グラミー賞

昨日は日本人が一度に4人もグラミー賞を受賞したということで、
各メディアも大々的に報道していましたが、確かにこれはすごいことです。
しかも、グラミー賞に選出された人の4人のうち3人までが、普通の西洋音楽の
ジャンルでの受賞ということ。

日本の伝統的な音楽で受賞というのなら、日本だけのものなので、
西洋人には自国のものではない希少性や珍しさという感覚も評価の
対象になって評点も上がりやすいと思いますが、今回はグローバルな
音楽ジャンルでの受賞、日本の西洋音楽のレベルも世界に通用するレベルに
なったということでしょうか。

もちろん、大分前から海外で大活躍している日本人アーチストもたくさんいます。元来日本人は器用なうえ、西洋人にはない繊細な感覚も持ち合わせているので、これからももっと世界的なアーチストが出現すると思いますね。
Date:2011.2.15