ラ・クンパルシータ「馬部雄進」

タンゴの曲を弾いたギターデュオというとすぐに思い浮かぶのが「ローリンド・アルメイダとチャーリー・バード」の「TANGO」というアルバム。この二人の世界的なギタリストの弾くタンゴの世界は独自の音楽世界で、管理人の愛聴盤のひとつでもあります。

今日は、このアルバムの紹介ではなく(このアルバムはいつか詳しくご紹介したいと思っています)このアルバムでも演奏されているタンゴの超有名曲「ラ・クンパルシータ」を以前このサイトでもご紹介した管理人の友人の叔父さんの「馬部雄進」さんが、若い頃やはりギターデュオで演奏されています。この曲に関しては、前述の「TANGO」の中のスーパーギタリストお二人の演奏よりも、自由奔放でなかなかに素晴らしい演奏です。

石川嘉信さんというギタリストとのデュオですが、この石川さんというギタリストは全盲の人らしく、当然ですが楽譜は目では読めません。アマチュア?ギタリストのようですが、その即興演奏がなかなか素晴らしく、馬部さんのギターとの息もぴったりです。今日は日本の二人のギタリストの弾く「La Cumparsita」です。

【La Cumparsita】馬部雄進

この動画、世界の名画がずらりと並んでいますね。ベラスケスに始まってアルフォンス・ミュッシャで終わっていたと思っていたら、最後の1枚がありました。かのフェルメールですね。途中も色々な画家の有名作品が出てきます。管理人の大好きな北方ルネッサンスの画家「ヤン・ファン・エイク」の絵もあるなぁ・・・。絵画好きの人も楽しめる動画ですね。

ちょっと余計ですが、大好きな「ヤン・ファン・エイク」の絵アップしておきます。ヤン・ファン・エイクって、本当に素晴らしい画家ですね・・・・

ヤン・ファン・エイク 【ファン・デル・パーレの聖母子】
ヤン・ファン・エイク 【ファン・デル・パーレの聖母子】