ヴァン・クライバーン氏の死去

先日、2013年2月27日アメリカのピアニスト「ヴァン・クライバーン」氏が亡くなられましたね。享年78歳ということですが、クライバーンと言えば、なんといっても旧ソ連で開催された、チャイコフスキーコンクールの初回で圧倒的な評価を受け優勝をしたピアニストということで有名ですが、管理人も最初に購入したクラシックのレコード(当時はレコードでした。管理人の歳がわかりますね(笑))がこのクライバーンのチャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番でした。

このアルバム、B面はこれまた有名なラフマニノフのピアノ協奏曲第2番、なんかすごく得した気分になったアルバムでした。確かにこの二つの有名なピアノ協奏曲でのクライバーンの演奏は力強く華やかで、このスケールの大きな二つの名曲とぴったりの演奏でした。ただ、クライバーンの弾くピアノは軽やかさや明るさも感じます。この辺がロシアの作曲家の作品でありながらあまり重くならずに良いのかもしれません。

今日はそのクライバーンの管理人が買ったレコードと同じ演奏の「チャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番」とクライバーンの若かりし頃のライヴを聴いてみましょう。ライブのほうの曲は「ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番」です。

Tchaikovsky Piano Concert No.1 -Van Cliburn

Rachmaninoff Piano Concerto No.2 – Van Cliburn


この曲ひさびさに聴きましたが、とてもすばらしい曲ですね。随所に甘く情緒的なメロディが出てきますが、安っぽくならないところがさすがですね。

謹んでご冥福をお祈りします。