タイトルに月(Moon)が入っている曲

今日は中秋の名月、しかも今年はちょうど満月だそうです。この次この日に満月になるのは7年後までないということ。というわけではありませんが、今日はちょっとくだけた話題で、曲のタイトルに「月」が入っている楽曲を思いつくままに挙げてみました。管理人の知らない曲は当然入っていません。月にちなんだ曲、かなりありそうですね。

まずクラシック系から。

【ピアノソナタ第14番嬰ハ短調 「月光」「op.27-2」】

ベートーベン作の有名なピアノソナタですが、このタイトルを付けた人も第一楽章の持つイメージのみで付けたようで。名前はもちろん通称名でベートーベンの死後付けられたものです。素晴らしい曲ですね。ウィルヘルム・バックハウスのピアノ演奏でどうぞ。


【月の光】

ドビュッシーのベルガマスク組曲というピアノ曲集の中の超有名曲なので、知っている人も多いと思います。抒情的で美しい曲ですね。


【荒れた寺にかかる月】

これもドビュッシーの「映像」という作品の第2集に入っている曲。私は、音で映像をイメージさせるというのはあまり好きではないんですが、純粋に曲だけ聴けば良い曲です。しかし、話が脱線しますが、ドビュッシーの作品の中の和音、モダンジャズのピアニストの弾く和音とかなり似ている音がしますが、ジャズピアニストが真似た・・・というより、ジャズも段々と新しい試みがされて、テンションノートなどを多用し始めるとこの時代のクラシック音楽の和声と必然的に似たような響きになってしまうんですね。もちろんモダンジャズはここから更に進展します。ミケランジェリの素晴らしいライブ演奏があります。


【月の光に憑かれたピエロ】

こちらは無調音楽を書いた、アーノルト・シェーンベルクの有名曲。小編成の室内楽を伴奏にした連作歌曲なんですが、全曲聴いてみたのは一度だけです。う~ん・・・・これって、素晴らしい!美しい!心が癒される!と感じる人っているんですかね。まあ、なんでも新しい試みというのはどの世界でも必要だと思いますが、音楽としては本当に楽しめる・・・というものではないような気がします。聴いているとちょっと嫌な感じがしてきます。アナザーワールドの下層世界を連想してしまいます。管理人はこの曲はパスという感じです。

今日のテーマからははずれますが、シェーンベルクで唯一美しい曲だなと思うのは「浄められた夜」「浄夜」ともいいますが、こちらは音楽としてなかなか美しいと思います。

後、シューベルトやシューマンの歌曲に月の付く曲が何曲かあったような気がしますが、今思いだせないのでパス。


【荒城の月】

この曲を知らない人は少ないと思いますが、土井晩翠作詞・瀧廉太郎という日本でもアカデミックな詩人と作曲家による歌曲。日本的な情緒と西洋音楽の技法が独特の雰囲気を作っている曲ですね。この曲も色々なスタイルで演奏されたり、歌われたりしていますが、今日は正統派スタイルでどうぞ。この曲の他にも「月の砂漠」なんて曲もありますが、省略。


次にジャズやロック&ポップス系の曲です。

【Moonlight Serenade】

こちらはスイング時代のジャズの名曲。スイングジャズの時代の有名バンド「グレン・ミラー楽団」を率いていたグレン・ミラーの作った名曲です。グレン・ミラー楽団のバンドテーマにもなっていました。芸術は難解なものがレベルが高いなんて思っている人も多いかもしれませんが、前述のシェーンベルクのピエロと比べたら、なんと心地良い音楽でしょう。こういう多くの人が楽しめる、癒される音楽を作った人の方が、人間の生き方としては利他的な行為をしているとも言えるのです。


【Blue Moon】

この曲はいろいろな人が歌い演奏していますが、作者は数々の名作を生み出しているアメリカを代表する作詞家と作曲家のロレンツ・ハートとリチャード・ロジャースの名コンビが作った曲です。

歌っている歌手だけでもジャズ系の歌手からポップス系の歌手まですごい数です。ビリー・ホリデイ、ナット・キング・コール、フランク・シナトラ、ジュリー・ロンドン、エルビス・プレスリー等々、キリが無いですが、管理人の愛聴盤にも入っているジュリー・ロンドンの歌でどうぞ。


【Moonlight In Vermont】

1943年頃の作ですが、ヴァーモント州の美しい景色の情景描写から最後は男女の愛の契りで終わっている、ちょっと珍しいラヴソング?ですが、どちらかというとヴォーカルよりも多くのジャズメンにインストルメンタルで演奏される曲です。ナット・キング・コール・トリオの演奏で、これはコールの素晴らしいピアノのみ。歌は入っていません。


【It’s Only A Paper Moon】

1933年に、Harold Arlenが作曲し、作詞Billy Rose とE. Y. Harburgという人の共作で作られた曲です。ペーパームーンとはまさに紙のお月様ですが、当時のアメリカでは縁起物のようで、この上に座ると願いがかなったりするとして人気があったものです。この曲もベニー・グッドマンやナット・キング・コール、エラ・フィッツジェラルドや、日本では美空ひばりさんも歌っています。数多くの演奏家や歌手にカヴァーされている、ジャズの定番ともいえる曲ですね。なぜか気持ちがハッピーになる曲です。管理人もカラオケでよく歌います(もちろん下手です)(^0^)

今日はやはりこの曲ならこの人かなぁ~というナット・キング・コールの歌でどうぞ。さすが、自由自在という感じ、上手いですね!


【ミスタームーンライト】

ビートルズが「Beatles For Sale」というアルバムの中に収録した曲。オリジナルではなく、ロイ・リー・ジョンソンという人の作った曲をカヴァーしたものですが、まるでオリジナルのように見事に変身させています。もちろんこれを歌ったオリジナルのR&B系の歌手のものより大ヒット。ジョンのオリジナルのように感じてしまいます。本当にビートルズというのは、さほど有名ではない曲をまるで自分たちのオリジナルのようにしてしまうカヴァーの名人でもありました。まあ、前回の記事で取り上げたジョージ・マーティンの功績もあるとは思いますが。

動画はそのビートルズの歌と演奏です。


【ムーン・リバー】

オードリー・ヘップバーン主演の映画「ティファニーで朝食を」の主題歌となった曲として有名ですが、曲はその少し前に作られています。作詞ジョニー・マーサー・作曲ヘンリー・マンシーニ。映画ではヘップバーンが囁くように歌っていたのが印象的です。この曲も色々な人が歌っていますが、今日はそのヘップバーンの歌と映像でどうぞ。なかなか味のある歌唱です。この頃のオードリー、やっぱり美しい!


【Fly Me To The Moon】

超有名曲を忘れるところでした。

月に因む曲でこの曲を忘れるとは・・・

熱烈なラヴソングなんだけど、なぜ、英語の歌詞というのは詩的に感じるのかなぁ・・・日本語でこんなこと言ったらちょっと気恥ずかしいと思うんですね。それにしてもこの曲色々な人がカヴァーしています。いわゆるスタンダードと言われる名曲です。バート・ハワード(Bart Howard)という人が詞も曲も書いたものですが、最初原曲は3拍子でした。フランク・シナトラが歌って大ヒットしたこのバージョンから4拍子の編曲が多くなりました。

こういうクラシック以外の音楽というのは、同じ曲を歌いあるいは弾いても、まるで違うものになります。そこがまたクラシック音楽とは違う面白さでもあるのですね。


【Polka Dots And Moonbeams】

Jimmy Van Heusen(作曲)とJohnny Burke(作詞)の名コンビによる名曲。ポルカ・ドッツいわゆる水玉模様ですね。水玉模様の服を着た少女と月の光の下で出会う・・・というような歌詞の曲ですが、とてもロマンティックな甘い旋律の曲です。この曲は歌物よりもインストゥルメンタルの演奏のほうが多いような気がします。ビル・エヴァンスとウェス・モンゴメリーの名演、どちらにしようかと思いましたが、ビルのピアノにしました。ビルのピアノは甘さに流されない清々しさを感じさせるピアノです。

もちろん私もこのCDは所有していますが、録音が悪いのが難点。チャック・イスラエルスのベースもなかなか良いです。

ビートルズとジョージ・マーティン

なんと、今日でこのサイトの記事も100記事目。記念すべき(自分でそう思っているだけだけどね)100記事目なので、何を書こうかなぁ・・・・・と考えていましたが、子供の頃、洋楽に最初に目覚めさせてくれて今でも聴いている「ビートルズ」だなと。で、今日は、ビートルズの音楽作りに多大な貢献をした「ジョージ・マーティン」という音楽プロデューサーとビートルズの関係について書いてみたいと思います。

ビートルズマニアならこのジョージ・マーティンという人の存在がなかったら、ビートルズの音楽もあれほど面白いものにはならなかったのではないか・・・と思っている人も多いのではないかと思います。それほどジョージ・マーティンがビートルズの音作りに果たした役割は大きいものです。またマーティンは5人目のビートルズとしてスタジオ録音の際は色々な楽器を弾いています。

アイデアは抜群の彼らといっても、初期から中期にかけてはLennon-McCartnyのアイデアがほとんどですが、その二人の作る音楽のうち、歌詞の部分についてはほとんど修正の余地がないほど完成度の高いものだったとマーチンは言っています。ただ、音作りに関してはアイデアは抜群だけど、それを上手く音に再現するための音楽的な素養が未熟だった彼らのサポートをしたのが、5人目のビートルズであり、アレンジャーであり、プロデューサーであったジョージ・マーティンというわけです。

ちょっと今日のテーマから外れますが、ビートルズは楽譜が読めなかったというと、楽譜に書いてある音やコードなどを楽器で再現できなかったというようなことを言う人や、ネットなどでも同じようなことを書いている人がいますが、楽譜が読めないというのは、楽器を持たないと楽譜を見て音が再現できない、楽器を使わずに頭の中の音を楽譜に再現できないことを言います。このあたりちょっと誤解している人が多いので蛇足ですが付け加えました。ポールがまるで楽譜がダメで耳だけで楽器を弾いていたなんて書いている人もいますが、ポールの父親は当時セミプロの楽団を率いていました。こんな環境にいて、子供の頃から楽器を弾いていたポールが、楽譜がまるでダメなどというのはありえないことです。ポールのスタンダード好きというのはこの辺にあるのかもしれませんね。

で、話を戻しますが、このジョージ・マーチンのすごいところは、彼らの持って生まれた素晴らしい音楽的才能を存分に引き出すために彼らを教育したということなんですね。彼らの超有名曲の「イエスタデイ」、バックに弦楽四重奏を使おうというアイデアを出したのはジョージ・マーティンということですが、ポールが弦楽器のビブラートが嫌だと言うと、マーティンはポールにスコアを書くことを手伝わせました。多分、マーティンのことですからスコア書きをしたポールをかなりおだてたりしたのではないかと思いますが、事実天成の才能のあるポールの仕事をマーティンは高く評価していたようです。

このことにより、クラシックの世界にも目を向けたポールが後に映画音楽を手がけたり、本格的にクラシックアルバムを作ったりしたのもこのマーティンのおかげと言えるかと思います。とにもかくにもジョージ・マーティンという素晴らしい音楽プロデューサーがビートルズを発掘しなければ、あの独自の音楽世界を作ったビートルズ音楽はなかったかもしれません。

今日はこの曲を聴いてみましょう。
アルバム「Help!」から【You like Me Too Much】というジョージ・ハリソンの曲。もちろんリードヴォーカルもジョージ。ジョージ・マーティンとポールがグランドピアノを弾き、ジョンがエレクトリック・ピアノを弾いています。ジョージの特有の単調なメロディーの曲ですが、3人のピアノサポートでなかなかの佳曲に仕上がっています。

The Zombies:ザ・ゾンビーズ

今日は1960年代に活躍したイギリスのロックグループ「The Zombies」を紹介。

なかなか斬新な音作りをするグループで管理人は今でも車運転中などに良く聴いています。メンバーは次の5人ですが、この中でロッド・アージェントとクリス・ホワイトという人がほとんどの曲を作っています。と言ってもビートルズのLennon-McCartnyのように共作という形ではなく、単独で作っていました。ビートルズもジョンとポールの共作とはいえ、リード・ヴォーカルを担当した方が殆ど作っていたと言うことも多かったようですが、ジョンが歌詞ポールが曲というパターンの共作も結構あったようです。

    メンバー

  • ロッド・アージェント(Rodney Terence Argent)1945年6月14日生【キーボード・ボーカル】
  • ポール・アトキンソン(Paul Ashley Warren Atkinson)1946年3月19日-2004年4月1日【ギター・ボーカル】
  • コリン・ブランストーン(Colin Edward Michael Blunstone)1945年6月24日生【リードボーカル】
  • クリス・ホワイト(Christopher Taylor White)1943年3月7日生【ベース・ボーカル】
  • ヒュー・グランディー(Hugh Birch Grundy)1945年3月6日生【ドラムス】

このゾンビーズですが、「Odessey&Oracle」というアルバムからシングルカットされた「Time Of The Season」(邦題:ふたりのシーズン)という曲が大ヒット。日本でも結構知っている人も多いと思いますが、日本では「I love You」という曲をカーナビーツというグループサウンド全盛時のグループがカヴァーしていました。ゾンビーズとは音楽的なレベルは格段の差がありましたが、原曲が良かったので結構ヒットしました。ただ、当時も元の曲がゾンビーズの曲だと知っていた人は少なかったのではないかと思います。

はっきり言わせてもらうと、日本の大衆音楽とヨーロッパやアメリカの大衆音楽は音楽的なレベルからいうと格段の差があります。このゾンビーズなど個性的なオリジナルメロディのある曲が多く、またそのコード進行なども独特で、コードにジャズで使うテンションノートを加えたり、間奏もかなりジャズ的な要素のある本格的なアドリブをしています。

今日は管理人の大好きな曲「I Call You Mine」です。作者は「クリス・ホワイト」です。
ゾンビーズの独特の感性と斬新な音作りが良く表現されている曲です。

【I Call You Mine】The Zombies

ランキング!ザ・ビートルズ

ランキング!ザ・ビートルズというビートルズの達人といわれる人達100人に、色々な観点からアルバムのベストやら、曲のベストなどを選んでもらいランキングしたものを本にしたとてもマニアックな本が最近出版されました。管理人は偶然入った本屋さんで見つけて、出たばかりのこの本を手に入れました。ツイッターでこの本を買ったことをつぶやいたら、4人もの人が公式リツイートしてくれました。

子供の頃、ビートルズが現役で活躍している時代にリアルタイムでビートルズを聴いていて、今までもずっと聴き続けている、自称ビートルズ研究家を名乗る管理人にどうしてランキング参加のオファーがなかったのか、不思議ですが・・・アハハ冗談です。一応ランキング参加している人はほとんどがミュージュシャンや音楽関係の仕事に携わっている人や他のジャンルでも一応名前の知られた俳優さんや出版関係の人などがほとんどなので、まあ、著名でもなんでもない一介の市井人である管理人にオファーなどあるはずが無いのは当然ですね^^;

冗談はともかくなかなか面白い本で、ビートルズマニアにはとても楽しめる本だと思います。その中でトップにあったランキングがオリジナルアルバムのお気に入りランキング。1位~10位までは次のようになっています。

1位 ABBEY ROAD
2位 RUBBER SOUL
3位 THE BEATLES
4位 REVOLVER
5位 SGT.PEPPER’S LONELY HEARTS CLUB BAND
6位 A HARD DAY’S NIGHT
7位 PLEASE PLEASE ME
8位 MAGICAL MYSTERY TOUR
9位 LET IT BE
9位 BEATLES FOR SALE
11位 WITH THE BEATLES

ABBEY ROADが1位というのは以外でしたが、まあ最後のアルバムということで票が入ったのかもしれません。管理人的にはどれも甲乙付けがたいアルバムばかりということです。もちろんこれはすべて好みの問題。9位が二つありますが、これは同票数だということですが、そしたら次は11位ではなく10位でもよいと思うんですが、本の記載どおりにしておきました。管理人が一番好きなのは2位のRUBBER SOULですかね。とても完成度の高いアルバムで、ビートルズが自分達の音楽を表現するにはライブではダメでスタジオでじっくりと音楽作りをしたいと思い始めた頃のアルバムです。

その中のポールの傑作曲「ミシェル」を聴いてみましょう。

ものすごくヨーロッパ的な香りのする曲で、アメリカ人には作れない曲、と云うよりポールの個性でしか作れない曲と言った方が良いかもしれません。一部フランス語の歌詞も印象的な佳曲です。ポールの弾くベースラインもこの曲の曲想にピッタリマッチング。バックコーラスのハーモニーといい、ジョージの弾く印象的なメロディーラインのギターといい、簡潔ですが無駄な音が一音も無いと思わせる完璧な曲。演奏もギター2台とエレクトリックベースにドラムスとこんな楽器編成でこれだけ完成度の高い曲に仕上げるビートルズというのはやはり只者ではありませんでしたね。

【MICHELLE】The Beatles

イエスタデイ-The Beatles

ビートルズをあまり知らない人でも、この曲のメロディは聴いたことがある人が多いのではないでしょうか。ビートルズの超有名曲です。管理人が子供の頃、なけなしのお小遣いをはたいて買ったシングル盤を、父親の買ったアンサンブル型のステレオ(多分今の若い人はどういうものだかわからないと思いますが)で聴いていたら、当時のビートルズなどうるさいだけの音楽だと思っていた父親が、「その曲良い曲だな」と云ったのが今でも強く記憶に残っています。

この曲はビートルズの全盛時代の曲なので、作者名が(Lennon-McCartney)の共同クレジットになっていますが、ほとんどポールの作と言ってよい曲です。ポールにしか書けない、独特の印象的なメロディに、なんといっても斬新だったのは、ポールのアコースティックギターと弦楽四重奏だけの伴奏という、当時のロック&ポップスでは考えられないバックの編曲。もちろんアイディアはポールが出したのですが、ビートルズの音楽作りの功労者でもある、「ジョージ・マーチン」の編曲だと思います。

ポールは、朝、目が覚めたらこの曲のメロディが頭に鳴り響いていたので、すかさず書き留めたという結構有名なエピソードがありますが、まさしくこれ、ポールの創作者としての天才性を証明するエピソードだと思います。よく、作曲家というとピアノに向かって難しい顔をしながら作曲する光景を思い浮かべる人が多いようですが、本当に天分の才能のある人は自然とメロディが浮かんできます。ロシアの著名な作曲家のチャイコフスキーの伝記を見ると、子供の頃彼が頭の中にメロディが勝手に鳴って「うるさい!」と思ったことがあるというのを読んだことがあります。シューベルトは、友人たちと食事中にメロディが浮かび、紙が無いとナプキンに書いたという話は有名です。モーツァルトなどもこのタイプの典型でしょうね。天賦の才能のある人とはこういうものです。

日本のJ.ポップのソングライターの作る曲など、ちょっと良いなと思う曲には、あきらかにパクリと思える曲がけっこうあります。ポールの作るメロディはオリジナリティのある独特のポールメロディ。すぐにわかります。この辺がビートルズの偉大さなのです。これは、ジョンにしても遅咲きの才能を開花させたジョージにしてもあてはまります。

ビートルズ時代のジョージの曲なども、ジョージ・ハリソンならではの特徴がすでに表れています。一聴すると、ちょっと間延びしたようなメロディ。でも、これが独特のジョージのメロディなんですね。イエスタデイの解説から少し話が横道にそれてしまいましたが、世界で最もカバーされた曲でもあるイエスタデイですが、原曲の良さはこのビートルズ時代の演奏に勝るものはありません。

The Beatles -【Yesterday】