ナット・キング・コール:Nat King Cole

今日は管理人の大好きな歌手のひとり、ナット・キング・コール(Nat King Cole)について書いてみたいと思います。ナット・キング・コールと言えば、あの独特のハスキーボイスが魅力のひとつでもありますが、何と言ってもこの人は天性の素晴らしい音感とリズム感を持っていた人。

ナット・キング・コールというと、ソロ歌手としてポピュラー音楽の世界でも有名になり、広く人気が出てからの歌が有名ですが、ベースとなる音楽はジャズです。ジャズ・ピアニストとしてピアノ、ギター、ベースというドラムレスのシンプルなピアノ・トリオを率いて、自らピアノを弾き歌も歌っていました。ナット・キング・コールの音楽はこの時代のものがやはり一番素晴らしいと思います。ピアノもスイング時代後期のピアノですからスタイルとしてはオーソドックスなスタイルですが、そのノリの良さ、歌心溢れるフレーズなど、素晴らしいの一語です。最初、彼は歌は歌っていませんでした。あるきっかけから歌を歌うようになりましたが、その個性的で魅力的な声と歌の上手さにたちまちジャズ歌手としても頭角を現します。

後年ポピュラー系に進展していってからも歌の上手さはもちろんですが、ジャズ的なスピリットは随所に感じられます。バラードなどもただ美しい表現だけではなく、どこか背筋を伸ばしたような凛としたものが感じられます。ひとつにはこの人の英語の発音にもあるんですが、この人の英語とても聴きやすい。巻き舌英語ではなくとても聞き取りやすいしっかりとした発音をします。

余談ですが彼がテレビに出演した時の映像を見たことがありますが、かなりの長身で脚も長くてスタイル抜群です。ピアノの鍵盤に手を拡げている写真を見たことがありますが、手もかなり大きかったようです。

今日はそんなナット・キング・コールのピアノトリオ時代の名演奏と、娘のナタリー・コールが父親の声にかぶせて録音した「Unforgettable」を貼り付けておきます。音楽は100の言葉より聴くのが一番!

【Nat King Cole Trio:Just You, Just Me】

スイング感抜群の素晴らしい歌と演奏ですね。

【Unforgettable Nat King Cole Natalie Cole】

この動画はナタリーのライブですが、ナタリー・コールはこの録音したもので音楽のアカデミー賞といえるグラミー賞を得ています。