アコースティックピアノと電子ピアノ

ピアノといえば、普通にアコースティックピアノ(昔からあるピアノのことです)を思い浮かべると思いますが、最近では日本の住宅事情からこの普通のピアノではご近所迷惑となり、普通のピアノを置けない家もかなり多くあると思います。どんなに上手いピアノ演奏でも、音楽そのものが好きではない人や、聴きたくない時に聴こえてくる音楽というのは人によっては非常に不快に感じることもあるようです。そこで最近かなり普及してきたのが電子ピアノです。電子ピアノというと20年くらい前は価格の割には音もひどく、タッチなども普通のピアノには到底比べられないひどいものが多かったですが、最近の電子ピアノはかなりその辺も改良されています。

電子ピアノの利点はなんと言っても、音量調節が可能で、夜中でもヘッドフォンを使えば練習ができるという利点があります。ただ、マンションなどではピアノの音そのものよりも、鍵盤を打鍵するゴトゴト、ゴンゴンという音が階下の部屋に聞こえて苦情がくるということもありますが、防振マットなどもあるので普通のピアノとは比べられないくらい練習するには便利な楽器と言えるかもしれません。なんといっても調律が不要というのは良いと思います。本物のピアノでもきちんと調律されていないものはちょっと気持ち悪い音がしますからね。

音も、10万円前後の普及価格の電子ピアノでもかなり良くなりました。管理人も田舎の家と自宅に2台電子ピアノを置いていますが、田舎のピアノはカシオの製品。こちらは音も若干不揃い、タッチもペコペコで練習用としてみれば充分使えますが、あまり良いものではありません。自宅のはヤマハの製品ですが、こちらは音にムラもなく、タッチもグランドピアノ並みの重さのタッチです。これから電子ピアノの購入を考えている人は、やはり長年のアコースティックピアノの音色のサンプリングを持っている、ヤマハやカワイの製品をお薦めします。音作りが違うような気がします。電子ピアノの最大の欠点はやはり音の伸びが本物のピアノほどにはないことと、響きの豊かさと言う点ではどうしても負けてしまいます。ペダルを踏んだ時の本物のピアノは倍音列の他の弦も共鳴してすごく豊かな響きになります。まあ、反面これは音の濁りも生んでしまうので、演奏の難しさもありますが、上手く弾ければ素晴らしい音で音楽を表現してくれます。

管理人は以前実家に置いていたアコースティックピアノでピアノ・トリオをやっていましたが、その時の録音随分YouTubeにアップしています。以前アップした「黒いオルフェ」という曲のTake2が見つかったのでアップしてしまいました。Take1と比べると演奏は落ちますが、ゆっくり音数の少ない音でも豊かに音が伸びて、やはり電子ピアノでは表現できない味がありますね。後から気が付きましたが、こちらの演奏の方がアコースティックピアノの良さが出ている気がします。弟のドラムは私のピアノと全然合ってないですが、ピアノ演奏そのものはそう悪くないかな・・・と(笑)

【You Are Too Beautiful】

【黒いオルフェ】