若生りえさんと細野よしひこさんのライブ

10月の月末31日にジャズヴォーカリストの若生りえさんとジャズギターの細野よしひこさんのデュオというちょっと珍しいライブ演奏を聴きにいきました。

ギター1本の伴奏でどんな歌が聴けるのか、楽しみにして行きましたが、これがまったく期待を裏切らない、というか、素晴らしい歌と演奏でした。小さなダイニングバーでの演奏だったので、ちょっと狭かったけど、一番前の席でかぶりつき(笑)で聴くことができました。

りえさんの歌は相変わらずパワフルだけどセンシティブ、今回はポップス系の曲もあってなかなか面白かったですが、やっぱり私の目と耳は細野さんのギターに。細野さん前の記事にも書きましたが、私がジャズスクールに通っていた時、何度かご教授を受けた方です。といっても、私がいたクラスの先生ではなかったので、私がいたクラスの先生が何かの都合でお休みの時に臨時で教えに来られたのだと思います。実際のギターの教授ではなく、音楽理論のほうだったと思います。

細野さんのギター、ピアノやベースが入った時とは違いギター1台でベースやピアノの代わりまでするような素晴らしい演奏でした。もちろん淡々と弾かれていて、しかもものすごく洗練されたリハーモナイズ(注)によって、多分聴かれていた皆さんは、あまりの自然な美しさに聴き流してしまわれたと思いますが、ちょっとだけジャズギターをかじった(ギターは固くてかじれないけど)(笑)冗談を言っている場合ではない(^0^)人なら、この日の細野さんのギターがどのくらい素晴らしかったかわかるはずです。

伴奏のコードを弾きながら、ベース音を入れたり、ローポジションでコードを弾いていたかと思うと、瞬時にハイポジションの緊張感のあるコードを奏したり、その間にアドリブフレーズも混じったりと・・・縦横無尽変幻自在です!細野さんのギター教室に通って、また本格的にジャズギターを習いたいなとも思ってしまいましたが、今はピアノに心を奪われているので、「ギターは聴くだけでいいや」と自分を納得させています。

クラシックは楽譜という書かれた物があるので、読譜能力があれば独習でも結構弾けるようになります。表現の手本は多数の有名な演奏家がいるので、好きな人の表現を取り入れてしまうこともできます。でも、ジャズは教則本などもありますが、独学では無理かなぁ・・・などとも思います。ただ、強烈に耳の良い人でそれを楽器で表現できる技術のある人ならコピーから学ぶこともできますが、こんな人は極稀な人で、こんなことのできる人はプロの演奏家になっています。

細野さんのギターの話ばかりになってしまって恐縮ですが、当日は「B面のりえさん」というりえさんご自身が言われたテーマにふさわしく、日本の曲とかポップス系の曲が多く演奏されました。よく、ジャズの曲と言う人がいますが、純然たるジャズのために書かれた曲ってほとんどありません。ジャズ演奏家やジャズ歌手がよく取り上げる曲というのはありますが、ジャズというのはどんな曲でもジャズになってしまうのです。極端な話が日本の民謡だってジャズになります。曲はあくまでも素材という感じです。もちろんその素材の良し悪しは当然ありますが。

今回演奏された曲の一例を挙げると、来生たかおさん作曲の「マイ・ラグジュアリー・ナイト」日本語の歌ですがなかなか美しいメロディーのバラードです。原曲も良いですが、こういう綺麗なメロディーの曲は、編曲によっては逆に安っぽくなってしまいます。細野さんのジャズのスピリットの効いたアレンジで、ものすごく原曲の良さが引き出されていました。歌も昔「しばたはつみ」という女性歌手が歌っていましたが、りえさんの歌のほうが断然良いです。

もう1曲ウイスキーのCMで使われていた曲。メロディーを聴けばほとんどの人が知っている曲だと思います。単純な5つくらいしかコードのない曲ですが、これもリハーモナイズされてとてもモダンで洗練された曲になっていました。

当日の曲目の中で「Johnny Guitar」という、あの大歌手の「ペギー・リー」の作詞、ヴィクター・ヤング作曲の超有名曲がありました。この曲、普通に演奏するとちょっとメロディがメロウ過ぎる(駄洒落か(笑))きらいがあります。でもこの日の演奏は歌も演奏もメロウ過ぎず素晴らしかったです。間奏の細野さんのアドリブも圧巻でした。この他の曲も感想を述べたい所ですが、あまりにも長くなってしまうし、音楽は100の言葉を並べるより聴いてもらうのが一番だといつも自分で言っているので、このあたりでやめておきます。

もちろんりえさんの歌も、ご自分で訳詩をされて、とても歌詞を大切に歌う方なので、曲の表現力も素晴らしいものがあります。ちょっと余談ですが、りえさんって、とても明るくポジティブな方。曲間のトークもとても面白いです。美人でスタイルも抜群なのに、ちょっと2枚目半ぶりを発揮するところが良いんですね。とても楽しい気分にさせてくれる人です。りえさんのライブ聴いたことのない人はぜひぜひ、聴いてほしいなぁ・・・と思っています。

今日は当日のお二人の写真を掲載させていただきます。楽しい時間をどうもありがとうございました。

DSC_0018sd

※(注)原曲にないコードを挿入したり、和音にテンションノートというベースとなる和音を構成する音以外の音を入れたりすること。こうすることによって、ありきたりの和音がとても緊張感のある響きになったり、モダンな美しい響きになったりします。この辺がジャズの醍醐味でもあります。

またまた素敵な歌手発見!-森川七月

今日はちょっと暇な時間があったので(アンタいつでも暇だろ・・・なんて言わないでくだせえ、結構いろいろとやることがあって忙しいのです。管理人のプライベートな事情を話してもしょうがないですが(笑))YouTubeサーフィンをしていました。YouTubeって、本当に有益なサイトですね。Googleさんは偉い!貴重な音源もかなりあります。・・・して、たどりついたのがこの人。森川七月(なつき)さん。七月ちゃんと呼びたいくらいまだ若いですが、ここは敬意を表して七月さんと呼ぶことにしましょう。

まず彼女の声、顔からはとても想像できないような大人の声(顔はどちらかといえば可愛い系の顔)艶もありハリもある独特の魅力的な声。カレン・カーペンターの声に似ているというコメントもありますが、カレンよりもジャズ向きの声をしていると思います。歌もあまりくずさずに淡々と歌っているところが良いですね。ジャズというとやたらと変に崩して歌う歌手もいますが、フランク・シナトラやペギー・リーの歌を聴いてください。とても自然な歌い方です。

ナチュラルな歌い方だけどジャズの味がちゃんと出せています。中学生の時からライブ活動をしていたということですから、年齢は若いけどベテランといえるかも。ジャズ系の歌手というとどうしてもテレビなどにはほとんど露出しないので、管理人も知りませんでしたが、活動拠点が大阪なので東京圏でももっとライブ活動をしてほしいと思います。

彼女のオフィシャルWebSiteリンクしておきます。

森川七月オフィシャルウェブサイト

ジャズ系の歌手はまだまだ聴く人が少ないのでテレビなどに出ることは少ないですが、もっとたくさんの人に聴いてほしいと思います。彼女の素晴らしい歌、聴いてみましょう。当サイトでも何回も紹介しているジョージ・シアリングの名曲、「バードランドの子守唄」です。

Lullaby of Birdland -Natsuki Morikawa

ビートルズの歌うカヴァー曲

ブラームスからいきなりビートルズに飛んでしまうのが当サイトの管理人の支離滅裂なところです。でも、こういうサイトも在って良いと思います。

ビートルズといえば、そのひとつの核にオリジナリティということがあります。彼らはとにかく自分達の曲は自分達で作る・・・それがビートルズの真髄でもあります。その曲作りの才能がビートルズをあれだけ有名にした理由でもあるのですが、その創作の才能が他の人が作った曲をカヴァーした場合に、普通のカヴァー曲には見られないビートルズのオリジナル曲に変身させてしまうという、アレンジの天才ということもいえるかもしれません。

初期のビートルズは他人の作った曲を結構カヴァーしています。
ビートルズの2枚目のアルバムに「With The Beatles」というアルバムがあります。モノクロのジャケットで、サイドからのライティングで顔の陰影がついたとても洒落た印象的なデザインのレコードジャケットです。

このアルバムに収録されている全14曲のうち、カヴァー曲が6曲も入っています。そのどれもがオリジナルの片鱗もありません。すべてのオリジナル曲を聴いたことがあるわけではありませんが、完全にビートルズの音楽になっています。

特に7曲目のPlease Mr. Postmanなどビートルズのオリジナル曲と思っている人も結構いるのではないでしょうか。後に「カーペンターズ」もこの曲をカヴァーしていますが、ビートルズのオリジナル作品をカーペンターズがカヴァーしているのか?と錯覚を起こさせるくらい、ビートルズの編曲とサウンドは完全に自分達の曲にしています。

カヴァー曲というのは料理人にたとえれば、食材。どんな食材(曲)を選んで、これをいかに上手く料理するかは料理人の腕にかかってくるわけです。では、その素晴らしいアレンジとコーラス、サウンドを聴いてください。今聴いても全然古くささを感じませんね。

【Please Mr. Postman 】

こちらはミュージカルの中の曲。ペギー・リーの歌うこの曲を聴いてポールが歌いたくなったという曲。原曲もとても良い曲なんですが、ポールの歌とこの編曲は、原曲の良さをもっと引き出していると思います。テンポを少し早めにして甘くなり過ぎないようにしてラテンテイスト溢れる編曲。ポールの歌手としての力量も存分に発揮された1曲です。ジョージの弾くアコースティックギターも素晴らしい。

【Till There Was You】

フランク・シナトラ

フランク・シナトラ、この偉大な歌手については一般の人の認識では
大歌手であることは知っていても、ジャズヴォーカルというジャンルでも
革新的な歌い手であったということは、あまり知られていないかもしれません。

アメリカのスタンダード曲を歌わせたら、驚嘆すべき卓越した発声法と
歌の情感、歌詞の解釈などナット・キング・コールやカーメン・マクレエ
エラ・フィッツジェラルド、ペギー・リーなどアメリカを代表する歌手で
シナトラの歌唱法や歌の解釈に影響を受けなかった人はいないといえます。

ちょっとジャンル違いのレイ・チャールズもシナトラのことは
絶賛していますし、マイルス・デイビスやレスター・ヤングもスタンダード
ナンバーを演奏する時、シナトラの解釈を参考にしたと言われています。

マイ・ウェイのシナトラも確かに良いです。でも彼の真骨頂はキャピトル時代に
吹き込んだ本格的なジャズアルバムにあるといえるでしょう。
1950年代に名アレンジャー、ネルソン・リドルと組んだビッグ・バンド
をバックにしたアルバムがおすすめです。

ちょっと録音は古いですが、シナトラのジャズ歌手としての
面目躍如たる歌が聴けます。

【Frank Sinatra You Make Me Feel So Young】