サキソフォン・コロッサス「ソニー・ロリンズ」

今日紹介するアルバム「サキソフォン・コロッサス」というソニー・ロリンズのアルバム。モダンジャズの名盤中の名盤という評論家の先生も多いですが、そうかい?と言うとへそ曲がりに聞こえますよね。確かになかなかのアルバムです。ただ、そもそも管理人がソニー・ロリンズというサックス奏者があまり好きではないからこういう言い方になってしまったのです。

ロリンズのどこが嫌いと言うと、あのマウスピースをしっかり口を閉めて咥えていないようなちょっと品のない音。要するに密度のないバリバリという荒い音なのです。これを豪放磊落なロリンズのテナーなどという人が多いのですが、どうも管理人はこの音が苦手です。

サックスというのは本当はかなりまろやかな音のする楽器なのです。デファイエ・サックス四重奏団というこの楽器の生まれたフランスのクラシック系のサックス四重奏団がありましたが、サックスってこんなに綺麗な音がするんだ!とビックリする人が多いと思います。まあ、ジャズの世界ではここまでこの楽器の正統的な吹き方をする人は少ないですが、ジャズ界でもテナーとアルトの違いはありますが、フィル・ウッズやアート・ペッパーなどはパワフルでもあり、なおかつ音色も綺麗です。

ただ、このアルバムはなかなか楽しめる1枚であることは確かです。ソニー・ロリンズという人は歌心あふれるフレーズが次から次へと出てくる人で、このアルバムはそういう意味ではとても楽しめる1枚です。マックス・ローチのドラムがまた素晴らしく、このアルバムの良さを倍加させています。トミー・フラナガンのピアノはいつ聴いても粋な感じのする趣味の良い演奏ですね。このアルバム、モノーラル録音なんですが、なんというかこういうストレートな録音というのが、案外素晴らしい臨場感があるような気がします。リラックスして楽しめる名盤です。