リアル・グループ【Unreal!】

今日ご紹介するのは、日本ではまだそれほど認知されていないアカペラグループ。リアル・グループです。グループ名がThe Real Groupというスウェーデンのアカペラグループです。「アカペラの神様」などといわれることもあるようですが、神様は大げさにしても、最高クラスの実力派アカペラグループであることは間違いありません。

世界のアカペラグループのうち、管理人がベスト3と思えるのは、テイク6、ナイロンズ、そして、このリアル・グループです。ベスト5となるとまだご紹介はしていませんが、オール・フォー・ワンとロッカペラを入れたいと思います。で、このリアル・グループですが、次の5人のメンバーで編成されています。

Margareta Jalkeus(ソプラノ)
Katarina Henryson(アルト)   
Anders Edenroth(アルト)
Peder Karlsson(テナー)
Anders Jalkeus(バス)

5人とも音楽大学で声楽をやっていた人たちなので、いきなりの歌いだしからして、少しの音程の狂いも無いので、皆さんすべて絶対音感の持ち主かなと思われます。3人目のアルトのAnders Edenrothという人は、写真から見ると、どう見ても男性。ライブの動画を見てわかりましたが、キーが女声のアルトとほぼ同じような声ゆえ、アルトということになっているのかなぁ・・・と管理人は推測しています。このアルバムのソプラノのMargareta Jalkeusは2006年に脱退して現在はJohanna Nystrom という人と替わっています。管理人も今このグループのアルバム3枚ほど所有していますが、今度まだ持っていないクリスマスソングのアルバムを買おうかなと思っています。

アルバム名の「Unreal!」のとおり、信じられないようなその素晴らしいハーモニーを聴いてください。曲は管理人の大好きな作曲家のミシェル・ルグランの作品です。この曲もいかにもルグランらしい独特の旋律とハーモニーの曲です。

The Real Group -【What are you doing the rest of your life】

関連動画の「カウント・ベーシー、メドレー」を観て、聴いてビックリ!もしかして本当に世界№1のアカペラグループかもしれないと思いました。ライブなのに少しも乱れない、リズム感も抜群だし、バスの声はあれっ、ウッドベースがはいっているのかな?と思うような正確な音程と音色(声)、CDでも時々入っている女声のトランペットのような音は「Margareta」という女性(長身の美人のほう^^)が出していたんですね。音だけ聴いていたら本当にトランペットみたいです。もちろん5人の醸し出す絶妙なハーモニーも素晴らしい、ストックホルムのライブの50分くらいある長い動画、とうとう全部聴いてしまいました。久々に音楽を聴いてゾクゾクとする感動を味わいました。脱帽!拍手!

The Real Group – Count Basie Medley

クリスマスソング

クリスマスソングってトラディショナルなものから、新しいものまで良い曲が多いですね。実は管理人はクリスマスソングマニア。クリスマスソングのアルバムCD、20枚位は所有しています。その中の愛聴盤を2枚ご紹介。ひとつは「ナイロンズ」の「HARMONY THE CHRISTMAS SONGS」というアルバムとTAKE6」の「HE IS CHRISTMAS」というアルバムです。どちらもアカペラグループのものですが、テイク6はもうかなりの認知度のある素晴らしいアカペラグループですね。ポップス系ゴスペル系では最高の実力派グループです。

Harmony-The-Christmas-Songs-The-NYLONSもう一方のナイロンズはあまり知られていませんが、こちらも素晴らしいハーモニーを聞かせてくれるアカペラグループです。ただ、こちらはメンバーの入れ替わりが多くてその時により実力の差が出るグループですがこのクリスマスソングのアルバムの時はもっとも実力のあるメンバーが揃っていた時期で、それぞれがソロ歌手としても素晴らしい歌い手ばかりでした。どの曲も素晴らしいですが、圧巻のハーモニーが聴けるのが7曲目の「The First Noel」賛美歌にあるトラディショナルな曲ですが、最初はオーソドックスな原曲のハーモニーに忠実に完璧なコーラスから始まり、
これが次第にコーラスを繰り返す毎に少しずつハーモニーが変っていき、最後の方ではかなりリハーモナイズをして、不協和音をうまく使いスリリングなコーラスを聴かせてくれます。

残念ながらYouTubeにこのアルバムの動画がなかったので、実際の音はご紹介できませんと以前は書きましたが、自分で動画を作りました。こちらから聞くこともできますよ。クリスマスソング集の中では超おすすめの1枚です。

The Nylons【O Holly Night】

もう1枚は「TAKE6」の「HE IS CHRISTMAS」というアルバム。テイク6といえばその完璧なハーモニーとゴスペルを基調にしたテイストがよく知られていますが、このサイトでもご紹介させていただいた、ジャズヴォーカリストの若生りえさんのブログに少し前「クリスマスソング」というタイトルでコメントさせていただいた時、りえさんのレスで、テイク6の素晴らしさを語っていただきました。りえさんは生ライブを聴いたことがあるそうですが、過去一番感動したライブだとおっしゃっていました。

そのテイク6のアルバムにも入っている、これも賛美歌から「Hark The Herald Angels Sing」をライブ動画で聴いてください。テイク6っていつも思うんですが楽器は一切入っていないのになぜかオルガンのような響きが聴こえるのが不思議です。その素晴らしいハーモニーの所以でしょうか・・・・・

Take 6 – Hark The Herald Angels Sing