フリージャズ

フリージャズって何?と思われる方も多いと思います。フリーだから何をしてもいいのか?確かに今までのジャズのマンネリ化を破壊するために生まれたともいえるフリージャズですが、通常の分かりやすいジャズでさえ、さっぱり分からないという人もいますよね。フリーだから完全にでたらめをしても良い・・・ということでもないですね。確かにピアノの鍵盤をげんこつで叩いたりする演奏もあります。しかし、そこにはやはり何かルールがあったり、西洋音楽の和音を発展させたものなどいろいろなパターンが発生しました。

もちろん過去の音階や和音などを破壊?したとも思える演奏が最初はかなりの衝撃を与えました。基本ルールとしては好きなように演奏して良いというのがフリージャズの原点です。しかし全然楽器も触ったことの無い人がでたらめに演奏しても、これも許容されるとしても聞く方としては少しも面白くないと思います。

オーネット・コールマンというミュージュシャンが世界的に衝撃を与えた最初のフリージャズですが、過去の音楽のルールを破壊したという点ではすごかったですが、やはり音楽そのものの美しさやルールの上での演奏という人間が心地良いと感じるものがなかったために最近ではフリージャズは衰退してしまいました。

ただ、今はフリー的な要素も取り入れながら、音楽の和声やジャズで新たな境地を生んだモードなどいろいろなものを取り込んで音楽としてもジャズは発展しています。まあ、クラシックの世界の現代音楽と共通するものもあるといえるでしょうね。

管理人も山下洋輔さんのフリージャズを聴きにライブにも何回も行きましたが、やはりルールはあります。山下さんも最近はかなりオーソドックスなジャズに戻ってこられましたよね。最近は音楽も多様化して、ジャンルを超えて協演するということが多くなりました。少し前ですが、山下さんと坂本龍一さんが一緒にテレビに出て演奏したりいろいろな音楽について語っていましたが、すごく面白かったという記憶があります。音楽も垣根を超えていろいろなジャンルの良いものをとりいれるのが最良だと思います。音楽や芸術は唯一わがままが許されるものだと思っています。自分は演歌が大好きだという人や、自分はクラシック音楽が大好きだ、という好みが許されるのが、唯一音楽や芸術だと思います。もちろん管理人のように欲張りだとどんなジャンルでも良いものを見つけてしまうので、「これはある意味お得だな」などと勝手な思い込みをしています(^-^;)

今日は山下さんのフリージャズが好きだった頃、管理人がピアノソロで演奏した「枯葉」のフリーバージョンを聴いて下さい。完璧なフリーではないですが、かなり自由に演奏している・・・と自分では思っています。