音楽の不思議

音楽というのは本当に面白いもので、西洋音楽を例にとっても、たったの12の音を使ってこれほど膨大な数の曲がクラシックの長大なものから簡単な楽曲まで、よくもまあ違う曲としてできるものだと感心します。ただ、メロディーの要素だけではなく、それにリズム、和声と複雑に絡み合ってくるので、様々なタイプの曲ができるのだと思います。

アントニオ・カルロス・ジョビン(注)というブラジルの国民的作曲家&演奏家の曲に「ワン・ノート・サンバ」という有名なボサノバの曲がありますが、この曲は題名どおり最初の16小節は一つの音が同じリズムパターンでずっと続きます。楽譜が無いので、原曲の調性は今ちょっと思い出せませんが、たとえばわかりやすくハ長調でいうと最初の音が「ソ」でソッ、ソッ、ソ、ソッ、ソッ、ソ、~~~~~~と続いて次にやっと4度上の「ド」に上がってまた「ソ」に戻ります。だから、厳密に言うとこの16小節は二つの音が出てくるので、One Noteではなく、Two Noteなんですが、転調したと考えると一つの音だけといえます。その後は一変してアドリブのフレーズをそのままメロディーにしたようなむずかしい旋律が出てきます。

で、何が言いたいのかというと、こんな単音が続く曲なのに、とても印象的なメロディーに聞こえるのは音楽の魔術ということなんでしょうね。


こちらの動画はローリンド・アルメイダという名ギタリストとMJQ(モダン・ジャズ・クァルテット)の競演。素晴らしい演奏です。

(注)アントニオ・カルロス・ジョビン
ブラジルの作曲家、編曲家、ピアノ奏者で、ジョアン・ジルベルトという歌手兼ギター奏者と共にボサ・ノバという音楽の生みの親とされています。ボサノバとは英語でいうと「new mode」という意味でブラジルに昔からあったサンバにモダンジャズの複雑な和声を組み合わせたとても洒落た音楽です。
ジョビンは数々の名曲を世に送り出していますが、もっともポピュラーな曲は皆さんも知っていると思いますが「イパネマの娘」です。

ボサノバって実に耳あたりが良くて、BGMでもよく流されたりしますが、水面下ではなかなかにすごいことをしています。あれが独特の雰囲気を醸し出すんですね。普通の伴奏ギターのコードなども結構複雑です。多くのジャズメンがよくボサノバの曲を演奏するのはそういう面白さもあるからだと思います。

ポップスになったクラシック音楽

クラシック音楽が以外に編曲されてポップスになっているのを
ご存知ですか?

最近日本でも、平原綾香の「Jupiter」これはホルストという作曲家の組曲「惑星」の中でも一番有名な「木星」の主旋律に日本語の歌詞を付けたものです。メロディがダイレクト過ぎてあまり良い編曲とは思えませんが、海外作品には原曲の良さを活かして別物のように見事に仕上げた作品がたくさんあります。

今思いつくままに、ポップスになったクラシック音楽をいくつか挙げてみます。

まず有名なところでは、ベートーベンのピアノ・ソナタ第8番「悲愴」の有名な第2楽章の美しいカンタービレですが、これまた有名なビリー・ジョエル氏が「This Night」というタイトルでカヴァーしていますね。

次にこれまたベートーベンのピアノ小品の「エリーゼのために」美しい小品ですが、あまりにポピュラーになりすぎてちょっと手垢のついた曲というイメージがします。ただ、ピアノ作品としては完成度の高い素晴らしい作品だと思います。

原曲の話になってしまいますが、ポップスでいうところのサビの部分、いわゆる展開部などは不協和音の使い方が絶妙でさすがベートーベン先生という感じがします。最初はカテリーナ・バレンテという歌手が歌い、日本ではザ・ピーナッツが「情熱の花」という曲名で歌い大ヒットしました。変ったところではメキシコの「トリオ・ロス・パンチョス」も歌っています。

次は、えーと、ボロディンの歌劇『イーゴリ公』より「ダッタン人の踊り」これは「ストレンジャー・イン・パラダイス」という曲になって、トニー・ベネットの歌が有名ですが、「キスメット」というミュージカルで編曲して歌われたのが最初です。そういえば、ベンチャーズもインストルメンタルで演奏していましたね。

次は、ポンキエッリ 歌劇『ジョコンダ』より「時の踊り」これは、「レモンのキッス」(原題は Like I Do)という曲になり、最初ナンシー・シナトラが歌ってヒットしました。そうそうあの大歌手のフランク・シナトラの娘さんですね。とてもチャーミングな声の持ち主です。日本ではザ・ピーナッツが、カヴァーしました。

話は飛びますが、ナンシーといえば、日本でもヒットした「恋のひとこと」という曲。お父さんのフランク・シナトラとのデュエットなんですが、これがとても上手い。主旋律をお父さんのシナトラが歌って、低いパートをナンシーが歌っています。実際には女声なのでオクターブ上げて低いパートを歌っています。歌の上手さはやはり親譲りでしょうか。

最近日本でも大滝詠一と竹内まりやのカヴァーが出ましたが、正直本家の魅力には全然及ばないという感じです。

最後はやはり御大J・S・バッハです。
「アンナマグダレーナのピアノ小品集」の中からメヌエット。こちらは「Lovers Concert」という題名になりサラ・ボーンの歌で大ヒットしました。ジャズの世界では知る人ぞ知るという大歌手のサラでしたが、この曲のヒットでポップスシーンでも有名になりましたね。

この「Lovers Concert」原曲とはかなり違うものになっています。このあたりの編曲はやはり海外のアレンジャーは上手いです。ロマン派の曲と違ってバッハの曲は感情的な色付けが無く純音楽的な要素が強いから、料理しやすいということもあるんですけどね。

バッハの原曲とサラの歌、聴き比べてみてください。

まだまだ沢山ありそうですが、今私が思いついたのはこのあたりです。

女子ジャズ

最近は、女性の鉄道マニアや歴女といわれる女性の
歴史マニアなど、今まで男性の趣味と言われてきた
分野に女性がだいぶ進出してきていますね。

とても良い傾向だと思いますが、音楽の世界でも
いわゆる「Jazz」といわれる音楽はやはりほとんど
男性ファン、それも比較的高年齢の今なら50代から
上の世代に熱心なファンが多いようです。

ところが最近島田奈央子さんという方が女性にももっと
ジャズという素晴らしい音楽に触れて欲しいということで
今年の1月に【Something Jazzy 女子のための新しいジャズ・ガイド】
なる本を出しました。

キーワードはズバリ【女子ジャズ】です。
アプローチの仕方はちょっと女性向けというかシチュエーション別に例えば、
「元気を出したいとき」は〇〇というピアニストのライブ盤とか、
寒い冬には〇〇の***というアルバムとかおすすめが書いてあります。

はじめはこんなアプローチで聴き始めて、それから自分のお気に入りの
ミュージシャンなりアルバムが見つかれば良いかなとも思います。
ジャズってもっと真剣に音楽そのものに向き合って聴いたほうが
当の良さがわかるんですが、はじまりはこんなのも良いかなと思います。

因みに女性が好きになりそうなピアニストをひとり。

ビル・エバンス

いろいろなジャズピアニストやプレイヤーに多くの影響を与えた
すごいピアニストなんですが、美しくリリカルな要素も多いので
女性ファンも多いピアニストです。
おすすめです。

音楽業界も様変わり

音楽業界も最近は様変わり。音楽を聴く媒体もだいぶ変ってきました。

管理人の若い頃は音楽を聴くメディアというか媒体は生演奏以外はレコードが主流でした。いわゆるアナログレコードというやつです。歳がわかりますね(~o~) 

その後CDの全盛となり、今でも私はほとんど場合CDで聞いています。ところがこのCD、最近は買う人が少なくなってきているようです。なぜか?PCや携帯などからDLしてipodやMP3プレイヤーなどに入れて聴く人が増えているからだということですが、ちょっと寂しい感じもしますね。

Welcom!

こんにちは。

サイト管理人の「artenrich」です。

音楽が大好きなので、色々な人に、色々な音楽の良さを知ってもらいたくてこのサイトを始めました。音楽も食べ物と一緒で食わず嫌いならぬ「聴かず嫌い」というのもあると思います。

狭いカテゴリーにとどまらず、いろいろなジャンルの音楽や音楽に関連する話題を発信したいと思っています。ちょっとマニアックな話もあるかと思いますが音楽の好きな人はぜひ見てください。