イエスタデイ-The Beatles

ビートルズをあまり知らない人でも、この曲のメロディは聴いたことがある人が多いのではないでしょうか。ビートルズの超有名曲です。管理人が子供の頃、なけなしのお小遣いをはたいて買ったシングル盤を、父親の買ったアンサンブル型のステレオ(多分今の若い人はどういうものだかわからないと思いますが)で聴いていたら、当時のビートルズなどうるさいだけの音楽だと思っていた父親が、「その曲良い曲だな」と云ったのが今でも強く記憶に残っています。

この曲はビートルズの全盛時代の曲なので、作者名が(Lennon-McCartney)の共同クレジットになっていますが、ほとんどポールの作と言ってよい曲です。ポールにしか書けない、独特の印象的なメロディに、なんといっても斬新だったのは、ポールのアコースティックギターと弦楽四重奏だけの伴奏という、当時のロック&ポップスでは考えられないバックの編曲。もちろんアイディアはポールが出したのですが、ビートルズの音楽作りの功労者でもある、「ジョージ・マーチン」の編曲だと思います。

ポールは、朝、目が覚めたらこの曲のメロディが頭に鳴り響いていたので、すかさず書き留めたという結構有名なエピソードがありますが、まさしくこれ、ポールの創作者としての天才性を証明するエピソードだと思います。よく、作曲家というとピアノに向かって難しい顔をしながら作曲する光景を思い浮かべる人が多いようですが、本当に天分の才能のある人は自然とメロディが浮かんできます。ロシアの著名な作曲家のチャイコフスキーの伝記を見ると、子供の頃彼が頭の中にメロディが勝手に鳴って「うるさい!」と思ったことがあるというのを読んだことがあります。シューベルトは、友人たちと食事中にメロディが浮かび、紙が無いとナプキンに書いたという話は有名です。モーツァルトなどもこのタイプの典型でしょうね。天賦の才能のある人とはこういうものです。

日本のJ.ポップのソングライターの作る曲など、ちょっと良いなと思う曲には、あきらかにパクリと思える曲がけっこうあります。ポールの作るメロディはオリジナリティのある独特のポールメロディ。すぐにわかります。この辺がビートルズの偉大さなのです。これは、ジョンにしても遅咲きの才能を開花させたジョージにしてもあてはまります。

ビートルズ時代のジョージの曲なども、ジョージ・ハリソンならではの特徴がすでに表れています。一聴すると、ちょっと間延びしたようなメロディ。でも、これが独特のジョージのメロディなんですね。イエスタデイの解説から少し話が横道にそれてしまいましたが、世界で最もカバーされた曲でもあるイエスタデイですが、原曲の良さはこのビートルズ時代の演奏に勝るものはありません。

The Beatles -【Yesterday】