ショパン 24の前奏曲 op.28

ショパンの24の前奏曲といえば、シューマンなどは小品の寄せ集めのような評価をしていたようですが、管理人的にはこの曲はショパンの作品の中でも際立ってリリカルな作品だと思っています。

平均律の全ての長調と短調の曲が24曲あり、バッハに傾倒していたショパンにとっては念願の作品でもあったようです。最初にこの曲を全編聴いたのは「クリストフ・エッシェンバッハ」のピアノによるものでしたが、素晴らしさに胸を打たれました。ほとんどが短い作品ですが、可憐な小品から重厚な音作りをしたものまで色々あります。特に最初に印象的だったのがop.28-4 ホ短調の前奏曲。ピアノを弾き始めた管理人が、この曲なら弾けそうと思って実際にピアノで音を出してみてビックリ!・・・こんな短い曲なのになんて素晴らしい曲なんだ・・・と思いました。技術的には難しくないので、すぐに弾けるようになりましたが、微妙に移り変わる左手の内声部、トップのメロディラインもクライマックスの部分を除いては音の跳躍のない静的な音ですが、陰影に富んだ素晴らしいものです。

この曲、以前このサイトで紹介したジェリー・マリガンというジャズのバリトン・サックス奏者の傑作アルバム「Night Lights」を紹介した時にも少し取り上げましたが、ショパンの曲に関しては、ピアノで演奏しないと曲の良さが損なわれてしまいます。ショパンという人は、ピアノという楽器が持つ特性や響きを知悉していた稀有な作曲家で、ピアノという楽器がどう音を並べると良い響きになるのかということを感覚的に身に付けていた作曲家だと思っています。だからショパンのピアノ曲は他の作曲家のピアノ作品よりもペダルの使い方も難しいのではないかと思います。

余談ですが、ジャズピアニストでピアノの響きというものに研ぎ澄まされた感覚を持っていたのがビル・エヴァンスだと思っています。クラシックファンの人もまだ聴いたことがなければ、ビルのピアノは聴いて欲しいと思います。ジャズはちょっと・・・と言う人はソロピアノのアルバムから聴いたほうが良いかもしれませんね。クラシックの音楽家の中にもビル・エヴァンスの愛好家は沢山いて、かのグレン・グールド氏もビルのアルバムを所有していたようです。

話が横道にそれてしまいましたが、この作品28の前奏曲、ショパンの作品の中では、絵に例えると練習曲集やバラードなどは油絵の具を何層も重ねた重厚な油絵という感じですが、24の前奏曲は透明水彩で描きながら、細部まで緻密な描き方をした作品というイメージです。ショパンの作品は駄作というものは少ないですが、この前奏曲集はおすすめの作品のひとつです。管理人が最初に感銘を受けた4番の前奏曲聴いてください。またまた下手くそですが自分で演奏した動画に貼り替えました。絵はかの有名なドラクロワが描いたショパン像です。ショパンという人物の内面まで表現されているような素晴らしい絵ですね。

Frédéric Chopin – Prelude in E-Minor (op.28 no.4)