあります。シューベルトは、友人たちと食事中にメロディが浮かび、紙が無いとナプキンに書いたという話は有名です。モーツァルトなどもこのタイプの典型でしょうね。天賦の才能のある人とはこういうものです。

日本のJ.ポップのソングライターの作る曲など、ちょっと良いなと思う曲には、あきらかにパクリと思える曲がけっこうあります。ポールの作るメロディはオリジナリティのある独特のポールメロディ。すぐにわかります。この辺がビートルズの偉大さなのです。これは、ジョンにしても遅咲きの才能を開花させたジョージにしてもあてはまります。

ビートルズ時代のジョージの曲なども、ジョージ・ハリソンならではの特徴がすでに表れています。一聴すると、ちょっと間延びしたようなメロディ。でも、これが独特のジョージのメロディなんですね。イエスタデイの解説から少し話が横道にそれてしまいましたが、世界で最もカバーされた曲でもあるイエスタデイですが、原曲の良さはこのビートルズ時代の演奏に勝るものはありません。

The Beatles -【Yesterday】

And I Love You So

今日は久しぶりにポップスの名曲紹介。

多少洋楽の好きな人なら多分、知っている人も多いと思いますが「And I Love You So」とても良い曲です。作者は「アメリカン・パイ」というヒット曲で有名なシンガーソングライターのドン・マクリーン本人の歌よりもペリー・コモの歌っているのが、大ヒットしました。この曲といえばやっぱりペリー・コモでしょう。

独特の深みのあるメロディーがとても印象的な曲です。よくもこんな良い曲が作れるものだと感心しますが、コモの歌も淡々と歌っていますが、曲調にぴったりとマッチしたとても素敵な歌唱です。管理人もポピュラーソングの中では大好きな曲です。ペリー・コモといえば、アンディ・ウィリアムスのように自分の番組を持っていたようなアメリカではメジャーなポピュラーシンガーですが、日本ではそれほど人気のある歌手ではないようですね。もちろんもう故人ですが2001年にお亡くなりになられています。

蛇足ですが、ペリー・コモって歌手になる前は床屋さん(見習い?)だったんですってね。歌う床屋さんなどと言われたこともあるそうですが、のど自慢のようなコンクールで優勝したのが歌手になるきっかけでした。そういえば日本にも「歌う不動産屋」なんていう異名をとった歌手がいましたね(まだいるのか)(笑)フランク・シナトラと同じイタリア系アメリカ人でしたが、シナトラのちょっとダーティなイメージと違いお人柄もクリーンで真面目な人だったようです。

Perry Como 【And I Love You So】

プレスリーの歌も聴いてみたけど、悪くはないですが展開部で、あの彼独特の細かいビブラートが付いてしまうのがちょっと・・・・減点^^。やっぱりこの曲に関してはペリー・コモです。

ペリー・コモ版は、バックのオーケストラのストリングスの編曲もとてもメロディアスで良いですね。管理人はこのバックのメロディも口ずさんだりしちゃいます。(笑)

カラオケでも歌いたい曲ですが、ピアノでも弾きたくなったので、ピアノ用にアレンジしました。原曲をあまりくずさないようにしました。コードの転回などもちょっと面白いですがピアノで弾いても良い曲ですね。(2016/10/29YouTubeにアップ)

幸せの黄色いリボン-Tie A Yellow Ribon Round The Old Oak Tree

バッハからなんの脈絡もなく、幸せの黄色いリボンに飛んでしまう管理人の節操のなさですが、それだけ管理人は音楽に対して広い心の持ち主でありまして・・・何かわけのわからないことを言っていますが、今日は幸せの黄色いリボン-Tie A Yellow Ribon Round The Old Oak Treeをご紹介です。

この曲は日本では高倉健さん主演の映画「幸せの黄色いハンカチ」で知ったという人も多いのではないでしょうか。歌っているのは「ドーン(Dawn)」というアメリカのグループで、グループといってもトニー・オーランドという男性のリードボーカルにテルマ・ホプキンスとジョイス・ビンセットという女性二人のバックコーラスのグループです。グループ名も「Tony Orlando&Dawn」というのが正式名です。

トニー・オーランドは元々はスタジオミュージュシャンならぬスタジオシンガーだった人。なので歌唱力は抜群です。作者は別ですが、この時代というか60年代から70年代にかけてのポップスというのは、わかりやすくてしかもオリジナリティのある曲の多いのには改めて驚かされますね。この曲も1973年の作品です。

【Tie A Yellow Ribon Round The Old Oak Tree】-Tony Orlando & Dawn

ドーンのヒット曲の中で日本ではこの曲も大ヒットしました。幸せの黄色いリボンの2年ほど前のヒット曲です。知っている人も多いと思いますが、今聞いてもなかなかに良い曲ですね。トニー・オーランド、声も良いし(但し、この声は好き嫌いの分かれる声かもしれません)歌唱力も抜群ですね。

【Knock Three Times】-Tony Orlando & Dawn