ポール・マッカートニーとレジオン・ドヌール勲章

あのポール・マッカートニーにフランスの「レジオン・ドヌール」勲章が授与されましたね。ポールは母国イギリスでは女王陛下から「サー」の称号もいただいているし、この人ビートルズのメンバーの中では、もっとも世俗的に成功した人ですよね。もちろん、その類まれなる才能故の評価なので素晴らしいことと思います。

ジョンがポールのように長生きしていたら、どんな感じになっていたのかなぁ・・・と想像してしまいますが、ジョンの晩年は哲学的、思索的になりだんだんと利他的な思考をするようになって顔の表情が若い頃のギラギラした感じとは全然違っていました。もしかすると音楽は止めてしまったかもしれませんね。

ジョージはビートルズ解散後、その遅咲きの才能を開花させましたが、この人もストイックな人でインド哲学に傾倒していたこともありますが、ビートルズのメンバーの中ではもっとも精神性の高い人という気がします。病死でしたが、ビートルズ時代は、ジョンとポールというスーパースターに挟まれて、自身控えめな性格もあり、あまり目立たなかったですが、ビートルズの中では一番のイケメンだったと思います。晩年はその端整な顔にますます深みが加わりとても良い顔をしていました。

リンゴ・スターについては、幸運にもビートルズのドラマーだった・・・というだけの人とリンゴのファンには申し訳ありませんが、管理人はそう評価しています。でも、ビートルズ時代はそのアイドル性というか人気の一翼を担っていたことは事実です。

さて、今日の主役のポールですが、いつまでも精力的で今年のロンドンオリンピックの開会式でもその力強い歌声が印象的でした。生前のジョンやジョージが言っていましたが、この人はものすごい自信家。確かに作曲の才能、歌の上手さ(ジョンに言わせるとたいしたことないといっていましたが・・・)楽器の上手さ(これについてはポールのベースは素晴らしいとジョンも認めていたようです)どれをとっても一流の才能を持っている人と思います。

特にポールのそのメロディーメーカーとしての才能は、まさに「天賦の才能」。すぐれた作曲家やソングライターは独自の「歌」を持っていますが、ポールの作る曲もすぐにわかる独自のメロディーと雰囲気を持っています。よく、良い曲でもどこかで聞いたことのあるメロディーだなぁ~と思うことがありますが、ポールの作る曲は独自のポール節、物真似ではない、真のオリジナリティのあるメロディを作る人です。ビートルズはジョンもジョージも独自のオリジナリティのあるメロディを書く人でした。

今日は、そのポールの作った曲ではナンバー1ともいえる名曲THE LONG AND WINDING ROADを貼り付けておきます。

この曲、管理人の中では20世紀に作られたポップス系の曲では以前紹介した「Desperad」と並んで、ベスト3に入る名曲だと思います。フィル・スペクターのストリングスの編曲をポールは気に入らなかったようですが、この原曲のコードとメロディを変奏曲のようにアレンジしたバックストリングスとブラスは、この曲のメロディに美しく絡んでいて曲の良さを十分に引き出していると思います。ポール自身も2005年の自分のライブではこのストリングスのバックのメロディをギターに弾かせていたりするので、そう嫌いということでもないようです。

解散寸前のビートルズ、その友への惜別の歌とも言える曲・・・・・

THE BEATLES -【THE LONG AND WINDING ROAD】


名曲ですね!

今日は、ポールのレジオン・ドヌール勲章授与の話から、ビートルズのメンバーの管理人が感じている人となりを書いてしまいましたが、彼らが20世紀の奇跡のスーパースターであったことは間違いありません。

ビートルズの初期の傑作「This Boy」

前回に引き続き、今回もビートルズ。

どうしてかというと、前回の動画の「Till There Was You」の次の動画の曲がなんとビートルズを語る上でどうしても無視できない、初期の傑作曲「This Boy」だったからです。

この曲、オリジナルでは「抱きしめたい」というシングル盤のB面の曲でした。抱きしめたいも当時のロックやポップスのなかではとてもオリジナリティのある画期的な曲でしたが、このB面の「This Boy」はビートルズの驚くべき歌の上手さと編曲の才能がわかる曲なのです。

曲自体もすごく良い曲なんですが、なんといってもすごいのが、この3声のコーラスです。高音部をポール、中音部をジョージ、低音部をジョンが歌っていますが、こんな素晴らしいコーラスは当時のポップス界では皆無と言って良いでしょう。B面の曲ながらビートルズの初期の最高傑作だと思います。しかも、曲の途中でパートが入れ替わったり、とにかくすごいコーラスです。この曲が発表されたのが1963年。このコーラスパートを書いて歌った彼らはいつも言いますが、最年長のジョンでさえ、なんとまだ23歳の若さ。
改めて彼らのすごさを実感させられます。

後にこの曲を、色々な実力派のアカペラグループがカヴァーしていますが、コーラスで勝負をする彼らにも中々歌い応えのある曲だからだと思います。コーラスばかりに話がいってしまいましたが、展開部の、ジョンの歌うメロディーも、ジョンのちょっと甘く切ない声とピッタリとマッチング。本当に良い曲ですね。

とりあえず聴いてください。いつ聴いても素晴らしい!

【The Beatles- This Boy】

因みに、現在はこの曲は後にビートルズのオリジナルシングル盤に収録された曲ばかりを集めた「パスト・マスターズ Vol.1」というアルバムに収録されています。

管理人が昔持っていたこの曲のオリジナル・シングル盤。
どこへ行ってしまったのかなぁ・・・
子供の頃なけなしのお小遣いで買ったものなんですが、
捨てた記憶はないのでどこかにあるはずです。
今度探してみようかな(^_^)

NAUDOというギタリスト

少し前のことですが、すごいギタリスト発見!
アコースチックギターでここまで弾くとは驚きです。
このギターはナイロン弦のクラシックギターと同じものですが、
ピックアップが付いているのでアンプで増幅できるので、エレアコというそうです。
ソロギターでここまで弾けるのはすごい!

音楽は言葉であれこれ説明するよりも、聴いてもらうのが一番です。
次から試聴できます。ごゆっくりどうぞ。

1.【While My Guitar Gently Weeps (J.Harrison)】

1曲目はビートルズのジョージ・ハリソンの名作。NAUDOというギタリストのすごいところは、ギター1台で弾いていながらあたかもベース、ドラムスが一緒に演奏しているような途切れないリズムの流れも一緒に弾いているというところです。しかもそのリズムのベースのうえで、アドリブまでやってしまうというのですから、驚いた!

2.【AVE MARIA (J.S.Bach-Gonoud)】

2曲目の「AVE MARIA」はグノーがバッハの平均率クラヴィーア曲集第1集の1曲目の前奏曲の上に旋律をのせたということで有名な曲。世界3大アヴェマリアのひとつです。

この曲のベースとなったバッハのプレリュード。
ただの分散和音の集合のような曲なのに、もう完璧すごい曲になってます!
大バッハさんのすごさを改めて感じます。

NAUDOは、息の長い旋律をトレモロを効果的に使ってうまく表現していますね。

3.【Stand by Me (Ben E. King)】

3曲目はR&Bの「ドリフターズ」(全員集合のほうではありません(~o~))のリード・ボー
カルのベン・E・キングの歌で大ヒットした曲。作者もベン・E・キングです。後にジョン・レノンもカヴァーしている名曲です。

NAUDOは終始くりかえし演奏されるベースラインをとぎれることなく演奏して、そのうえにメロディー→アドリブと驚くべきテクニックで演奏しています。ギターもこんなふうに弾け
ると素晴らしいけど、ま、管理人にはとうてい無理(笑)

4.【Michelle (Lennon-McCartney)】

4曲目。もうこれは知らない人はいないというくらい有名なポール・マッカートニーの名作。
ビートルズ時代「ラヴァー・ソウル」というアルバムに収録されていますが、この曲の持つ独特のアンニュイな雰囲気を上手く表現しています。原曲もかなり凝った難しいコード進行と、ところどころにテンションノートの入ったコード。NAUDOも複雑な和音にベースのパートまで完璧に演奏しています。
アドリブ演奏まで入って、まさに脱帽です!おそれ入りました!!m(__)m