中学生時代の思い出

突然、この音楽サイトに中学時代の思い出を書いてもどうかと思いましたが、まあ、音楽に関連することなので、気楽な気持ちで書いてみることにしました。

中学の時の音楽の先生。若くて綺麗なおねえさん先生でした。(でも、思っていたより年齢は上だったかもしれません)どこの大学か忘れましたが、音大のピアノ科出身の先生でした。この先生、なぜか私のこと目にかけてくれていたんですね。

音楽は好きだったので、何も勉強しなくてもクラスでいつもベスト3の成績だったと思います。ある時縦笛を落として壊してしまい、授業に持っていきませんでした。そうしたら、その先生に「〇〇君、放課後音楽室までいらっしゃい」と言われて、これはてっきり怒られるのだとばかり思っていましたが、放課後音楽室に行くと先生が「〇〇君、笛の余ってるの結構あるからどれでも好きなのあげるから使いなさい」と優しい笑顔で言ってくれました。その時先生が、

「〇〇君、音楽好きよね」
「はい」

実はその頃エレキバンドをやっていたんですが、学校の音楽の授業で聴かされるクラシック音楽も好きでした。でも、クラシックが好きだなどというとバンド仲間からバカにされるので、黙っていましたが、先生の前では素直になっていました。

その時先生の弾いてくれた「ショパンのノクターン」とても素敵でした。

その後も時々放課後、音楽室に遊びに行っていました。時々ピアノも弾かせてもらいました。(う~ん、私の音楽体験にはなぜか年上のお姉さんが関わっている(笑))

この先生、本来の授業のカリキュラムにないことも今思うとやっていたような気がします。ある日のこと皆にある曲をピアノで弾かせるということをやりました。最初のテーマの部分だけですけど、曲はなんと「ヘンデルのサラバンド」でも、これは強制ではなくて弾きたいと思った生徒だけ弾かせるというものだったような気がします。もちろん私も弾いてみました。放課後時々、ピアノを弾かせてもらっていたので、すぐに弾けてしまいました。多分先生が少しやさしく編曲してくれていたんだと思います。

授業の終わりに、「じゃ誰かに弾いてもらおうかな」というので、てっきりピアノをちゃんと習っていた女子が何人かいたので、その子のうち誰かを指名するだろうと思っていたら、なんと!私が指名されてしまったのです。くりびってんぎょうでしたが、大好きな先生のご指名、お断りするわけにもいかず、弾きました。

今思えば、この頃からずっとピアノを弾いていたら、今はもっと色々な曲を弾けたろうなと思いますが、ここで自らピアノを弾きたいと実行に移さなかった自分の責任というかこれは今言っても仕方のないこと。

また今日は管理人の思い出話を書いてしまいました。

で、今日はその音楽の先生が弾いてくれたショパンの「ノクターン嬰へ長調op.15-2」貼り付けておきます。名曲ですね。

【Zimerman plays Chopin Nocturne Op.15-2 】