「GETS/GILBERTO」・・・夏おすすめジャズ

先日このサイトにも度々登場していただいているジャズシンガーでフルーティストの若生りえさんのブログにコメントをしたら、そのレスで「夏おすすめジャズを・・・」なんてレスをいただいてしまったので、りえさんファンの管理人はすぐその気になって、夏おすすめアルバム紹介ということに相成りました(笑)

夏といえば、やっぱりこれですよね、「ボサノバ」。純然たるボサノバもいいんですが、ジャズとボサノバの融合・・・ここまで言えばジャズファンならすぐにピンとくるあれです、あれ・・・え~と名前が出てこない(わけはないです^^;)そうスタン・ゲッツとジョアン・ジルベルトのコラボアルバム「GETS/GILBERTO」です。

他ジャンルの人どうしのコラボアルバムということで、録音の時は結構緊張感があったというエピソードもありますが、その橋渡し役をしたのが当サイトにも度々名前の出てくるブラジルの国民的音楽家「アントニオ・カルロス・ジョビン」です。今にして思えば豪華なメンバーですね。このアルバムはアメリカでも大ヒット作になりました。でも、やはりこのアルバムを素晴らしいものにしているのはスタン・ゲッツのサックスだと思いますね。改めて聴いてみてもやはりゲッツのサックスは冴えてます。歌心溢れる、それでいてクールなスタン・ゲッツのサックス、良いですね。

今日は超有名曲「イパネマの娘」ではなく、管理人の大好きな曲、アントニオ・カルロス・ジョビンの名作「So Danco Samba」を聴いてください。

Stan Getz -Joao Gilberto 【So Danco Samba】