福村裕子 ピアノ演奏会

先週2014年6月18日 横浜のみなとみらい小ホールで福村裕子さんという方のピアノ演奏会に行った。

もちろんプロの演奏家ではないので、ご存知ないと思いますが、管理人の妻の仕事関係の知り合いの方です。パンフレットの副題が、「音楽療法活動支援のためのチャリティーコンサート」とありました。この方が幼少時からピアノをやられていて、ずっとプロのピアニストの方に個人レッスンを受けていたということは聞いていました。

開演ギリギリ前に行ったのですが、多分観客はお身内の方がほとんどで、ガラガラだろうと思いましたが、席はほぼ満席に近くちょっとビックリ。一番後ろの関係者席の前に座ることになりました。開演のアナウンスがあり、舞台に登場された福村さんを見てまたビックリ、遠目ということがあるにしても、そのお姿はどう見てもご老人には見えません。お歳は75歳になられたということは知っていましたが驚きました。何年か前にお会いしたことがありますが、この時代の女性にしてはとても身長があり、多分167cmくらいはあると思いました。前半ではロングドレスを着ていらっしゃいましたが、その凛とされたお姿どおり、演奏のほうも素晴らしいものでした。

最初の曲はモーツァルトの第9番、K.311番のピアノソナタ。プロの演奏会ではあまり演奏されることはありませんが、ピアノのコンペなどではよく課題曲にされることもある曲ですね。でも、モーツァルト的な美しさは充分に味わえる曲です。さすがに最初はちょっと緊張されている感じはありましたが、だんだんとリラックスされてとても自然な良い演奏だったと思いました。

2曲目。ベートーヴェンのピアノ・ソナタの中ではちょっと異色の作品ともいえる俗に”テレーゼ”という表題の付いている第24番のソナタ。この曲2楽章しかありません。ただ、なかなかに情緒的で美しい曲で、ベートーヴェンの曲の中では結構好きな曲のひとつです。ベートーヴェンってある部分モーツァル トに似ているところがありますよね。まあ、これはベートーヴェンが影響を受けているのだと思いますが、古典的な美しさもベートーヴェンの特徴だと思います。

前半最後の曲。ショパンのバラード3番です。この曲、ショパンのバラードの中では最もノーブルな感じのする曲で、もちろん技術的にも最上級レベルの曲。華やかでとてもピアニスティックな曲です。プロのピアニストの方が弾かれるテンポよりほんのわずかですがテンポを遅くして弾かれましたがなかなか堂々とした立派な演奏でした。当日妻とは同行していなかったのですが、コンサートの終わった後二人で食事をして帰りました。その時、妻ももっとアマチュア的なピアノ発表会みたいな演奏だと思っていたみたいでしたが、なかなかにすごい演奏だったのでとても感心していました。休憩をはさみ後半に入ります。

後半は、ちょっと変わったプログラムになっていて、プロの打楽器奏者の斎藤祥子さんとプロのピアニストの田村祥子さんとの共演という形です。ラヴェルの「マ・メール・ロア」比較的易しい連弾曲ですが、多分お孫さんの友達なども聴きに来ているのでこういう選曲にしたのかぁ・・・・とも思いました。この頃になるととてもリラックスして弾かれている感じでこちらも楽しく聴くことができました。この後お孫さんの女の子の弾く「トロイメライ」とグノーの「アヴェマリア」が入ります。このアヴェマリア、歌でない場合はヴァイオリンなどで弾かれることが多いですが、今回は斎藤祥子さんのマリンバが主旋律を奏でました。この旋律をマリンバで演奏したもの初めて聴きましたが結構良かったです。息の長い旋律をマリンバで弾く場合はトレモロしかありませんが、これが以外に新鮮でした。

最後はサンサーンスの「動物の謝肉祭」を2台のピアノ用に編曲したものを演奏されました。ここでは斎藤祥子さんのパーカッションも色々入りなかなか面白い演奏でした。

この福村さんの演奏会、先にお亡くなりになっているご主人の福村豊氏の誕生日に合わせたようです。この福村豊氏は本格的に声楽をやられていた方で、声楽家になるか医者になるか迷った末に医者の道を選んだ人だということです。本格的な声楽をやられていた人なので、奥様の音楽の勉強にも深く理解があったようです。今日の演奏会の福村裕子さんも音楽の勉強のためにザルツブルグやウィーンへ行ったり、大好きなべーゼンドルファーのピアノで練習できる環境を作ってくれた福村豊氏にはとても感謝しているとプログラムのコメントにも書かれていました。

福村裕子さん自身も若い頃から福村豊氏の作った医療法人で働き、今も医療法人の理事をされています。社会福祉法人では副理事長の要職にも就かれていて現役のキャリアウーマンでもあります。息子さん二人、娘さん一人いますが、3人ともお医者さんです。音楽好きの家系で、福村豊氏の弟さんはジャンルこそ違いますが、ラテン系のプロのバンドを持っていてそのバンドマスターもしています。こちらの演奏会にも行ったことがありますが、なかなか楽しい演奏でした。

福村裕子さん、すべての演奏が終わってご挨拶をされましたが、その声もとても70代の女性の声には聞こえませんでした。声楽もやっていたからかも知れませんが、とても美しい声で

「この日が近づくにつれて、怖くてしょうがなかったので、最初で最後の演奏会にするつもりでしたが、今日こうやって終わってみたらまたやりたくなってしまいました」

とのご挨拶。(ご本人の弁そのままではありませんが、趣旨はこのとおりです。)大失敗をしたらいざしらず、ある程度自分の実力を発揮できた場合は、このような演奏会をするということは病み付きになるのかもしれませんね。

福村さん、その声も美しかったですが、多分そのお姿も若い頃はさぞや美しかったのではないかと・・・・・。
写真はパンフレットに写っていたご本人の写真です。最近撮られたものでプロの写真家の方に撮影していただいたそうですが、とても若々しいですよね。これからもお元気で仕事とピアノを両立して、また演奏会を開いて欲しいなと思いました。

福村裕子ピアノ演奏会。当日のプログラム
福村裕子ピアノ演奏会。当日のプログラム
福村裕子ピアノ演奏会のパンフレット
福村裕子ピアノ演奏会のパンフレット